名店リスト|

名店の個室を紹介!プライベート空間で美食を楽しむ日本料理店特集 銀座編

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

大切な人との美食のひとときをゆっくりと楽しめる、個室があるレストラン。
名店の個室はプライベートスペースが確保された素敵な空間ばかりです。今回は、「KIWAMINO」でこれまで取材してきた東京・銀座にある日本料理の名店から、個室があるレストランをご紹介いたします。東京都内にある和食名店の個室をご紹介いたします。

1.六雁 (銀座駅 B5出口から徒歩1分)

銀座・並木通り沿いに建つビル内に店を構える「六雁」。総料理長・秋山能久氏が手掛ける、時代に合わせて進化を遂げたスタイリッシュな“新・和食”は、多くの美食家を魅了しています。コース以外に追加でアラカルト料理をお願いできるのも嬉しいポイント。

「六雁」には、カウンター席のほか2つの個室が用意されています。いずれも壁と扉のある完全個室タイプ。ひとつは、1階からエレベーターで直通の「特別室」で、5人から8人まで利用可能です。2人の料理人が部屋で調理をしてくれる、オープンキッチンスタイルとなっています。もうひとつは5人から6人で利用できる、吹き抜けで開放感ある席のみの個室。大切な人たちと、味だけでなく見た目の美しさにもこだわった一品を共有するのに、ぴったりな空間です。

◆取材記事はコチラ

日本料理

六雁

東京メトロ銀座・丸の内・日比谷線 銀座駅 B5出口から徒歩1分

15,000円〜19,999円

2.銀座しもじ(新橋駅 徒歩5分)

老舗料亭「河庄双園」で料理長だった下地智氏が店主を務める「銀座 しもじ」。旬の食材を全国から取り寄せ、料亭で培われた技術で織りなされる“純日本”の会席料理がいただけます。

「銀座しもじ」はカウンター席のほか、2タイプの個室が用意されています。玄関を入ってすぐ左手にある4人から8人向け個室は、他のお客様と顔を合わせることが少ない完全個室。もうひとつは、2部屋が並ぶ2人から4人向け個室。天井まで続く厚いパーティションで区切られ、入り口は襖で仕切られています。2部屋を合わせて1つの個室としても利用可能。顔合わせなどで、使用するにもおすすめです。

◆取材記事はコチラ

懐石・会席料理

銀座 しもじ

東京メトロ銀座線 新橋駅 徒歩5分

15,000円〜19,999円

3.銀座 小十(銀座駅 徒歩1分)

暖簾をくぐった先に、店名の由来にもなっている古唐津の名陶工・西岡小十氏の趣深い器が並ぶ「銀座 小十」。天然の大うなぎや小鮎、鮑など、これまでに出会ったことのない一皿に出会える名店です。店主・奥田透氏自ら全国から選りすぐりの食材を集め、吟味を重ねた一級品のみが使用されています。

「銀座 小十」の座席は、カウンターと3つの完全個室。4人で利用できるテーブル席が2部屋、もうひとつは掘りごたつ式の6人部屋となっています。テーブル席の個室は、土壁で仕上げているなど、両個室共に和の趣を感じる空間。上質な設えと料理、器が揃う、「銀座 小十」でしか体感できない世界観に、プライベートな空間で触れてみては。

◆取材記事はコチラ

懐石・会席料理

銀座 小十

東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線 銀座駅 徒歩1分

30,000円〜39,999円

4.日本料理 龍吟(日比谷駅 駅直結)

銀座駅や日比谷駅からのアクセスが良い「東京ミッドタウン日比谷」。その7階のワンフロアすべてが店舗となっている「日本料理 龍吟」。エレベーターを降りた瞬間から日本美術の流派の一つ「琳派」をテーマにしたこだわりの設えが広がります。

「日本料理 龍吟」の個室は2つ。6人から8人まで利用可能となっています。天井が高く、和色のひとつに数えられる「深碧」のような、深い緑色が美しい土壁が印象的な空間です。
“日本料理とは、日本の自然の豊かさを表現したものである”というオーナーシェフ山本征治氏の強い思いが投影されたコース料理には、日本全国から厳選された食材が使われています。夏なら鮎、秋なら松茸や秋刀魚というように、日本の四季の移ろいを五感で味わいましょう。

◆取材記事はコチラ

懐石・会席料理

日本料理 龍吟

東京メトロ千代田・都営地下鉄三田線 日比谷駅 駅直結

40,000円〜49,999円

5.銀座吉兆(銀座一丁目駅 徒歩1分)

昭和5年に大阪で湯木貞一氏が創業した、日本を代表する高級料亭「吉兆」の思いを受け継ぐ「銀座吉兆」。国内の名店で修業を重ねた料理長による、食材本来の味わいを楽しめる料理の数々が提供されます。

「銀座吉兆」にあるのは、4つの完全個室。ひとつは掘りごたつがある2人から3人用の「和室」。床の間もあるこぢんまりとした純和風の設えで、大事な方との貴重なひとときにおすすめです。他にも、2人から6人用の個室「翁」や「黄金」、12人まで利用できる「宝」など、様々な個室を用意。ビジネスやプライベートなど様々なシーンで利用可能な一軒です。

◆取材記事はコチラ

懐石・会席料理

銀座吉兆

東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩1分

20,000円〜29,999円

6.つきじ治作(築地駅 3・4番出口から 徒歩8分)

築地駅や有楽町駅から徒歩約10分の地に、約100坪の贅沢な空間を有する「つきじ治作」。三菱財閥創始者・岩崎弥太郎の別邸を舞台に、昭和6年に創業した都内最大級の料亭です。看板料理は、いわずと知れた「水炊き」。創業者である本多次作氏が、生まれ育った福岡県・博多の味をもとに創作したと言われています。お客様にいつでも変わらぬ美味しさを届けようと、代々「水炊き」を作るのはたった一人の水炊き番のみにしているそう。

「つきじ治作」には大小の完全個室が合わせて19室あり、その全てが中庭を臨むように配置。錦鯉が泳ぐ池や四季折々に変わる表情を愛でながら、ゆったりと食事がいただけます。夜には庭園と池がライトアップされ、都心にいるとは思えない情緒豊かなひとときを過ごせます。

◆取材記事はコチラ

会席料理

つきじ治作

東京メトロ日比谷線 築地駅 3・4番出口から 徒歩8分

15,000円〜19,999円

7.小熊(銀座駅 B5出口より徒歩1分)

銀座・並木通り沿いのビルの3階に位置する「小熊」。温かみのある赤のアクセントが特徴的な入り口や、繭をイメージした白い天井の店内がゲストを迎え入れてくれます。料理長・小岩浩高氏が振るう旬の素材を用いた多彩な料理から、専任のソムリエや唎酒師が提案するマリアージュまで、感動を与えてくれる名店です。

「小熊」に備わるのは、完全個室が2つ。ひとつは、2人から4人までが利用できる、お店の入り口と同様に赤を基調とした土壁が印象的な部屋。もうひとつは、6人まで利用できる白を基調とした部屋となっています。「小熊」では、モダンでスタイリッシュなカウンター席が人気ですが、より気兼ねせず食事を楽しみたい方には、個室がおすすめです。

◆取材記事はコチラ

懐石・会席料理

小熊

東京メトロ線 銀座駅 B5出口より徒歩1分

30,000円〜39,999円

プライベート空間で贅沢なひとときを過ごせる、個室があるレストラン。
ご家族やパートナーとの記念日など、ゆったりと食事を楽しみたい時に訪れてみてはいかがでしょうか。

吉田ふとし

人材業界系メディアの編集・制作を経て、現職。小学生の娘をもつ1児の父。アルコール(日本酒、焼酎、ウィスキー)を好むのは祖母譲り。読者のみなさまには、気づきのある多くの情報をお届けいたします。よろしくお願いいたします。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:ジランドール
・好きなお店:広東料理 センス
・自分の会食で使うなら:「赤坂浅田」
・得意ジャンル:和食 / バー
・好きな食材: ジビエ、白子

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする