名店リスト|

一度は訪れたい、中華料理の名店 銀座編

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

中華料理と言えば、何を思い浮かべますか。高温で食材に一気に火を入れ、あっという間に華麗に料理が仕立てられるイメージ、もしくは炒め物や揚げ物の香ばしさやダイナミックな調理の音でしょうか。人気店が集まる銀座にも、中華料理の名店が軒を連ねています。今回は銀座エリアにある、中華料理の名店を4軒、ご紹介いたします。

1.世界各国から取り寄せた、高級食材で彩る饗宴

銀座 上瀧(東京都/銀座駅)

銀座という飲食店の激戦区において、舌の肥えたグルマン達を唸らせている「銀座 上瀧」。オーナーシェフの上瀧剛氏は、地元である佐賀県で長年腕を振るっていましたが「本物しか生き残れない町で勝負したい」と決意し、一念発起して銀座へ移転しました。

ダークブラウンで統一された店内へ入ると、銀座駅ほど近くの立地でありながら、都会の喧騒から切り離された、静かで落ち着きある空間が広がっています。ゆったりとしたカウンター席に座ると、間近で華麗な調理風景が見られ、出来立ての料理が目の前に運ばれてくる度に心が躍ります。

食材は伊勢エビや鮑、ヤリイカなどの新鮮な海の幸を佐賀県唐津市から毎朝空輸で仕入れるほか、世界各国からも選りすぐりの高級食材を取り寄せ、天然活魚の鮮度を保つために生簀も完備。有田焼の美しい器に盛り付けて供されるお任せコースは、目も舌も喜びで満たしてくれる事でしょう。

中華料理

銀座 上瀧

東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 C3出口 徒歩4分

50,000円〜

2.新たな食体験の扉を開いてくれる、イノベーティブフュージョン

TexturA(東京都/有楽町駅)

築地「東京チャイニーズ 一凛」に鎌倉「イチリンハナレ」と、人気店を生み出してきた齋藤宏文氏が満を持して有楽町に「TexturA」を開業。2019年の大きな話題となった事は記憶に新しいところです。

中華料理やスペイン料理、フレンチなど様々なジャンルのシェフが集結し、例えば中華料理とスペイン料理を交互に味わうというような、独創的なスタイルは、多くのゲストを虜にしました。合わせるお酒も幅広く揃っており、紹興酒とシェリーを飲み比べてマリアージュを楽しむ事も。

多様なアプローチを楽しんでほしいという思いは料理だけでなく、店舗自体にも反映されており、店内は用途別で3つのエリアに分けられています。ふらっと立ち寄ってお酒を中心に楽しむバーエリア、食べたいメニューをアラカルトでオーダーできるカジュアルダイニングエリア、そして店内最奥にあるレストランエリアでは、魅惑のコース料理とお酒の世界に深く没入する事ができます。

中国料理・スペイン料理

TexturA

JR線 有楽町駅 徒歩1分

12,000円〜14,999円

3.東京で再現される、中国清朝の宮廷料理

レイ家菜 銀座(東京都/銀座一丁目駅)

レイ・ズーチャは清朝の高級官僚であり、美食家としても名高い皇族・西太后の日々の食事を管理する責任者でした。その祖父から受け継がれたレイ家が管理する、門外不出のレシピで作る清朝宮廷料理を味わえるのが「レイ家菜 銀座」。

日本料理の様なシンプルで繊細な味わいでありながら、巧みな包丁使いが光る一品一品。医食同源の発想を原点とした、効能・栄養に富んだ料理は、内面から人を美しくする力を持った長寿食としても優れています。どれも味わい深く、食材本来の美味しさが引き出された、五味の調和をお楽しみください。

内装は柔らかな調光とシンプルながら洗練された設えで、落ち着いた高級感に包まれています。ダイニングエリアには円卓がゆったりと配置され、奥にはリラックスして過ごせる完全個室も用意されています。

清朝宮廷料理

REIKASAI GINZA

東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口徒歩1分

15,000円〜19,999円

4.美と健康の源となる、寛ぎの中国料理

銀座 飛雁閣(東京都/銀座駅)

本物志向を追求した完全予約制のスタイルで、老若男女問わず多くのゲストが訪れる「銀座 飛雁閣」。「上質なレストランでありながらも、友人の家を訪ねる時のように寛いでほしい」という思いで、全てのスタッフが最善を常に考え、行動しています。

洗練された高級サロンを彷彿とさせる内装に、遊び心がありつつも豪奢な調度品の数々。この空間にいるだけで、気持ちが華やいできます。定期的にコンサートも催され、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーが参加する事も。

食材へのこだわりようも徹底しており、干し鮑のチョイスシステムは人気を博しています。真冬に懸命な思いで漁師が獲った岩手県や青森県の最高級の鮑を、現地に赴いて直接交渉して仕入れます。産地や大きさなど、様々な鮑をゲスト自身が自分の目で選び、希望の調理方法で調理をお願いできます。一つ一つの接客が、温かく楽しい食事につながっている。大切な人と一緒に訪れたい中国料理店です。

中国料理

銀座 飛雁閣

東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線 銀座駅 A4出口より徒歩4分

いかがでしたでしょうか。それぞれのお店が独自の強みを持っていて、料理で表現できる事の幅広さ、奥深さを、あらためて感じていただけたのではないでしょうか。伝統の料理も新しい革新的な料理も味わえる銀座というエリアは、食いしん坊のためにある街なのかもしれません。皆様にもこの記事をきっかけに、さらに美味しい名店を楽しんでいただけたら幸いです。

橋本 恭一

美味しいお酒とお料理を求め続ける 都内屈指の胃袋&肝臓フル回転系ライター。 和洋中ジャンル問わず、王道の古典料理から イノベーティブ系のお料理にどんなお酒が合うかを ひたすらに追い求めており、食前食後などのバーの 楽しみ方も皆様にお伝えしてまいります。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:ナスキロ/サエキ飯店/赤坂 らいもん/鮨 みうら
・好きなお店:レストラン キエチュード/ラ クレリエール/私厨房 勇/トラットリア ダディーニ
・自分の会食で使うなら:くろ﨑/Les Chanterelles/日本料理 晴山/の弥七
・得意ジャンル:フレンチ/イタリアン/バー
・好きな食材:サルミソース/真鱈の白子/生トリ貝

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする