名店リスト|

一度は訪れたい、憧れの高級リストランテ 東京編

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

機会があれば行ってみたい、そんな憧れの高級リストランテが皆様にもありませんか。前菜からメインディッシュまで、どれを食べても間違いのない美味しさ。そして、そんな料理にピタリと合うワインを心ゆくまで楽しめる時間は、かけがえのないひとときです。今回は東京都内にある、おすすめの高級リストランテを5軒、ご紹介いたします。

1.盛り付け・香り・味わいの三位一体で仕上げる珠玉の料理

アロマフレスカ (Aroma Fresca)(東京都/銀座一丁目駅)

イタリア料理好きであれば、その名前を知らない人はいないと言っても過言ではないであろう、銀座一丁目駅至近の立地にお店を構える「アロマフレスカ (Aroma Fresca)」。シェフ・原田慎次氏は多くの後進を育てており、巣立っていった料理人もまた人気店を開業しています。

「フレッシュな香り」を意味する店名にふさわしく、訪れたゲストに香りを楽しんでもらえるよう、原田氏のこだわりがお店のそこかしこに散りばめられています。テーブルや椅子のバランスは勿論、料理を載せるお皿の高さや厨房の配置まで、心地よいおもてなしを実現するための思いであふれています。

使用する食材も原田氏自ら産地に足を運び、生産者と対話しながら吟味を重ねた素材のみを仕入れ。長年多くのゲストに愛されているのも納得です。

イタリア料理

アロマフレスカ (Aroma Fresca)

東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 8番出口徒歩1分

2.豊富なワインと料理に酔いしれる、日本家屋リストランテ

Ristorante La Barrique Tokyo(東京都/江戸川橋駅)

オーナーソムリエである坂田真一郎氏の生家だった、築70年の日本家屋を改装してオープンした「Ristorante La Barrique Tokyo」。欄間や床の間などがそのまま活かされた和の設えに対して、赤い絨毯と白いテーブルクロスとのコントラストが絶妙の和洋折衷を演出し、華やかさと個人宅に招かれたかのような落ち着いた温かさが同居しています。

シェフ・伊藤敏浩氏の料理は、日本の旬の食材をふんだんに使用した、絶品が並び揃うコース料理。どのお皿も素材そのものの美味しさがはっきりと感じられ、繊細かつ食べ応えのある仕立てになっています。

ワインはほぼイタリア全州のものが揃っており、坂田氏が多様な料理に合わせて最適なワインをチョイス。この提案力の見事さには同業者も思わず感嘆してしまうほどです。

イタリア料理

Ristorante La Barrique Tokyo

東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 4番出口より徒歩3分

15,000円〜19,999円

3.驚きと楽しさに満ちた、イノベーティブなイタリア料理

ファロ(東京都/銀座駅)

東京銀座資生堂ビル10階という絶好のロケーションにお店を構える「ファロ」。現代イタリア料理が備える伝統と先進性に、日本の豊かな食材や文化を重ね合わせた、イタリアンの枠にとらわれない、オリジナリティーあふれる料理を提供し続けています。

現在特に力を入れているのが、エグゼクティブシェフ・能田耕太郎氏が「制限ではなく、新しい表現。日本の精進料理にも通じる」と語る、ヴィーガンコース。ヴィーガンのゲストだけではなく、“美味しく食べて、体の中から美しく”を求める多くの方々にぜひご体感いただきたいという、自信のコースメニューです。

食後のデザートは、イタリアの名だたる名店でペイストリーシェフを務めた、シェフパティシエの加藤峰子氏が腕を振るいます。日本の自然や和のハーブをリスペクトした料理は、好評を博しています。

イノベーティブイタリアン

ファロ

東京メトロ銀座・日比谷・丸の内線 銀座駅 徒歩7分

15,000円〜19,999円

4.2人のシェフが織り成す、日比谷の優雅な社交場

サローネ トウキョウ(東京都/日比谷駅)

イタリア現地で楽しめる最新リストランテの味を追求してきた「サローネグループ」。文明開化となった明治時代には、鹿鳴館など国賓や外交官などをもてなすサローネ(社交場)であった歴史ある地の日比谷に「東京ミッドタウン日比谷」のオープンに合わせ「サローネ トウキョウ」は開業しました。

シェフを務めるのは永島義国氏と高井登氏によるダブルシェフ体制。イタリア料理の伝統や地域性を尊重しながらも、現地と齟齬のない最新のリストランテの味を提供することがコンセプト。二人のシェフによる、感性を刺激する皿の数々を楽しめます。

大きな窓やテラスから自然あふれる日比谷公園の緑を眺める事ができ、優雅であり開放感に満ちた設えは、多くのゲストから高い評判を集めています。

イタリア料理

サローネ トウキョウ

都営地下鉄三田線 日比谷駅 徒歩1分

15,000円〜19,999円

5.その日一番の食材を、一番美味しく食べて欲しいという思い

リストランテ濱崎(東京都/原宿駅)

南青山の閑静な住宅街にひっそりとお店を構える「リストランテ濱崎」。オーナーシェフの濱崎龍一氏の料理は舌の肥えたグルマンたちからの信頼が厚く、期待を裏切りません。生産者と対話を深めながら厳選した旬の食材を仕入れ、素材の香りや持ち味を活かした調理法で次々と料理が仕上げられていきます。

人気メニューは枚挙に暇がありませんが「ウズラのグリル ハチミツとバルサミコ風味 ニンジンのスフレ添え」は、ぜひ召し上がっていただきたい逸品です。

コースの中でおすすめなのは、何と言っても「厳選キャビアの冷製パスタ」が含まれた「シェフおまかせコース」。濱崎氏の料理の魅力がこれでもかという位に詰め込まれたコースは、どのお皿も絶品で、多幸感に包まれる高い完成度には脱帽の一言です。

イタリア料理

リストランテ濱崎

JR線 原宿駅 297m

20,000円〜29,999円

いかがでしたでしょうか。ご紹介したお店はどちらも食材を活かし、お酒を活かし、おもてなしを活かし、ありとあらゆる角度からゲストを美味しさで幸せにしてくれる素敵なリストランテばかり。大切な事を守りつつ、更なる美味しさのために飽くなき挑戦を繰り返す姿勢が、私たちをいつも満たしてくれるのでしょう。これからも皆様が幸せに包まれるお店を、沢山ご紹介してまいります。

橋本 恭一

美味しいお酒とお料理を求め続ける 都内屈指の胃袋&肝臓フル回転系ライター。 和洋中ジャンル問わず、王道の古典料理から イノベーティブ系のお料理にどんなお酒が合うかを ひたすらに追い求めており、食前食後などのバーの 楽しみ方も皆様にお伝えしてまいります。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:ナスキロ/サエキ飯店/赤坂 らいもん/鮨 みうら
・好きなお店:レストラン キエチュード/ラ クレリエール/私厨房 勇/トラットリア ダディーニ
・自分の会食で使うなら:くろ﨑/Les Chanterelles/日本料理 晴山/の弥七
・得意ジャンル:フレンチ/イタリアン/バー
・好きな食材:サルミソース/真鱈の白子/生トリ貝

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする