食レポ|

マッキー牧元の「焼鳥 瀬尾/東京ステーションホテル」グルメレポ。肉汁に満ちた焼き鳥に会いに東京駅へ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

グルメ界隈では、言わずと知れた食通・マッキー牧元さん。グルメも憧れる重鎮がこの程、一休.comレストランがプロデュースするプレミアム美食メディア「KIWAMINO」にライターとして参画することに! 今回は皆さん待望の、グルメレポをお届けします!

第一弾は、焼き鳥の名店「瀬尾/東京ステーションホテル」。マッキーさんの、味のある文章とともに、お店自慢のコース料理をご紹介します。
大人の雰囲気漂う店内で、くつろぎの時間を過ごせるこちらのお店は、大切な方との会食や、気心知れた方をもてなす接待にもお使いいただけますよ。

焼き鳥を急に食べたくなる時がある。
「ああ、今夜はどうあっても焼き鳥だな」と思うと、いてもたってもいられなくなる。

そんな時に、東京ステーションホテルの地下にある「瀬尾」はいい。
東京駅直結という地の利で、肉汁に満ちた焼き鳥が待っていると思うと、たまらなくなる。

「瀬尾」は、有名ガイドブック掲載の人気店、麻布十番「鳥膳 瀬尾」の支店である。
焼き鳥の美味しさは、いい鶏肉を吟味しているだけでなく、焼きの技術という点が重要なポイントだが、こちらはベテランの職人が仕事をした、十二分に満足がいく焼き鳥がいただけるのが嬉しい。
それでは、食べてみよう。
ある日のコースは、「胸肉西京味噌焼き 昆布の山椒煮添え」から始まった。
味噌の旨味が滲んだ胸肉の旨味が、食欲を刺激し始めたところに一本目が置かれた。

「セセリ」である。
きれいに焼けた首肉のタレ焼きは、串にたっぷりとしがみついている。
そいつを噛めば、くりっとした食感が弾み、中心部まで熱々の肉汁がある。
大ぶりな串は、この“中まで熱い”というところが肝心で、気分が上がってくる。

次は「モモ肉」のタレ焼きと来た。
大ぶりの肉に齧り付けば、これも熱々のエキスがほどばしる。
串の先端部が大きく、次第に小さくなっていく刺し方は食べやすく、飽きがこない。
またタレの味わいが、くどくなく、ほどが良いのもいい。

次は、もっちりとした食感で青々しい香りが抜ける、「よもぎ麩」である。
肉感的な串が二本続いたところで、麩でリフレッシュさせるという算段であろう。

続いて、「血肝(レバー)」のタレ焼きが運ばれた。
甘い。
表面がパリッと焼かれて、中はふんわりとムースのような食感である。
そしてねっとりと、レバーの甘みを広げる。

お次は、「つくね」と来た。
そのふっくらと膨らんだ体躯を前歯で噛めば、熱い湯気が立ち上る。
優しいうま味の中で時折アクセントする、微塵に刻んで混ぜられた紫蘇の香りがいい。
さあ盛り上がって来たぞ。

次は、「ハツモト」のタレ焼きである。
レバーにつながる心臓の根元部位で、脂が乗っている。
シコッシコッと弾むかのように、何回も噛む。
ううむこれは、脂とコラーゲンの甘みが入り混じる痛快があるなあ。

続いて「椎茸」が出された。実に香りがいい。

「うずらの玉子」である。噛んで驚いた。
なんと黄身が半熟ではないか。 香り
これは串から外れそうになって焼くのは大変だろう。
だがその苦心がある分、半熟ならではの黄身のねっとりした甘みを味わえる。

そして最後の串は、「手羽先」である。
これだけは、肉を串から外し、手で骨を持って齧り付こう。
そこには、前歯で骨から肉をせせりとる楽しみがあり、「鳥を食らっているぞぉ」と叫びだしたくなる衝動が走る。

以上で串は終わり、最後は「そぼろご飯」か「稲庭うどん」、「鳥スープご飯」だという。

しばし悩んだ挙句に、「鳥スープご飯」をお願いした。

これが脂や塩がきつくなく、丸い味である。
舌と胃袋に優しく、良き余韻を残したまま食事を終えることができた。
しかし店を出ながら思う。
よしこの次は、皮やハツ、砂肝も食べてやる。

そばから割烹、フレンチまで、ジャンルの幅広さだけでなく食材や料理への造詣の深さも併せ持つグルメが憧れる食通・マッキー牧元さん。串の香りが漂ってきそうな臨場感たっぷりのグルメレポをお届けました。涎が口の中に広がったそこのアナタ! 大切な方との会食を楽しみに、大人の雰囲気漂う「瀬尾/東京ステーションホテル」に訪れてみてはいかがでしょうか。

焼鳥

焼鳥 瀬尾/東京ステーションホテル

JR線 東京駅 徒歩1分

アクセス
住所: 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル B1F

マッキー牧元

マッキー牧元(「味の手帖」編集顧問) 国内、海外を問わず、年間700食ほど旺盛に食べ歩き、雑誌、テレビ、ラジオなどで妥協なき食情報を発信。近著に「超一流サッポロ一番の作り方」(ぴあ)がある。

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする