極みの店|

「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」の個室を取材。青山でラグジュアリーなステーキ体験を

「極上のステーキ」を楽しめるお店「ウルフギャング・ステーキハウス」。2014年の日本上陸以来、上質な設えのもとでエイジングビーフをいただけると、幅広く支持を集めています。今回ご紹介する「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」は、2019年6月に東京・青山にオープンした新たな旗艦店。編集部が実際に訪れたところ、贅を尽くしたラグジュアリーな空間は、フォーマルな会食・接待にも最適だと実感しました。2人から利用可能な個室を中心に、沢山の写真と共にご紹介します。

専用の車寄せを完備した、ラグジュアリーな「ステーキハウス」

青山通りに面する商業施設「青山OM-SQUARE」に位置する「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」。

店舗入り口には専用の車寄せがあるため、雨の日でも濡れることなく入店可能です。

一歩お店に入ると見えてくる「ウイスキーラウンジ」。こだわりのスコッチなど、モルトウイスキーを約280種類と豊富に用意しています。クラシックホテルのような上質な空間は天井が高く、開放感を感じさせます。

夜、ライトアップされた「ウイスキーラウンジ」の様子。ラグジュアリーな印象を与えてくれる演出となっています。

ソファ席もあるため、お食事が始まる前や、食後の歓談にも最適なスペースとなっていました。

「ウイスキーラウンジ」からメインダイニングに続く廊下の間には、ガラス張りのワインセラーが。

メインダイニングは全部で58席。テーブル間の幅がしっかり取られているため、気兼ねせずにお食事が楽しめます。個室でなくてもかまわない会食・接待での利用にオススメです。

開放感溢れる、クラシックな雰囲気が特徴の個室

最大14人対応の個室の様子。窓が大きく、開放感のある造りとなっていました。

天井が高く、「ウイスキーラウンジ」やメインダイニング同様、クラシックな雰囲気が漂います。
なお、奥の扉(パーティション)は開閉でき、隣の個室とつなげることで22人対応の大きな個室としても利用できます。

壁が天井まで続く完全個室となっていますが、メインダイニングからの話し声などを少し感じる造りとなっていました。
取材時はランチタイムということで、メインダイニングには10組ほどのお客様がいましたが、会話の内容までは分かりませんでした。個室内で普通に会話をする分には、個室外にはほとんど漏れることはなさそうです。

最大14人まで対応可能ですが、今回は8人でのセッティングをお願いしました。席幅が広く、席と席の間には十分な余裕がありました。ステーキをいただく際も、隣の方の肘を気にしなくて済みそうです。

席後ろのスペースも広々としています。お手洗いで席を立つ際にも、スムーズな移動が可能です。
なお、お手洗いは男女別々となっており、メインダイニングのお客様と共通となります。
取材時、お客様がご利用中だったため写真は撮れませんでしたが、隣は最大8人まで対応する少し小さめの個室となっていました。2つの個室はつなげれば、約20人までの対応が可能です。

個室料金は掛からないのですが、お部屋の大きさによってご飲食の代金の下限が定められています。ディナータイムでは、2つの個室をつなげた場合は30万円以上、1つの個室のみであれば15万円以上、1つの個室を分割して利用する場合には10万円以上の利用をお願いしているとのこと。ランチタイムでは、下限が一律5万円となります。気になる方は、一度電話でのお問い合わせをオススメします。

エイジングビーフとワインのマリアージュを楽しむ

独自の技術で28日間熟成されたエイジングビーフを味わえる「ウルフギャング・ステーキハウス」。

2人から利用できるラグジュアリーな個室を完備するため、大切なゲストを極上のお肉でおもてなししたい時にもピッタリな環境です。

ワインは500種類と、コレクションがとても豊富な「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」。専属のソムリエが、その日のお肉に最適なボトルや、グラスペアリングを用意してくれます。
予約時だけでなく、着席後にチョイスをお願いすることも可能。食材とのマリアージュを楽しめるのはもちろんのこと、ゲストの好みにもマッチしたワインを選ぶことができます。

ラグジュアリーな空間で、極上のエイジングビーフをいただける「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」。青山通り沿いで、お店専用の車寄せも完備しているため、普段からハイヤーを利用するエグゼクティブをもてなすのにも最適な、ハイクラスなレストランでした。
接待をセッティングする機会が多いビジネスパーソンの方は、ぜひご自身の会食リストに「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」を加えてみてはいかがでしょうか。

「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」の記事をもっと読む

【食レポ記事】「ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー」グルメレポ。こだわり熟成ステーキをラグジュアリー空間で

ステーキ

ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー

東京メトロ銀座線 外苑前駅 徒歩1分

20,000円〜

アクセス
住所: 東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE 1F

謝 谷楓

「一休.comレストラン」のプレミアム・美食メディア「KIWAMINO」担当エディター。ユーザーの悩み解決につながる情報を届けられるよう、マーケットイン視点の企画・編集を心掛けています。

前職は、観光業界の専門新聞記者。トラベル×テック領域に関心を寄せ、ベンチャーやオンライン旅行会社の取材に注力していました。一休入社後は「一休コンシェルジュ」を経て、2019年4月から「KIWAMINO」の担当に。立ち上げを経て、編集・運営に従事しています。
【MY CHOICE】
・最近行ったお店:六雁
・好きなお店:すぎた
・自分の会食で使うなら:茶禅華
・得意ジャンル:日本料理
・好きな食材:雲丹/赤貝

このライターの記事をもっと見る
instagram link

この記事をシェアする