名店リスト|

名店の個室を紹介!プライベート空間で美食を楽しむ、銀座&東京駅周辺のフレンチレストラン特集

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

大切な人との美食のひとときをゆっくりと楽しめる、個室があるレストラン。
名店の個室はプライベートスペースが確保された素敵な空間ばかりです。今回は「KIWAMINO」でこれまで取材してきた、銀座&東京駅周辺エリアにあるフレンチレストランから、個室があるお店をご紹介いたします。

1.Restaurant L’AFFINAGE(東京都/銀座)

銀座5丁目・あづま通りに位置する「Restaurant L’AFFINAGE」(レストラン ラフィナージュ)。2018年10月のオープンから瞬く間に人気店となったのは「銀座 レカン」をはじめ、数々の名店を率いてきたオーナーシェフ高良康之氏のこだわりが随所に詰まっているからに他なりません。

店内は、淡いグレーを基調とした洗練された空間。オープンキッチンのカウンター席とゆったりとしたテーブル席があるメインダイニングの手前に、4名まで利用可能な個室が1室用意されています。季節の旬の味わいを楽しめるよう、上質な素材は産地直送で取り寄せているそう。卓越した技術と時間を惜しまず、火入れからソースの調合まで徹底してこだわることで、正統かつオリジナリティの高いフレンチを提供しています。

取材記事はこちら

フランス料理

Restaurant L’AFFINAGE

東京メトロ銀座・丸の内・日比谷線 銀座駅 A5出口から徒歩約1分

20,000円〜29,999円

2.銀座 レカン(東京都/銀座)

銀座エリアを代表する建物のひとつ「ミキモトビル」の地下に店を構える「銀座 レカン」。1974年の創業以来、多くのエグゼクティブに愛されてきた老舗グランメゾンです。白を基調とした店内は、シンプルでクラシックな雰囲気。接待をはじめ、大切な方へのおもてなしにもぴったりのプライベート性の高い個室は、最大14名まで利用可能です。

腕を振るうのは、2020年7月に8代目料理長に就任した栗田雄平氏。フランス料理のトラディショナルな部分を大事にしながらも、食材の持つ“自然な美しさ”と“美味しさ”を兼ね備えた一皿に仕上げます。ワインの提案力の高さも特徴のひとつ。ボトルはもちろん、ペアリングコースも充実しているため、用途によって利用シーンに最適な選択が可能です。

取材記事はこちら

フランス料理

銀座 レカン

東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 A9出口徒歩1分

20,000円〜29,999円

3.アルジェント(東京都/有楽町)

銀座マロニエ通りと並木通りが交差する一等地に佇む商業ビル「ZOE銀座」の8階と9階に店を構える「アルジェント」。ひらまつグループが運営するフランス料理店です。最上階の9階にあるメインダイニングは、大きく取られた窓から明るい陽光が降り注ぎ、銀座の街並みを一望します。

4つの完全個室は、レセプションと同じ8階に。少人数での会食・接待に便利な最大定員4名の個室が1室に、最大定員8名の個室が2室、最も広い個室は20名まで利用可能です。全室に大きな窓があり、明るく開放的な雰囲気の中で食事を楽しめること請け合い。シェフが日本全国から厳選した食材を用いたフランス料理を、ひらまつグループの洗練されたサービスと共に堪能しましょう。

取材記事はこちら

イノベーティブフレンチ

アルジェント

JR山手線/京浜東北線 有楽町駅 中央口より徒歩5分

15,000円〜19,999円

4.エステール/パレスホテル東京(東京都/大手町)

フランス料理界の巨匠アラン・デュカス氏が設立した「デュカス・パリ」をパートナーに迎え、2019年11月に「パレスホテル東京」内にオープンした「エステール」。「ミシュランガイド東京 2021」に一つ星レストランとして掲載されたことでも注目を集めているフレンチファインダイニングです。アラン・デュカス氏から厚い信頼を寄せられている若きシェフ、マルタン・ピタルク・パロマー氏が腕を振るいます。

メインダイニングからは、日中は和田倉濠の景色を、夜には丸の内・日比谷エリアの夜景を一望。個室は全部で3室あり、最も広い最大定員10名の個室にも、大きな窓が設けられています。最大定員6名の個室には窓はありませんが、和紙の壁紙をあしらった柔和な空間と優しい照明が、和やかな雰囲気を演出してくれます。

取材記事はこちら

フランス料理

エステール/パレスホテル東京

都営地下鉄三田線 大手町駅 徒歩3分

5.ロオジエ/L’Osier(東京都/銀座)

銀座・並木通りに面する「ロオジエ/L’Osier」は、美を追求する「資生堂」が経営を手掛ける、1973年創業の老舗フランス料理店。2013年にエグゼクティブシェフに就任したオリヴィエ・シェニョン氏が「ロオジエ」の伝統とフランス料理の本質を守りながら、斬新な表現力で現在の「ロオジエ」の味を創造しています。

重厚感漂う扉の先に広がるのは、数々のラグジュアリーホテル・レストランを手掛けてきた、ピエール=イヴ・ロション氏による優雅な空間。1階のレセプションから地下のメインダイニングまでが吹き抜けになっており、明るく開放的な雰囲気となっています。最大定員10名まで利用可能な個室は、扉を閉めると完全防音となる完全個室。専用駐車場から直接繋がっているので、プライベートを重んじたい会食に最適です。

取材記事はこちら

【公式ホームページ】L’Osier|ロオジエ
https://losier.shiseido.co.jp/

6.アサヒナガストロノーム(東京都/茅場町)

日本のフィナンシャルの中心でもある東京・茅場町に位置する「アサヒナガストロノーム」。開店一年で「ミシュランガイド東京 2020」の一つ星に掲載され「ミシュランガイド東京 2021」にも連続で掲載されることとなった、話題の尽きない注目のガストロノミーです。

店のコンセプトである“not too modern-not too classic”を体現した店内は、高い天井とゆったりとした席の配置で、周りのお客様に気兼ねなく会話や食事を楽しめる、温かさに溢れた空間。朝比奈悟氏の繰り出す美しい料理の数々と共に、優雅な美食のひとときを過ごせます。完全個室は最大定員8名。窓はありませんが、柔らかな色合いと洗練された設えが、リラックスした雰囲気を演出しています。

取材記事はこちら

フランス料理

アサヒナガストロノーム

東京メトロ東西線・東京メトロ日比谷線 茅場町駅 徒歩4分

20,000円〜29,999円

プライベート空間で贅沢なひとときを過ごせる、個室があるレストラン。
ご家族やパートナーとの記念日など、ゆったりと食事を楽しみたい時に訪れてみてはいかがでしょうか。

Mika Tsuboi

一休.comの宿泊営業アシスタントから編集部へ。ワインと一緒に、美味しいものを少しずついただくのが最高の幸せ。こぢんまりとしたフレンチやネオビストロがお気に入り。
最近は日本ワインにも興味を持ち、旅先で出会った好みのワインを自宅で愉しむのが日課。パンやスイーツなどにも目がなく、週末にはカフェやパン屋巡りをし日頃の情報収集も欠かさない。
・最近行ったお店:Restaurant Fermier/六雁/Varmen
・好きなお店:広尾 ぺりかん/RESTAURANT MAMA./LATURE
・得意ジャンル:ビストロ
・好きな食材:ジビエ/蛤/伊勢海老/キノコ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする