極みの店|

「エディション・コウジ シモムラ」有名シェフのこだわりが息づく六本木の美食フレンチ

多方面で活躍する名シェフの味に魅せられて、連日食通たちがこぞって足を運ぶ美食と洗練の空間。オーナーシェフの独自の審美眼と確かな腕で、オープンの翌年には早くも2つ星に輝いた珠玉のフレンチレストラン「エディション・コウジ シモムラ」をご紹介します。

六本木の中心に近接しながらも、オフィスなどが立ち並ぶ落ち着いたエリア。六本木一丁目駅直結の高層ビル「六本木ティーキューブ」の1階にあり、都会的な店構えや美意識の行き届いた荘厳な佇まいが印象的なレストランです。

テーブルや椅子、オブジェ類を始め、食器やカトラリーに至るまで、店内を彩る調度品は全て、オーナーシェフの下村浩司氏が自らこだわり抜いて選んだものだとか。評判の料理はもちろん、その美しき空間をも味わうアーティスティックなひとときが過ごせそうですね。

今や日本を代表するスターシェフの一人として名高いオーナーシェフの下村浩司氏は、茨城県の出身。
大阪の辻調理師専門学校を卒業した後、1990年に渡仏し、ブルゴーニュの「ラ・コート・ドール」やロアンヌ(当時)の「トロワグロ」、パリの「ギィ・サヴォワ」といった3つ星レストランを中心に、約8年間に渡って修業を重ねました。

帰国後は西麻布の名店「ザ・ジョージアンクラブ」(現在は閉店)を経て、2001年に乃木坂の「レストラン・フウ」にてシェフに就任。卓越した技術とセンスでファンを魅了し、2007年に満を持して独立。自らの名を冠したレストラン「エディション・コウジ シモムラ」を開店し、翌2008年には早くも2つ星を獲得する快挙を成し遂げています。

また同店でシェフを務める以外にも多岐に渡る活動が知られており、日本航空国際線ファーストクラスとビジネスクラスの機内食の監修、企業との商品開発、国内外でのイベント開催など、枚挙にいとまがありません。

フランス料理の伝統を踏襲しつつも、バターやクリームなどの油脂はほとんど使用せず、素材本来の持ち味を余すことなく引き出す下村シェフの料理。

全国の生産者から厳選した食材は、さらなる美味しさを纏ってゲストの元へ供されます。中でもファンの多いスペシャリテ、『牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレ 岩海苔風味』は、塩味や酸味に牡蠣の旨味が一体化し、誰もが病みつきになると評判の一皿。

この他にも『カダイフを纏った的鯛の軽やかなフリット ブロッコリーのクーリとレモンのコンフィチュール』など、下村シェフの料理哲学や込められたストーリーに心奪われるような、見事な料理の数々が振舞われます。

近年は自身のテーブルウェアのブランドも立ち上げるなど、食にまつわる美へのこだわりを次々と表現し続ける下村シェフ。そんな氏の独自のエレガンスが宿った極上の美味を味わいに、ぜひ足を運んでみませんか?忘れ得ぬひとときが過ごせる、とっておきのレストランです。

「エディション・コウジ シモムラ」の記事をもっと読む

【対談】「エディション・コウジ シモムラ」下村浩司×「由布院 玉の湯」桑野和泉 ~大分の魅力を引き出す美食旅~

フランス料理

エディション・コウジ シモムラ

東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 1番出口方面六本木ティーキューブ連絡口直結徒歩3分

20,000円〜

アクセス
住所 東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ1F

Mika Muroi

旅と食べ歩きと文章を書くことが好きで、プレミアム・グルメメディア「KIWAMINO」のライターに。フレグランスラボでの勤務経験から、香りやフレーバーにこだわりが。選りすぐりのレストランを、スマートな日本語に乗せてお届けします。

MY CHOICE
・さいきん行ったお店:DAZZLE
・好きなお店:嘉禅
・自分の会食で使うなら:麻布淺井
・得意ジャンル:イタリアン、ビストロ
・好きな食材:野菜全般、鴨、チーズ

このライターの記事をもっと見る