一度は行きたい憧れのお店、一休「至高のレストラン」東京・ステーキ・鉄板焼き編

一休.comレストランの中でも特に予約困難な名店・人気店を厳選してご紹介している「至高のレストラン」。どれも一度は行きたい憧れのお店ばかり。今回はその中でも東京にあるステーキ・鉄板焼きのレストランをご紹介します。お店選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.竈の職人技を駆使して三田牛の旨みを引き出す

ウェスタ(東京都/日本橋駅)

日本橋駅から徒歩約2分という至便な場所にありながら、看板もなく隠れ家のように潜む「ウェスタ」。洗練されたシックな店内で味わえるのは、ブランド牛の三田牛を紀州備長炭で焼き上げたステーキとマリアージュさせる厳選ワインです。

メインに取り扱う肉は牧場と直接契約し、出荷頭数も限られた三田牛。「ウェスタ」のシンボル、竈(かまど)を使い、赤外線の高火力で肉の旨みを逃がさず、短時間で焼き上げます。余分な脂が下に落ちて蒸気を吸い上げるため、カリッとした香ばしさが特徴。竈を知り尽くした職人がゲストの好みの焼き加減に対応し、肉の持つポテンシャルを最大限に引き出します。細部にまでこだわり抜いた、濃密なステーキの旨みを堪能してみてはいかがでしょうか。

ステーキ

ウェスタ

東京メトロ銀座線 日本橋駅 B1出口より徒歩2分

40,000円〜49,999円

2.伝統と革新が織りなすA5ランクステーキ

銀座ひらやま(東京都/築地市場駅)

新橋演舞場前に2011年オープン、高級感溢れる外観が印象的な「銀座ひらやま」。店主の平山裕也氏が、産地にこだわることなく状態の良いA5ランク黒毛和牛のヒレ肉をメインに選定し、独自の技と炉窯によるていねいな火入れで、肉本来の旨みを引き出します。

数ある部位の中で最も繊細な旨みが魅力のヒレ肉は、炭火窯で脂を落としながらじっくりと焼き上げられ、溢れ出る肉汁は感動の味わい。備長炭の遠赤外線を使用することで素材本来の旨みを活かすため、塩胡椒はあえて使いません。軽く柔らかで優しい口当たりは、このお店ならでは。シェフのひらめきで、四季折々の食材が日々新たなひと皿に変わります。伝統を踏襲しながらも進化していく、至極のステーキとの出会いが待っています。

ステーキ

銀座ひらやま

都営地下鉄大江戸線 築地市場駅 徒歩5分

3.“炉釜焼き”の神戸牛と三田牛をフレンチ風味で

神戸牛炉釜炭焼ステーキ銀座一宮(東京都/東銀座駅)

歌舞伎座近くのビルの8階に店を構える「神戸牛炉釜炭焼ステーキ銀座一宮」。特注炉釜で焼き上げた高級神戸牛、紀州備長炭「上小丸」の900度火力で一気に火入れした三田牛や岩手短角牛を食べ比べできる唯一のお店として人気を誇っています。オーナーシェフ・一宮宏行氏は、地元神戸のフランス料理店で修業をスタートし、北海道の「ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ」メインレストランで料理長を務めた人物。日本橋の三田牛竈炭火焼き店「ウェスタ」で肉の火入れの技術を学び、2019年に独立しました。

使用するのは、脂肪の融点が低く肉質に優れた雌牛。炉釜で焼くことで余分な脂が取り除かれ、旨みがより引き出されます。ブルゴーニュやボルドーなど、フランス産赤ワイン中心のボトル40種類にシャンパンを含めたグラス6種類を用意。紀州備長炭で焼き上げたステーキとの相性も抜群です。

ステーキ・グリル料理

神戸牛炉釜炭焼ステーキ銀座一宮

東京メトロ日比谷線 東銀座駅 徒歩1分

30,000円〜39,999円

4.日本料理やフレンチの技法を駆使した鉄板焼き

神楽坂 鉄板焼 中むら(東京都/飯田橋駅)

“日本の四季を体現し、五感を刺激する”をテーマに掲げる「神楽坂 鉄板焼 中むら」。神楽坂の路地裏に佇み、食材はもちろん、味付けや器の彩りすべてから季節を感じられる料理の数々を生み出していきます。

オーナーシェフの中村真利氏は「帝国ホテル」のさまざまな料理部門で腕を磨き、2011年に自身のお店をオープン。樹齢230年のアサダ巨木を使用した一枚板カウンターに席を取り、鉄板の上の肉の様子を眺めながら、焼き上がる香りや音を感じて味わう肉の旨みはまた格別です。店主自ら生産者の元に足を運んで厳選した川岸牧場産神戸牛や上田畜産神戸牛、竹の谷蔓牛などの赤みが強く、肉の味わいが濃い雌牛のみを提供。余分な油に頼らず、日本料理やフレンチの技法を駆使した雑味のない鉄板焼きを堪能してみてはいかがでしょうか。

鉄板焼

神楽坂 鉄板焼 中むら

東京メトロ有楽町線・南北線 飯田橋駅 B3出口から徒歩4分

30,000円〜39,999円

今回は、一休.comレストランが提案する「至高のレストラン」の中でも、東京にあるステーキ・鉄板焼きの名店をご紹介しました。どのレストランも、一休.comユーザーの方に満足していただける個性と魅力に溢れています。ぜひ、大切な方とのお食事や自分へのご褒美に予約して訪れてみては。

Miki D'Angelo Yamashita

コロンビア大学・パリ政治学院修士。新聞社を経てフリージャーナリスト。専門は別だが、趣味が高じて食担当記者に。延べ3000人料理人インタビュー、約30カ国で食関連を取材。料理本も多数編集。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:未在 / 晴山 / レヴォ /茶禅華
・好きなお店:ギ・サヴォワ / Restaurant KEI / 祇園さゝ木 / 宮坂
・自分の会食で使うなら:ル・ブルキニオン / ラルジャン / 乃木坂しん / 蕎麦おさめ
・注目しているお店:お料理ふじ居 / 日本料理 研野 / ELEZO ESPRIT
・得意ジャンル: スイーツ
・好きな食材:麺類

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする