極みの店|

「蓮」を取材。銀座でここぞという接待に使いたい、日本料理の名店

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

「蓮」は、銀座コリドー通りから、道を一本入ったところにある和食割烹のお店。有名ガイドブックで12年連続3つ星を獲得した「神楽坂 石かわ」で修業を積んだ店主・三科惇氏が振る舞う、極上の素材と素直な仕上げにこだわった、旬を活かした和食が特徴です。
こちらのお店では、上質な設えが自慢の「完全個室」を2つご用意。プライベートからビジネスまで、シーンを問わず使えるとあって、多くのエグゼクティブから支持を集めてきました。今回はその個室にフォーカスして、「蓮」の魅力をお届けします。

地下1階にいざなう門灯

ニューギンザビルの数寄屋橋側の角に位置する「蓮」。引き戸を開けると、明るく光る門灯が、地下1階にある店内への玄関口となっていました。

店内に続く階段の横には、外からの光りが入る窓と金魚が泳ぐ水槽があります。揺れる水面と魚影が、爽やかな印象を与えてくれます。

階段を下りた先、右手には7つのカウンター席が収まるお部屋がありました。そして、落ち着いた雰囲気の廊下の先には2つの個室をご用意。
カウンター席の戸は常に閉まっているため、他のお客様と視線が合う心配もありません。

廊下の奥に設えた対応人数の異なる2つの個室

廊下奥の2つの個室は、カウンター席から距離があるため、ゆったりと寛いでお食事ができます。

隣り合わせの2つの個室は、最大利用人数が異なります。正面向かって右側の個室が6人まで、左側の個室が4人までとなっています。隣り合わせですが、隣室の話し声は気になりません。
なお、お手洗いは廊下の中央に2つあり、カウンター席のお客様と共通となっています。

職人による大きな土壁が特徴の「6人対応の個室」

障子張りが特徴的な照明と、天井近くの間接照明が個室全体を明るく照らします。屋久杉の一枚板のテーブルや椅子と相まって、温かい雰囲気の空間となっていました。3人から最大6人まで利用可能となっています。

入り口から見て、右側の壁は和を感じられる土壁となっています。この土壁は左官の横山和弘氏によるもの。

お盆から箸まで、すべてお店の特注品となっています。テーブルや椅子と同様、木目が美しく、手に馴染むデザインとなっていました。また、壁の中にはスピーカーが埋め込まれ、常に心地よい水の音のBGMが聞こえるなど、空間に対するお店の強いこだわりを感じさせる設えとなっています。

ゆったりとした空間が特徴の「4人対応の個室」

「4人対応の個室」は入り口から見て、正面が土壁になっていました。内装は、基本的に6人対応の個室と大きく変わりませんが、飾り棚から違った印象を受けます。

テーブルは6人対応の個室と同様のものを用いているため、お客様同士の距離感にゆとりがあります。窮屈でないからこそ落ち着いた雰囲気で歓談し、お酒を嗜みながら、寛ぎのひと時を過ごせます。

椅子と壁の間にも、十分なスペースが確保されていました。入り口に対して、テーブルの向きが平行になっているため、個室の奥に座っている方がお手洗いで席を立っても、スムーズに移動できます。

奇をてらわないが、他にはない料理

季節の旬にあった極上の食材選びから、食材本来の味を引き出す火入れ、素直な仕上げまで、素材の良さを活かすことを徹底的に追求した料理をご提供。選び抜かれた野菜と魚介類を中心に、蓮ならではの四季折々の味わいを愉しむことができます。

取材中、お料理について説明してくださった店主の三科惇氏。
「夏であれば鱧やアワビ、これからの季節は松茸など、その時期に合った旬の食材を選んでいます。また、同じ食材を扱う場合でも、昨年とは調理法を変えるなどして、常に新鮮な味わいを探求するよう心がけています」ということで、旬の食材本来の美味しさを楽しめるよう工夫を凝らしています。

お酒の種類が豊富な点も、「蓮」の特徴。日本酒からワインまで、常時約50種類のお酒をご用意。ビールに関しては、「エビス」の瓶ビールを常時用意していますが、他の銘柄の瓶ビールも随時対応可能とのこと。ご希望の方は、予約時にご相談が必要です。なお、持ち込みにも対応しており、ボトル1本5,000円(税別)で承るとのこと。

素材にこだわった日本料理から、耳に心地よいBGMが流れる空間まで、いたるところに店主のこだわりが感じられるお店です。ビジネスからプライベートまで、様々なシーンで「蓮」を利用してみてはいかがでしょうか。

KIWAMINOで、「神楽坂 石かわ」グループの記事をもっと読む

「神楽坂 石かわ」石川秀樹氏に聞く「思いやりで魅せる、新時代のおもてなし」

「神楽坂石かわ」特集。海外からの評価も高い、神楽坂屈指の日本料理店

「RESTAURANT NANPEIDAI」を取材。渋谷区・南平台町に佇む夜景とアートを楽しむ邸宅レストラン

【公式ホームページ】「蓮」

https://ginza-ren.jp/

アクセス
住所 東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル 1F・B1F

Yuto Yamakawa

大好きなカメラを通じて、何かを伝えたいという強い想いから、KIWAMINOの編集に。
素敵な写真と共に、会食シーンに役立つ情報を発信していきます。
【MY CHOICE】
・最近行ったお店:グリルうかい 丸の内/TexturA/表参道うかい亭
・好きなお店:メゾン ポール・ボキューズ
・自分の会食で使うなら:うかい鳥山
・得意ジャンル:鉄板焼
・好きな食材:生姜、鱧

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする