Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中 Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中

旅してでも訪れたい、富山の名店5選

「そのお店へ行くためだけに、わざわざ足を運びたい」。そんな名店が、全国には数多く存在します。どのお店もその土地ならではの食材を使用した、匠の技が光る一流のお店ばかり。今回はその中でも「KIWAMINO」が厳選する富山にある名店を5店舗ご紹介します。

1.手間暇かけた魚津の海の幸を、江戸前の技術で握る

鮨 大門(富山県/魚津駅)

“天然のいけす”と呼ばれる富山湾に面した港町・魚津の駅前に店を構える「鮨 大門」。店主の大門太郎氏は、北海道の老舗寿司店で修業後、地元にもどり独立。白海老やノドグロ、甘鯛など旬の地魚を江戸前の技で握り、食通から一目置かれています。

水揚げされたばかりの鯖や鰯は軽く酢で締め、マグロやウニなどの高級魚は国内屈指のクオリティ高さを誇る豊洲や北海道から厳選。酢飯は、魚津の魚と好相性の魚津産コシヒカリを1年寝かせ、赤酢3種と塩、砂糖で仕込みます。

丁寧な仕事が施された寿司種を目の前に大将の技を堪能できるカウンター7席のほか、お座敷が8席。地酒とともに富山の海の幸をさまざまなシーンで楽しめる一軒です。

寿司

鮨 大門

北陸本線 魚津駅 徒歩1分

20,000円〜29,999円

2.豪奢なお座敷で満喫する富山の旬と美酒

御料理ふじ居(富山県/東岩瀬駅)

豪奢なお屋敷で庭園を眺めながら富山の旬を楽しめる「御料理ふじ居」。富山駅から路面電車で約20分、岩瀬の町並みを10分ほど歩くと格調高くはためくのれんが目に留まります。重厚な扉を開き、和の情緒漂う店内に足を踏み入れると、そこには静謐な個室と掘り炬燵式のカウンター。

店主の藤井寛徳氏は、金沢市の料亭「日本料理 銭屋」、京都の「味舌」で修業後、地元の富山で独立。いただけるのは、生産者から直接仕入れる神通川で獲れる春のサクラマスや夏の天然鮎など、旬の食材を使った料理。匠の技を駆使して、季節の移ろいを表現します。

食事に合わせ、銘酒「満寿泉」や氷見市にある「SAYS FARM(セイズ ファーム)」のワインなども用意。富山の美酒とともに藤井氏の郷土愛が詰まった逸品の数々を満喫してください。

日本料理

御料理ふじ居

富山地鉄富山港線 東岩瀬駅 徒歩10分

3.世界で出会った味わいを富山の食材で表現

GEJO(富山県/競輪場前駅)

競輪場前駅から徒歩で約5分、風情あふれる東岩瀬に店を構える寿司店「GEJO」。ジャンルを超えた創作的な寿司店としてグルメから注目されています。大将の下條貴大氏は、地元のフランス料理店「カーヴ ユノキ」や寿司店「鮨人」で修業。フランス、イタリア、スペインなど主にヨーロッパで食べ歩き、ときにはシェフとして腕をふるったあと帰国。同店をオープンしました。

マグロは知人の一本釣り漁師から仕入れるなどほぼ地元産の食材を、ジャンルレスな料理に変貌させていきます。たとえば、あたかもフレンチのスープ・ド・ポワソンのような手法とるノドグロの出汁。

料理を彩るのは、岩瀬の作家ものの器。ブルゴーニュやピエモンテで出会った日本人が作り手のワインのほか、地元の銘酒「満寿泉」や「IWA」とともに、新感覚の地元の美味を満喫してください。

ジャパニーズレストラン

GEJO

ライトレール富山港線 競輪場前駅 徒歩5分

4.築100年の蔵を改装した空間で堪能する創作フレンチ

カーヴ ユノキ(富山県/競輪場前駅)

競輪場前駅から徒歩で約8分、東岩瀬の築100年の蔵をフランス料理店に改装した情緒たっぷりの「カーヴ ユノキ」。カーヴとはフランス語で「蔵」を意味し、ワインカーヴで長期熟成するワインのように成熟していきたいとの思いから名付けられました。

天井の梁や柱が美しい店内は、ガラス作家や陶芸家など岩瀬のクリエイターの作品が飾られたアートフルな空間。中央にソファーが置かれ、リビングのようなウェイティングでリラックスしたあとカウンターで食事が始まります。

富山出身の店主・柚木栄樹氏は、東京のフランス料理店で修業後「全日空ホテル」で料理長を務め、独立。専用の焼き窯で時間をかけて焼き上げるジビエをはじめ、フレンチをベースにした独創的なひと皿ひとさらを富山のワインと合わせたペアリングで満喫。富山の恵みをじっくり味わえる至福のひとときです。

フレンチ

カーヴ ユノキ

JR線 富山駅 車で16分

20,000円〜29,999円

5.京都の名店が移転、富山の食材で織り成す滋味深い料理

御料理樋渡(富山県/砺波駅)

2023年5月、砺波市鷹栖の古民家に移転した京都の名店「御料理樋渡」。散居村の田園風景の中に立つ重厚な日本家屋が風格を感じさせます。

店主の松木和也氏は東京の和食店で14年、さらに京都の名店「桜田」で8年間の修業を経て、女将さんの母の故郷・富山に移住。「富山の食材にこだわり、地域に貢献したい」という思いから、新鮮な山海の幸が揃う氷見漁港や高岡市地方卸売市場、道の駅砺波などに自ら毎日出向いて旬の食材を仕入れています。

出汁をとる昆布の長さや鰹は、削る厚みをその都度計るほどの丁寧な仕事から生み出される珠玉の一品。目にも麗しい盛り付けは、季節感にあふれています。内装、しつらえ、空間演出、器と、すべてにこだわりが詰まった美食処は、わざわざ訪れる価値のある滋味深い日本料理店です。

日本料理

御料理樋渡

JR城端線 砺波駅 車で10分

今回は、富山にある名店を厳選して5店舗ご紹介しました。どのお店も、旅してでも訪れたい名店揃い。その土地ならではの食材を使った、そのお店ならではの美味に癒される贅沢な食旅に、出かけてみませんか。

※こちらの記事は2024年05月17日作成時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

Miki D'Angelo Yamashita

コロンビア大学・パリ政治学院修士。新聞社を経てフリージャーナリスト。専門は別だが、趣味が高じて食担当記者に。延べ3000人料理人インタビュー、約30カ国で食関連を取材。料理本も多数編集。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:未在 / 晴山 / レヴォ /茶禅華
・好きなお店:ギ・サヴォワ / Restaurant KEI / 祇園さゝ木 / 宮坂
・自分の会食で使うなら:ル・ブルキニオン / ラルジャン / 乃木坂しん / 蕎麦おさめ
・注目しているお店:お料理ふじ居 / 日本料理 研野 / ELEZO ESPRIT
・得意ジャンル: スイーツ
・好きな食材:麺類

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする