名店リスト|

タベアルキスト・マッキー牧元がおすすめする楽しい夜を過ごせるビストロ4選 東京編

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

今回は、タベアルキスト・マッキー牧元がおすすめする、東京都内にあるワインと一緒に楽しめるビストロを4軒、ご紹介いたします。

1.40数種のフランス郷土料理が笑顔を呼ぶ

マ・キュイジーヌ(東京都・六本木駅)

「マ・キュイジーヌ」は「ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルル」や「白金 シェ・トモ」で料理長をやられていた、池尻陵介シェフの店。ブーダンノワール、ブイヤベース、カスレ、羊のクスクス、バラ肉のプティサレなど、フランス郷土料理が、40数種も並ぶ。

「アンドゥイエット」は内臓の香りが溢れ出して笑顔を呼び、フロマージュ・ド・テットたっぷりのコラーゲンの旨味をラビゴットソースの酸味が受け止める。「コックオーヴァン」は、現代風に軽く、赤ワインソースの酸味のキレがいい。一人で作られているのだが、手際よく提供されるのも素晴らしい。お値打ちのワインをぐびぐびと飲み、デセールを食べ、食後酒も飲んで、酔いに浸る。そんな食いしん坊のためのビストロである。

https://macuisine.owst.jp/

2.東京フランス料理の老舗格。「誠実」という味が染みた、堂々たる料理を味わう

ビストロ ボンファム(BISTRO Bonne Femme)(東京都/溜池山王駅)

「ビストロ ボンファム」は、創業1983年、東京フランス料理界の草分け的存在の店である。「鴨フォアグラのコロッケ」「舌平目のボンファム」「シャラン産鴨胸肉のロティ、グリーンペッパーソース」など、ビストロ料理ではない、堂々たるフランス料理を、ビストロのカジュアルな雰囲気と価格で味わえる希少な店である。

例えばスペシャリテの「牛テールの赤ワイン煮」は、現れた瞬間からして、神々しい。肉を切ろうとすれば、はらりと崩れ、ソースに落ちる。舌に乗れば、混沌となったうまみが広がっていく。肉の滋味、灯を照らす太い酸味、ワインとフォンが境目なく溶け合った凛々しいうまみ。濃厚でいながら軽やかさがあり、圧倒感がありながらエレガントである。すべての料理が、富山勉シェフの「誠実」という味が染みている。

フランス料理

ビストロ ボンファム(BISTRO Bonne Femme)

東京メトロ銀座線・南北線 溜池山王駅 徒歩3分

6,000円〜7,999円

3.パリのビストロの香りと量を、そのまま東京で味わえる幸せ

アン ファス(東京都・人形町駅)

「アン ファス」は、パリの人気ビストロ「ル・コントワール・デュ・ルレ」などで働かれた、亀山知彦シェフの店。料理の味と香り、量とともにビストロ食文化を実直に伝える店。どの皿も2人でシェアしても多いほどの量があるので、大食いでも、2人なら前菜2種、主菜1種が適量。

テリーヌは、フランス風にナイフを突き刺して登場する。10センチメールほどの厚さに切って出す、テリーヌ型ブーダンノワールは、豚の頭の各部位、つまりテット・ド・フロマージュとブータンを合体させ、ピマンドエスプレットの辛味を混ぜた料理で、ブーダンノワールよりは味が優しい。鴨肉コンフィ、太いトゥールーズソーセージ、分厚い豚肉のコンフィが入ったカスレも、量を食べなくてはわからぬ美味しさがある。タルトタタンも素晴らしいのでおすすめである。

https://www.instagram.com/en_face_ningyocho_/

予約は、メールにて受付(enface.ningyocho@gmail.com)

4.王道ビストロ料理のダイナミズムを痛感しに出かけよう

TROMPETTE (トロムペット)(東京都/小伝馬町)

ビストロ料理は、ある程度の量や厚さ、高さがないとその本領を発揮しない。「TROMPETTE (トロムペット)」は、その正義を心得た正統なビストロである。テリーヌの、ドーバーの断崖のごとき絶壁は、食欲を喚起し、その厚さゆえの豊満を生む。またモンブランの如きにそびえたつタルタルを崩し、口いっぱいに頬張ってこそ、肉のたくましさと甘さは爆発する。鞍下肉は、ピレーネ山脈の如く連なり、口に運ぶ興奮があってこそ、仔羊の情熱はほとばしる。

あるいはふっくらと膨らんだ雄大な、鳩のパイ包み焼きとが艶々と輝くソースは、切った瞬間の圧倒から味は始まり、口に運べば、鳩の鉄分と滋養が、パイの香ばしさとソースのうま味とが渾然となり、脳幹を刺激する。さあ、フランス料理のダイナミズムを痛感しに、出かけよう。

https://www.instagram.com/trompette170518/

今東京のビストロシーンは熱い。老舗格の店から近年できた店まで、フランスにおけるビストロ料理の熱気を伝える名店で、醍醐味を楽しもう。

マッキー牧元

マッキー牧元(「味の手帖」編集顧問) 国内、海外を問わず、年間700食ほど旺盛に食べ歩き、雑誌、テレビ、ラジオなどで妥協なき食情報を発信。近著に「超一流サッポロ一番の作り方」(ぴあ)がある。

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする