食レポ|

「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」グルメレポ。熟成ステーキをラグジュアリー空間で

外苑前駅に直結するオフィスビルの敷地内に、迫力のある外観で店名のネオンがきらりと光る店構え。まるで映画のような世界観が目の前に広がります。ここが、「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」。今回は、わたくし東京グルメサロン主宰のハツが、グルメレポで取材に伺いました!

外観も重厚感がありますが、店内の内装はホワイトとブラウンで統一されていて落ち着いた雰囲気もありながら、極上ステーキを味わうのにピッタリのラグジュアリーな空間になっています。

150坪という広々とした店内は、都会の中心にいるとは思えない優雅な雰囲気。

ここで味わう料理は、熟成にこだわった極上ステーキはもちろん、シーフードやサイドメニュー、デザートなど幅広いメニュー。テーブルで仕上げるライブパフォーマンスも私たちを楽しませてくれるんです。
さらに、料理に合わせて楽しむペアリングにも注目。料理とワインのマリアージュを余すことなく堪能してください。

1皿目に合わせて、「モエ・エ・シャンドン グランヴィンテージ」を。最高級の味わいと共にコースのスタートです。

料理は、新鮮なシーフードがたっぷり詰まったシーフードプラッター。
大き目にカットされたクラブミート、ぷりっと色鮮やかなソフトシュリンプに、フレッシュなオイスターなど豪華食材の盛り合わせ!
レモンやカクテルソース、赤ワインビネガーなどオリジナルのソースをお好みで添えて召し上がれ。

続いてのワインは、「ニュートン アンフィルタード シャルドネ」。

シーザーサラダ、そしてクルトンのサクサク食感と共に楽しみましょう。
また、驚くのはサラダの上に乗った超厚切りのベーコン!
こんなに厚切りで大きなベーコンにも関わらず、ナイフを入れると柔らかくてジューシー。
脂まで甘く、ルッコラとの相性も抜群ですよ。

シーフード、サラダにクラムチャウダーなどを堪能した後は、お待ちかねのステーキです。
お肉には、「ウルフギャング・ステーキハウス」同様、米国農務省が最上級品質“プライムグレード”に格付けした希少な牛肉のみを使用。品質はもちろん、熟成と焼き加減にとことんこだわった極上のステーキです。

冷凍せずに仕入れた肉を28日間、温度・湿度を徹底管理した専用熟成庫でドライエイジングしているんです。それにより旨味と柔らかさが増した赤身肉を厚切りにして、900℃のオーブンでお皿ごと焼き上げます。

テーブルに運ばれてきたお皿からはジュージューと音を立て、食欲をそそります……!目の前でサーブされたお肉を頬張れば、熟成した香ばしい香りと、じゅわっと肉汁が広がります。

サイドに添えられているのは、マッシュポテトとクリームスピナッチ。Tボーンとの組み合わせは定番ですね。

もちろんワインは赤、「ニュートン アンフィルタード カベルネ・ソーヴィニヨン」を合わせます。

熱々のお肉をガッツリといただいた後は、ニューヨークスタイルチーズケーキ。ほんのり甘く、しっとりした舌触りに仕上がっています。

ゆったり座れるテーブルのメインダイニングの他、個室も完備されているので、大切な人との食事やビジネスシーンにも重宝する「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」
Tボーンステーキやシーフードなど、それぞれの料理とワインのマリアージュを味わってみてはいかがでしょうか?

「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」の記事をもっと読む

【個室紹介の記事】「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」の個室を取材。青山にある人気ステーキ店ならではの上質な個室をご紹介

ステーキ

ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー

東京メトロ銀座線 外苑前駅 徒歩1分

20,000円〜

アクセス
住所: 東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE 1F

お肉料理をもっと楽しみたい方はこちらもチェック!

六本木エリアで極上の肉料理が楽しめるレストラン 6選

会食・接待におすすめ!六本木・麻布の個室で鉄板焼きが食べられるお店 8選

会食・接待におすすめ!銀座の個室で鉄板焼きが食べられるお店 8選

ハツ

年間400軒のレストランを食べ飲み歩くグルメブロガー。美味しいものを食べて飲んで楽しむオンラインサロン「東京グルメサロン」主宰、約140人のメンバーで毎月20回以上のオフ会を開催中。 その他、さまざまなグルメメディアでグルメライターとして活動しながら、自身もインフルエンサーとしてグルメ情報をSNSで発信している。

このライターの記事をもっと見る
twitterlink

この記事をシェアする