名店リスト|

名店の味をランチで楽しめるフレンチレストラン 恵比寿・代官山編

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

煌びやかな内装に、行き届いたサービスの中で味わうフランス料理は、至福のひとときですよね。ディナーで訪れるのもよいですが、明るい時間からそんなランチタイムを過ごすのもよいものです。食事の余韻を感じつつ、幸せな気分に浸りながら街に出掛けるという選択ができるのです。今回は恵比寿・代官山エリアで、ランチが楽しめるおすすめのフレンチレストランを4軒、ご紹介いたします。

1.恵比寿ガーデンプレイスにそびえ立つ、華やかなシャトーレストラン

ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション(東京都/恵比寿駅)

世界的に有名なフランス料理界の巨匠である、ジョエル・ロブションが手掛けた「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」。恵比寿ガーデンプレイス内にある店舗は、フランスの古城をそのまま再現したかのような荘厳な建物で、入店前から気持ちが高揚するのを感じます。

上階にある「ガストロノミー ジョエル・ロブション」と比べ、コースとアラカルト料理をカジュアルにいただけるのが魅力。パーティーやウェディング用途など、幅広いニーズに対応可能です。

内装はメインカラーがパープルでまとめられており、上品かつ開放的な雰囲気に満ちています。窓の外は花と緑に囲まれ、心地よい風が吹き抜けるテラスがあり、陽光が柔らかく店内に差し込んでくるという、存在そのものが完成されたレストランです。

フランス料理

ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション

JR線 恵比寿駅 東口 徒歩7分

20,000円〜29,999円

2.生命の躍動を感じる、隠れ家モダンフレンチレストラン

Elan (エラン)(東京都/恵比寿駅)

恵比寿ガーデンプレイスや「ウェスティンホテル東京」からほど近く、裏路地にひっそりとお店を構える「Elan (エラン)」。エントランスにはオリーブの木や緑が飾られ、都会の隠れ家といった風情です。

店内はシックでモダンな内装で、調理風景が楽しめるオープンキッチンのカウンター席か、ゆったりとしたテーブル席で寛ぎの食事を堪能する事が可能。店名には「生命の躍動」という意味があり、シェフ・宮本英也氏が作る料理には、どれも豊かな自然の中で育まれた食材の息吹を感じます。

食の安全と健康を大切にし、美しく体に優しいフレンチを提供する宮本氏の料理は、安心して身を委ねる事ができます。ワインも様々な銘柄を幅広く揃え、ペアリング対応も可能。無農薬の炭酸飲料やオーガニックジュースなど、ノンアルコールのドリンクも充実しています。

フランス料理

Elan (エラン)

JR線 恵比寿駅 東口より徒歩8分

12,000円〜14,999円

3.食材の可能性を追求する、産地直送魚介類が彩る饗宴

サンプリシテ(東京都/代官山駅)

代官山駅から少し歩いた、八幡通り沿いにお店を構える「サンプリシテ」。店名には「正直であり、誠実でありたい」という思いが込められています。店内はすっきりとコンテンポラリーな雰囲気ですが、随所に木の温もりが配され、心がリラックスを感じるような設え。

シェフ・相原薫氏と言えば、魚の美味しさを引き出す技術に定評があり、連日多くのゲストがその味を求めて通い詰めています。魚介類は明石、五島列島、函館を中心に、相原氏が現地に直接赴き、鮮度抜群の素材を仕入れています。

新鮮なまま提供するものもあれば、入荷後に熟成をかけ、うま味を最大限に引き出すなど、種類によって数日から最長で1か月近く経てから料理にする場合も。徹底的に美味しさを追求する、その深い知見と揺るぎない技術が「サンプリシテ」の人気を支える大きな要素となっているのでしょう。

フランス料理

サンプリシテ

東急東横線 代官山駅 徒歩5分

15,000円〜19,999円

4.奇をてらわない「良い素材、良い火加減、良い味付け」

メゾン ポール・ボキューズ(東京都/代官山駅)

現代フランス料理を築き上げた、世紀の料理人であるポール・ボキューズ氏の名前はあまりにも有名です。氏の「フランス料理の素晴らしさを世界に広めたい」という想いと、リヨンの本店「ポール・ボキューズ」の伝統を受け継ぎ、2007年 東京・代官山に「メゾン ポール・ボキューズ」はオープンしました。

「ティファニー」のアンティーク・ステンドグラスや、ベネチアングラスのランプなど、印象的な装飾や調度品が、華やかなアールヌーボー調の温かみあふれる雰囲気を演出。店内には、2つのダイニング、サロン、個室のほかに、バーラウンジの用意も。食前食後にブランデーやシガーを嗜む事もできます。

リヨンの本店でも不動の人気を誇るスペシャリテの数々は、もちろん「メゾン ポール・ボキューズ」でもいただけます。東京にいながら、本店と同様の料理と共に、感動の食体験を心ゆくまでお楽しみください。

クラシック フレンチ

メゾン ポール・ボキューズ

東急東横線 代官山駅 徒歩7分

20,000円〜29,999円

いかがでしたでしょうか。伝統を継ぐお店、そしてこれから新しい歴史を刻んでいくお店を一緒にご紹介いたしました。それぞれのやり方で弛まない研鑽を重ねていますが、目指すところはゲストに美味しい料理で幸せになってほしいという、おもてなしの心。この気持ちは、まさに万国共通です。この記事をきっかけに、皆様により多くの幸せなランチタイムを過ごしていただけたら幸いです。

橋本 恭一

美味しいお酒とお料理を求め続ける 都内屈指の胃袋&肝臓フル回転系ライター。 和洋中ジャンル問わず、王道の古典料理から イノベーティブ系のお料理にどんなお酒が合うかを ひたすらに追い求めており、食前食後などのバーの 楽しみ方も皆様にお伝えしてまいります。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:ナスキロ/サエキ飯店/赤坂 らいもん/鮨 みうら
・好きなお店:レストラン キエチュード/ラ クレリエール/私厨房 勇/トラットリア ダディーニ
・自分の会食で使うなら:くろ﨑/Les Chanterelles/日本料理 晴山/の弥七
・得意ジャンル:フレンチ/イタリアン/バー
・好きな食材:サルミソース/真鱈の白子/生トリ貝

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする