Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中 Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中

ジビエ料理を楽しめる東京のフレンチレストラン2選

冬の寒い季節に本番を迎えるジビエ料理。
鳥獣を仕留める技術や処理の仕方によって味は大きく変わり、個体ごとの特性は一期一会ですから毎年のお楽しみでもあります。
今回はジビエ料理の評判が高い東京都内のレストランを2軒、ご紹介いたします。

1.厳選食材をリーズナブルに味わえる、フレンチ好きの強い味方

レストランユニック(東京都/目黒駅)

フレンチ好きから多くの支持を集める「レストランユニック」。
ひとつひとつの食材に対して、どうやったら一番美味しく食べていただけるかを、飽きる事なく考え続ける中井雅明シェフ のお料理は洗練の極みを感じます。

どれも食材の美味しさを感じるのですが「塩気がきつい」や「脂が強すぎる」といった印象を受けません。
濃厚なサルミソースと一緒にいただく真鴨や月の輪熊は、食べる手が止まらなくなります。
噛み締めるたびにソースと肉に閉じ込められた旨味が混ざり合い、食べ慣れた仕立てのメニューでも、その美味しさにあらためて深い満足感を得られます。
調理風景が見られるカウンター席は3席のみ になっていますが、ここでワインを飲みながら次のお料理を待つひとときは至福です。

フランス料理

レストランユニック

JR線 目黒駅 徒歩12分

8,000円〜9,999円

2.豊かな山の幸を表参道で味わう極上のご褒美フレンチ

LATURE(東京都/表参道駅)

美味しいジビエ料理を提供したいという思いから狩猟免許を取得した室田拓人シェフは、
多くの人にジビエ料理を楽しく味わわせてくれる名人です。
お客様それぞれの経験値によって、どのジビエをどのような調理法で提供するかを綿密に計算するのは難しい事ですが、それが「LATURE」 の真骨頂と言えるかもしれません。

鹿と熊を組み合わせるなど、一皿に複数種のジビエを盛り合わせるの も魅力的。それぞれの肉が、魅力を主張しながらも見事に調和が取れています。
鉄板のサルミソースはもちろん 、カカオを使ったソースも肉そのものの美味しさの輪郭をより際立たせる相乗効果があり、食材のポテンシャルをしっかりと引き出しています。
インテリアやお料理の仕立てにも、その時々の食材と出会えた大切さを感じられるような
プレゼンテーションがあり、自分が充実した時間を過ごしている事を実感 。
調理風景がよく見えるカウンター席のご用意もありますが、タイミングを見て室田シェフが客席全体に足を運んでくれる心遣いには自然に笑みが出てしまいます。

フランス料理

LATURE

東京メトロ千代田線・銀座線・半蔵門線 表参道駅 B1出口より徒歩6分

今回ご紹介した2軒ともに、お魚や付け合わせのパンなど、至るところまで美味しく、その魅力はジビエ料理だけにとどまりません。
どのお店にも共通しているのは、季節の豊かな食材の美味しさを、多くのお客様に知ってもらいたいという強い思いを持たれているという事。皆様もぜひ、冬からの贈り物を味わいに足をお運びください。

※こちらの記事は2023年11月28日更新時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

橋本 恭一

美味しいお酒とお料理を求め続ける 都内屈指の胃袋&肝臓フル回転系ライター。 和洋中ジャンル問わず、王道の古典料理から イノベーティブ系のお料理にどんなお酒が合うかを ひたすらに追い求めており、食前食後などのバーの 楽しみ方も皆様にお伝えしてまいります。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:ナスキロ/サエキ飯店/赤坂 らいもん/鮨 みうら
・好きなお店:レストラン キエチュード/ラ クレリエール/私厨房 勇/トラットリア ダディーニ
・自分の会食で使うなら:くろ﨑/Les Chanterelles/日本料理 晴山/の弥七
・得意ジャンル:フレンチ/イタリアン/バー
・好きな食材:サルミソース/真鱈の白子/生トリ貝

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする