会食リスト|

東京で絶品お蕎麦が味わえる名店 8選

プレミアム美食メディア「KIWAMINO」では今回、絶対に抑えておきたい東京都内に位置する、お蕎麦が美味しいおすすめの名店をご紹介!
まずは気の利いたつまみを味わって、お店自慢のお蕎麦をいただきましょう。

西麻布の閑静な住宅街に佇む隠れ家的蕎麦割烹

こうもと

広尾・西麻布の閑静な住宅街に佇む隠れ家的蕎麦割烹「こうもと」。1階にカウンターとテーブル、2階に個室、3階には食前・食後どのタイミングでも楽しめるラウンジが完備されています。

お蕎麦だけでも15種類近いメニュー。お蕎麦はコシがしっかりあり、喉ごし・歯ごたえは抜群です。おすすめは「吟醸からすみ蕎麦」。スパークリングワインとのマリアージュを愉しんで。

一品料理もこだわりが多く、蕎麦前の楽しみには欠かせない板わさや出汁巻き玉子ももちろん味わえます。なかでもお店自慢の一品は「飛騨牛フィレ肉ステーキ」。うま味たっぷりのお肉を堪能したら、〆は手打ち蕎麦をいただきましょう。

和食・そば割烹・一品料理

こうもと

東京メトロ日比谷線 広尾駅 5分

10,000円〜11,999円

毎日石うすで挽いた蕎麦粉を使用した絶品の手打ち蕎麦

和楽庵

仲御徒町駅から徒歩1分。地元の人や周辺に勤める方が足しげく通う「和楽庵」。白木と土壁が純和風の落ち着いた雰囲気を感じさせます。

自慢のお蕎麦は、毎日石うすで挽いた蕎麦粉を使用した手打ち蕎麦。製粉したてだからこその、香りのよい蕎麦が堪能できます。おすすめは「三色もり」。柚子の香りが爽やかな“柚子切り”、定番の“せいろもり”、味が濃く食べごたえのある“田舎もり”の3種類が味わえます。

蕎麦前におすすめの一品料理は、店主自ら豊洲市場にて厳選した食材を使用した刺身や天ぷらなど。それらを全国各地から集めた20種類以上の日本酒とともに、堪能してはいかが。

そば

和楽庵

東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅 徒歩1分

6,000円〜7,999円

古民家風の空間で静かにゆっくりと蕎麦前を愉しむ

しろう

表参道駅から徒歩6分。路地裏にひっそりと佇む「しろう」は、古民家風の一軒家。欄間や柱など古民家からの古材が利用され、店内はどこか懐かしい落ち着いた雰囲気を感じさせます。

席はカウンター、テーブル席のほか、個室も備わります。個室は各部屋で趣が異なり、様々な用途で利用可能です。
店自慢の手打ち蕎麦は「せいろ」「玄粉」「粗挽き」「変わりそば」など、こだわりのラインアップ。

お酒のあてで、おすすめしたいのが「鴨葱の陶板焼き」。鴨と葱が甘めのタレと絡まり合い、お酒がすすみます。12歳以下のお子様は入店できない、ゆっくり静かに食とお酒を楽しみたい方にぴったりのお店です。

蕎麦・天婦羅

しろう

東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅 A2出口 徒歩6分

6,000円〜7,999円

料理長のオリジナリティあふれる、新感覚の蕎麦と出会う

蕎麦懐石 義

恵比寿駅より徒歩4分。新茶屋坂通り沿いに佇む「蕎麦懐石 義」。店内は入り口側がすべてガラス張りになっており、白を基調とした設えと相まって開放的な空間となっています。

オーナーシェフは、ニューヨークの三ツ星の和食店で研鑽を積み、予約の取れない日本料理店「賛否両論」で料理長を務めた方。賛否イズムを継承しながらも、料理長のオリジナリティあふれる、新感覚の蕎麦が堪能できます。

懐石コースは、先付から始まり、揚げ物、お椀、向付、おしのぎ、水菓子まで、〆の蕎麦をおいしく食べるために構成されています。水菓子にもしっかり感じられるこだわりを愉しんでください。

蕎麦懐石

蕎麦懐石 義

JR線 恵比寿駅 スカイウォークから徒歩4分

6,000円〜7,999円

いつでも打ち立て作りたてのお蕎麦が味わえる

手打ち蕎麦 汐見

早大通り沿いに佇む「手打ち蕎麦 汐見」。白木のカウンターが印象的な空間の店内は、スタッフの活気が伝わる親しみやすい雰囲気です。名店で研鑽を積んできた店主の逸品を味わおうと多くのお客様が訪れています。

こだわりは、蕎麦の実から作る手打ち十割蕎麦。群馬県赤城の蕎麦にこだわり、毎朝自家製粉し、その日に提供する分だけを何度かに分けて作っています。

ウニや松茸など、その時期もっとも美味しい旬の幸を使った一品も人気。素材にこだわり、店主自ら築地に通い魚介類を仕入れ、野菜も地場産野菜を直送してもらうほど。スタッフのみなさんの活気を感じながら、楽しいときを満喫しましょう。

手打ち蕎麦

手打ち蕎麦 汐見

東京メトロ東西線 早稲田駅 1番出口より徒歩8分

6,000円〜7,999円

快活な女将との会話も楽しみながら手打ち蕎麦をいただく

浅草じゅうろく

浅草駅から徒歩8分。カウンター8席とテーブル個室が2部屋のみというこぢんまりとしたお店「浅草じゅうろく」。快活な女将とのやり取りも魅力的な、下町浅草を感じさせるお店です。

自慢の蕎麦は、女将が丁寧に手打ちした二八蕎麦。蕎麦出汁は、本枯節を中心にした厚削りのみで取り、蕎麦との相性を考えた新時代の江戸蕎麦の出汁を提供しています。

蕎麦前に合う季節の料理やお寿司も魅力。2020年8月には、伊豆に「浅草じゅうろく修善寺はなれ」をオープン。このお店のオープンで狩野川の天然鰻やスッポンなど、なかなか流通していない食材を使った一品も味わえるようになっています。

そば、鮨

浅草じゅうろく

つくばエクスプレス線 浅草駅 徒歩約8分

12,000円〜14,999円

お蕎麦とともに人気日本料理店の味も堪能できる

そばがみ

日比谷駅から徒歩1分。日比谷ミッドタウンの3階フロアにある「日本料理「神谷」が手掛ける店「そばがみ」。木の温もりを感じさせる店内は、カウンターとテーブル席、個室が備わり、様々なシチュエーションで利用できるお店です。

本格的な会津産手打ち蕎麦。そして2020年3月に、惜しまれながら閉店した「神谷 銀座店」の日本料理を、「神谷 名古屋店」に行かずとも気軽に味わえます。

蕎麦前の逸品も様々あり、それに合わせるお酒も豊富。日本酒・ワインリストの中から、ワインソムリエであり、日本酒にも詳しい料理長が料理に合ったお酒を提供してくれるそう。落ち着いた店内で優雅なひとときを過ごしましょう。

そば

そばがみ

都営地下鉄三田線 日比谷駅 徒歩1分(直結)

6,000円〜7,999円

星を獲得し続ける理由は絶品の更科蕎麦と出し汁を使った一品

JR恵比寿駅から徒歩5分。土壁に木を基調とした店内が温かさと居心地の良さを感じさせる蕎麦懐石「翁」。更科蕎麦の老舗で知られる「麻布更科」で料理長を務めた中島氏が、「麻布更科」の8代目・堀井氏と共にオープンしたお店です。

「翁」でいただくのは、蕎麦の実の芯だけを使った純白の蕎麦「更科蕎麦」。江戸蕎麦の伝統をそのままに、ほんのりとした甘みと喉ごしの良さを味わって。そのほかにも、名物の変わり蕎麦「トリュフ蕎麦」もおすすめです。

旬の素材を使用し、蕎麦つゆの出汁を生かした、ここでしか味わえない絶品料理の数々。星を獲得し続けるその理由をぜひ体験してみてください。

蕎麦会席

東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より徒歩3分

20,000円〜

お蕎麦だけはなく、蕎麦前も楽しめるお店をご紹介しました。ぜひ、お気に入りの一軒を見つけてみてはいかがでしょうか。

吉田フトシ

放送作家、人材業界系メディアの編集・制作を経て、現職。小学生の娘をもつ1児の父。アルコール(日本酒、焼酎、ウィスキー)を好むのは祖母譲り。読者のみなさまには、気づきのある多くの情報をお届けいたします。よろしくお願いいたします。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:ジランドール
・好きなお店:広東料理 センス
・自分の会食で使うなら:「赤坂浅田」
・得意ジャンル:和食 / バー
・好きな食材: ジビエ、白子

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする