Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中 Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中

一度は行きたい、中国料理の名店 大阪編

食い倒れの街・大阪。今や世界中の料理が揃い、いたるところに評価の高い店が軒を連ねています。そんな中ではずせないのは、中華料理。伝統の中華をベースにしながらも、モダンで洗練された名店が意外にも多数存在します。今回は、さまざまなシーンで利用できる話題の中華料理店を4軒厳選して紹介します。

1.大人の隠れ家で味わう“ネオクラシック中国料理”

AUBE(大阪府/北新地駅)

「Chi-Fu」や「Az/ビーフン東 大阪店」など、個性的なコンセプトの中華料理店を手がけている東浩司氏がオーナーシェフを務める「AUBE(オーブ)」。日本の食材や食文化を中国料理に落とし込み、新しい文化として育てていくことを目指しています。西天満の繁華街にありながら、シックにまとめられた店内は、喧騒を忘れさせてくれる大人の隠れ家。

オーナーシェフとスタッフが約2カ月ごとに生産地へ赴き、訪れた各都道府県から得たインスピレーションをもとにコース料理を仕立てます。“「旅」と「時」を通じた学び”をテーマとした大胆な解釈から生まれる独創的な“ネオクラシック中国料理”。これまでにない味わいの数々に、サプライズの連続です。

中華料理

AUBE

JR東西線 北新地駅 徒歩8分

40,000円〜49,999円

2.フレンチの発想を取り入れたスタイリッシュな中華

Chi-Fu(大阪府/淀屋橋駅)

「フランス人が作った中国料理」という発想のもと、斬新なスタイルの中華料理を発信し続ける「Chi-Fu」。淀屋橋駅から徒歩約7分、大通りから一本入ると赤い玄関が目に止まります。カフェのようなスタイリッシュな空間で繰り出されるのは、選りすぐりのワインや紹興酒と現在進行形の中国料理とのコンビネーション。メニューには、イマジネーションを刺激する抽象的な料理が並びます。

「新緑」という名の一皿は、フレンチを思わせるプレゼンながらも和食を連想させる湯葉や生麩などの組み合わせ。大理石のお皿を使ったり和の器を合わせたりと、無国籍なスタイルを提案しています。この店でしか味わえない、不思議な中華の世界を体感してみませんか。

アジアン・フュージョン

Chi-Fu

地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 徒歩7分

15,000円〜19,999円

3.モダンに解釈された伝統的な広東料理

香桃/ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪府/梅田駅)

「ザ・リッツ・カールトン大阪」5階のダイニングフロアにある「香桃(シャンタオ)」。広東料理をベースに、干し鮑などの本場の干物を組み入れた海鮮料理に定評があります。

ぜひ味わいたいスペシャリテは「燕の巣とキャビア 卵白のクリーム炒め」。香港から取り寄せるツバメの巣に、フランスやロシアなどのその時期に最も良い状態のキャビアを使っており、ツバメの巣の食感とキャビアの風味を堪能することができます。「ザ・リッツ・カールトン大阪」限定のカメ壺入り40年物の紹興酒のほか、100年物まで充実のラインナップも魅力。茶芸師・評茶員のライセンスを持つ小田純也氏が厳選した中国茶を、伝統のスタイルで提供する芸術的なパフォーマンスも圧巻です。

中国料理

香桃/ザ・リッツ・カールトン大阪

阪神電鉄線 梅田駅 西口より 徒歩5分

20,000円〜29,999円

4.“食と健康”をテーマに本格中華の海鮮料理を

大阪聘珍樓(大阪府/西梅田駅)

1884年、横浜にて創業し、日本最古とされる中国料理店「聘珍樓」。「大阪聘珍樓」は「聘珍樓 横濱本店」で研鑽を積み、腕を振るってきた料理長が、素材の持ち味を最大限に活かした体を労わる広東料理を提供しています。

“食と健康”をテーマに、中国伝統医学に基づく食材を組み合わせた壺蒸しスープや、揚げワンタンやカシューナッツの食感が味わえる広東式刺身は、店自慢のメニュー。特に、国際中医薬膳師・国際中医師と考案した壺蒸しスープは“食と健康”を第一に考える中国料理の思想を反映した人気の一品です。化学調味料や添加物を使用しないヘルシーな広東料理を、少人数の個室から80名様用の宴会場まで、さまざまなシーンで楽しめる一軒です。

中国料理

大阪聘珍樓

地下鉄四つ橋線 西梅田駅 4A番出口より徒歩2分

15,000円〜19,999円

ここに挙げた4軒は、独自のテーマやコンセプトを掲げ、独創性を重視する店ばかり。シェフの技術やセンスの高さを体感して、大阪発の新感覚中華を楽しんでみてはいかが。

※こちらの記事は2024年01月25日更新時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

Miki D'Angelo Yamashita

コロンビア大学・パリ政治学院修士。新聞社を経てフリージャーナリスト。専門は別だが、趣味が高じて食担当記者に。延べ3000人料理人インタビュー、約30カ国で食関連を取材。料理本も多数編集。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:未在 / 晴山 / レヴォ /茶禅華
・好きなお店:ギ・サヴォワ / Restaurant KEI / 祇園さゝ木 / 宮坂
・自分の会食で使うなら:ル・ブルキニオン / ラルジャン / 乃木坂しん / 蕎麦おさめ
・注目しているお店:お料理ふじ居 / 日本料理 研野 / ELEZO ESPRIT
・得意ジャンル: スイーツ
・好きな食材:麺類

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする