名店リスト|

白金エリアで一度は訪れたい和食の名店4選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

繁華街の喧騒から離れ、瀟洒な街並みが広がる白金エリア。今回は和食にフォーカスし、老舗の名店から誰にも教えたくない隠れ家のようなお店まで、プレミアム美食メディア「KIWAMINO」ならではのチョイスでご紹介いたします。

わずか5席の隠れ“茶室”で愉しむ懐石

茶懐石鮨

外苑西通りの程近く、閑静な住宅街に佇む「茶懐石鮨」は、看板も暖簾もない大人の隠れ家のようなお店です。凛とした店内には5席のカウンター席のみ。こぢんまりとしたお店ならではの一座建立のおもてなしで、束の間の非日常を過ごすことができるでしょう。

「茶懐石鮨」でいただけるのは、一汁三菜の茶懐石料理や、鉄羽釜で炊き上げたご飯を使ったお寿司。いずれも旬の食材が用いられ、四季の味覚・香りを堪能することができるでしょう。“茶室”だからこそ味わえる締めの甘味と八女の抹茶は、身も心も穏やかにしてくれます。

鮨懐石

茶懐石鮨

都営地下鉄三田線 白金台駅 1番出口より徒歩13分

10,000円〜11,999円

木の温もりあふれる空間で幻のうなぎを堪能

うなぎ割烹 白金 まつ本

白金台駅から徒歩約3分。大通りから1本入った路地裏に佇む「うなぎ割烹 白金 まつ本」は、街の喧騒とは無縁の落ち着いた空間。様々なシーンで使えるモダンな店内には、調理風景を眺められるカウンター席の他、ゆったり寛げる掘りごたつの席などが備わります。

25年以上の研鑽を積んだ職人の確かな技により供されるうな重や蒲焼きなどが魅力の「うなぎ割烹 白金 まつ本」。特に養殖数が少なく“幻”と呼ばれるブランド鰻「共水うなぎ」は、一度は食べてみたい逸品です。臭みがなく甘みのある脂の鰻は、天然ものよりおいしいと評されることもあるのだそう。

うなぎ・割烹・小料理

うなぎ割烹 白金台 まつ本

東京メトロ南北線 白金台駅 1番出口より徒歩3分

8,000円〜9,999円

庭園を眺めながら五感で食事を愉しむ老舗料亭

壺中庵/八芳園

約1万2,000坪の広さがある白金台の庭園「八芳園」内に佇む「壺中庵」。昭和25年創業の料亭は、実業家・久原房之助の邸宅を改修した数寄屋造りの建築。全てが庭園を望む個室になっていて、誰に気兼ねすることなくプライベートな時間を過ごすことができます。

伝統を基本に料理人の新しい感性が込められた逸品がいただける「壺中庵」。月替わりの献立は、全国から取り寄せた旬の食材を、ひとつひとつ吟味しながら考案されます。四季折々を感じる会席コースのほか、松坂牛や前沢牛などのブランド牛を使ったしゃぶしゃぶのコースなどがあり、様々なシチュエーションに合わせて利用したい名店です。

会席料理

壺中庵/八芳園

東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線 白金台駅 白金台駅下車50m (2番出口より徒歩1分)

20,000円〜

シックな一軒家でいただくこだわりの和牛料理

江とう

白金台駅から徒歩約4分、2020年8月にオープンした一軒家の創作和牛料理店「江とう」。黒一色のシックな外見は、まさに大人の隠れ家のようです。店内は和とモダンが融合した木の温もりを感じる空間で、落ち着いて食事をいただけます。

「江とう」でいただけるのは、各地から厳選して仕入れられるこだわりの黒毛和牛を使った料理。中でも主に使われる熊本県・阿蘇の「江藤和牛」は、畜産農家との連携があるからこそ味わえる自慢の逸品。新鮮な野菜や魚とともに、焼肉やすき煮で肉本来の旨味を味わいましょう。

和牛料理

江とう

都営地下鉄三田線 白金台駅 1番出口から徒歩4分

8,000円〜9,999円

使用する食材や調理法により、お店のこだわりが光る和食。日常の喧騒から一瞬だけ離れ、知る人ぞ知る白金エリアの名店に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

Ken

昔からの趣味である写真を仕事でも活かすため、「KIWAMINO」編集部にジョイン。趣味は世界各国の街歩きとその先々での写真撮影。特に夜景には目がありません。写真や文章を通じて、読者の皆様にわかりやすく、魅力的な記事をお届けします。
【MY CHOICE】
・最近行ったお店:日本焼肉はせ川 銀座店
・好きなお店:広東料理 センス
・自分の会食で使うなら:広東料理 センス
・得意ジャンル:中華 / バー
・好きな食材: 伊勢海老・ホタテ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする