Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中 Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中

一度は味わってみたい、フレンチのスペシャリテ 名古屋編

名古屋はもともと老舗の名店が多く、さらに実力派シェフの店も続々と登場し、フランス料理愛好家にとっては、ぜひ訪れてみたいエリア。なかでも、各店のスペシャリテは、ゲストを魅了してやまない特別なひと皿。今回は、フレンチの名店5軒の中から、一度は味わっておきたい、個性あふれるスペシャリテをご紹介します。

1.サプライズのある味わいや香りを楽しむ

Shinji Koga(愛知県/伏見駅)

伏見駅から徒歩約4分、オフィス街の一角にある「Shinji Koga」。ブラウンの威厳あるファサードからエントランスを抜けて店内に足を踏み入れると、光輝くスワロフスキーのシャンデリアがヨーロピアンモダンな空間を華やかに演出しています。

オーナーシェフの古賀晋仁氏は、名古屋のフランス料理店から修業をスタート。1993年に渡仏し、星付きレストランやパティスリーなどで研鑽を積んで帰国した後に、2013年「Shinji Koga」をオープンさせました。フランスで学んだ基本をベースに、独自のフィルターを通して生み出す味や香りのサプライズを追求し、ゲストを惹きつけています。

事前に連絡必須のスペシャリテ「北海道産ウニのラザニアとベシャメル」は、ラザニアに挟まれた魚介や雲丹のゼリーの香りが絶妙。有田焼・照右ェ門窯など、カマチ陶舗でオーダーした器などが独創的な盛り付けを彩ります。

フランス料理

Shinji Koga

地下鉄鶴舞線・東山線 伏見駅 4番出口より徒歩4分

15,000円〜19,999円

2.有名ソムリエのマリアージュで楽しむフレンチ

ル・タン・ペルデュ(愛知県/伏見駅)

伏見駅より徒歩約2分、飲食店が軒を連ねるエリアに店を構える「ル・タン・ペルデュ」。スタイリッシュなエントランスを抜けると、1階にバー、2階にダイニングが備えられています。

落ち着いた大人の空間の中で味わえるのは、人気ソムリエ・辻悟氏の厳選ワインとシェフ・小倉穂高氏の生み出す華やかな料理とのマリアージュ。2009年にフランスへ渡り、有名店で修業を積んだ小倉氏が繰り出すのは、伝統的なフランス料理にイノベーティブな要素を加味した料理の数々。

辻氏がひと皿ごとにベストマッチするワインを約3,000本の中からセレクトします。ワインと相性抜群の「柑橘ジャムとキャラメルとフォアグラ」は、ぜひ味わってほしいスペシャリテ。ワインと楽しむ料理の極意を体感することができる一軒です。

フランス料理

ル・タン・ペルデュ

地下鉄東山線 伏見駅 4番口より徒歩2分

12,000円〜14,999円

3.緑あふれる老舗グランメゾンで味わう伝統の味

シェ・コーベ(愛知県/八事駅)

八事駅から徒歩約7分、閑静な住宅街に佇み、緑に囲まれた一軒家が「シェ・コーベ」。ガラス張りの大きな窓からは緑があふれ、アットホームなおもてなしが温かい40年以上続くフランス料理の老舗です。

三河地方の野菜や三河牛、山の幸、海の幸をメインに、フランスにしかない食材や全国の名産品を組み入れ、正統派ながらクラシックにこだわり過ぎない時代性を取り入れたフレンチが魅力。

「アンチョビクリームのシュークリーム」は長きにわたりゲストに愛されているスペシャリテです。グリエールチーズが練り込んであるシュー生地に、アンチョビとレモン汁、削ったレモンの皮、カレー粉、みじん切りにしたパセリを合わせたクリームを中に詰めた一品。クラシカルな雰囲気に満ちた古き良きグランメゾンで、優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

フランス料理

シェ コーベ

鶴舞線/名城線 八事駅 徒歩7分

15,000円〜19,999円

4.アルザスの美食文化を伝える歴史あるスペシャリテ

オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ/ミッドランドスクエア42F(愛知県/桜通口駅)

名古屋駅より徒歩約5分、ミッドランドスクエア42階にある名古屋の絶景を見下ろす天空のレストラン「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」。フランス・アルザス地方の小さな村イローゼンの地で、エーベルラン家によって100年以上受け継がれてきた、歴史ある名店が海外に初出店したフランス料理店です。

ゲストに「またもどってきたい」と思わせるエーベルラン家伝統のおもてなしと、オリーブの木で作られたシャンデリアやアルザスの風景写真が、ぬくもりを感じる空間を演出。

父から子へと継承されてきたスペシャリテの数々は、繊細かつ独創的な料理。その精神を引き継ぎ、料理長の中廣太一氏の生み出す本店同様の味わいが伝わるスペシャリテ「ペーシュ・エーベルラン」や数量限定の「牛フィレ肉とトリュフ・フォアグラのパイ包み」が、美食家を魅了しています。

クラシック フレンチ

オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ/ミッドランドスクエア42F

JR線 名古屋駅 桜通口 徒歩約5分

15,000円〜19,999円

5.野菜が持つ旨みを伝えるスペシャリテが魅力

a.ligne(アリーニュ)(愛知県/新栄町駅)

新栄町駅から徒歩約5分、表通りから一本入った細道に店を構える「a.ligne(アリーニュ)」。 ナチュラルモダンな空間では、全国から届く上質な食材を使用し、フレンチをベースにした自由な発想で生み出されるコースが堪能できます。

オーナーシェフの高松章浩氏は、京都のフランス料理店や割烹で6年の修業を経て渡仏し、トゥールーズの名店で研鑽を積んだ後に帰国。パティシエや「ランベリー京都」でスーシェフを経験し、2018年に同店をオープンしました。

在来種・固定種の野菜をメインに、無農薬野菜を全国から取り寄せ、野菜が持つ旨みを伝えるスペシャリテの「九条葱の美味しい季節の料理」や、冬に楽しめる「小甘鯛と九条葱」など、組み合わせの妙が魅力。器と料理の調和にもこだわり、五感で味わうひと皿をゲストに届けています。

フランス料理

a.ligne(アリーニュ)

名古屋市営地下鉄東山線 新栄町駅 徒歩5分

15,000円〜19,999円

伝統を受け継ぐ老舗や地元の食材を駆使して編み出されたスペシャリテなど5軒を厳選しました。名古屋ならではの自慢のひと皿を味わいに出かけてみてはいかがでしょうか。

※こちらの記事は2024年04月30日作成時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

Miki D'Angelo Yamashita

コロンビア大学・パリ政治学院修士。新聞社を経てフリージャーナリスト。専門は別だが、趣味が高じて食担当記者に。延べ3000人料理人インタビュー、約30カ国で食関連を取材。料理本も多数編集。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:未在 / 晴山 / レヴォ /茶禅華
・好きなお店:ギ・サヴォワ / Restaurant KEI / 祇園さゝ木 / 宮坂
・自分の会食で使うなら:ル・ブルキニオン / ラルジャン / 乃木坂しん / 蕎麦おさめ
・注目しているお店:お料理ふじ居 / 日本料理 研野 / ELEZO ESPRIT
・得意ジャンル: スイーツ
・好きな食材:麺類

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする