会食リスト|

“こころに贅沢”が叶う一休Plus+のレストラン【日本料理編】

一休.comレストランが、名店や新進気鋭のレストランの中でも、特に予約が困難な店舗を厳選した「一休.comレストランPlus+」。一休.comレストランのお店の中でも、外せない会食・接待にも安心して使え、 “こころに贅沢”な体験を叶えてくれるお店を紹介しています。
今回は、2020年4月時点で「一休.comレストランPlus+」に加盟する日本料理店をご紹介いたします。

名陶工・西岡小十の名を冠する銀座並木通りの名店

銀座 小十

銀座・並木通りとみゆき通りの交差点付近に佇む「銀座 小十」。「ミシュランガイド東京」常連の名店の暖簾をくぐると、古唐津の名陶工・西岡小十の趣深い器が展示されています。様々なシーンに対応できるよう、カウンター席と3つの完全個室が用意されています。

行き届いたおもてなしと共にいただくのは、素材の旬を堪能できるよう丁寧に仕立てられた料理の数々。パリやニューヨークにも出店し、世界中で和食ファンを生み出す店主・奥田透の熟達した技術による逸品をいただけます。料理は、西岡小十氏の器に乗せて供されることも。

懐石・会席料理

銀座 小十

東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線 銀座駅 徒歩1分

20,000円〜

西麻布の「一つ星」隠れ家で、「肉割烹」を楽しむ

東京・西麻布の交差点から徒歩1分ほど、閑静な住宅街の近くに「常」は位置しています。コンクリート打ちっ放しのデザイナーズビルの2階まで上がり、看板のない玄関をくぐると、珪藻土を用いた塗り壁に囲まれる和モダンなカウンター席と個室が出迎えてくれます。

「赤坂 菊乃井」や「日本料理 かんだ」で研鑽を積んだ店主・常安孝明氏が繰り出すのは、本格的な日本料理に和牛を取り入れた「肉割烹」。関西を代表する畜産場「川岸牧場」の神戸牛と共に、日本料理を知り尽くした店主が組み立てる和のコース料理を楽しめます。

割烹・小料理

東京メトロ日比谷線 広尾駅 駅から徒歩約12分

20,000円〜

青山の一角に佇む大人の隠れ家で至福のマリアージュを

御料理 宮坂

「御料理 宮坂」が佇むのは、「根津美術館」にも近い南青山4丁目の一角。黒漆喰が印象的なスタイリッシュな店内には、凛とした空気が漂います。美しい木目が特徴のカウンターテーブルなど、隠れ家と呼ぶに相応しい上質な設えが大人の時間を演出します。

美しい八寸からスタートする「御料理 宮坂」のお料理。叶うならば、厳選した素材ならではの旬の美味しさと共に、店主の宮坂展央氏がセレクトした日本酒をいただきましょう。忘れがたいマリアージュを堪能できます。〆に登場する土鍋で炊いた「白米」も必食です。

日本料理

御料理 宮坂

東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅 A5口 徒歩7分

20,000円〜

世界を魅了する「日本の豊かさ」が詰まった一皿

日本料理 龍吟

山本征治氏が率いる「日本料理 龍吟」。「ミシュランガイド東京2020」で三ツ星評価のこの名店を目指して、世界各国のエグゼクティブが集います。「東京ミッドタウン日比谷」の7階には、皇居のお濠を一望するメインダイニングと、最大8人収容の完全個室をご用意。

「日本の豊かさを皿の上に…」をコンセプトとしたコース料理には、日本全国から厳選された食材を使用。提供される一皿一皿とコースの流れを通じて、至福のひと時を体感できます。料理とお酒のペアリングにも注力しており、日本酒やワイン、お茶に至るまで厳選に厳選を重ねたドリンク類も豊富に用意しています。

懐石・会席料理

日本料理 龍吟

東京メトロ千代田・都営地下鉄三田線 日比谷駅 駅直結

20,000円〜

三田の名店で、時間を惜しまない丁寧な仕事に酔いしれる

日本料理 晴山

東京・三田エリア、桜田通りから一本横道に入ったビルの地下1階に位置する「日本料理 晴山」。漆塗りのカウンター席とガラスの壁で仕切られた最大6人まで対応する半個室は、大切な方との会食にも安心して使える美しい設えとなっています。

無農薬野菜をはじめ新鮮な食材本来の美味しさを引き出すために、店主の山本晴彦氏は、丁寧な下ごしらえや、時間を惜しまず出汁を引くことで知られています。オープン2年目にして「ミシュランガイド東京」二つ星という快挙にも、納得のお料理をいただきましょう。

懐石・会席料理

日本料理 晴山

都営地下鉄浅草線・三田線 三田駅 A3出口より徒歩約8分

20,000円〜

店主のスペシャリテと至高のマリアージュを楽しむ

山崎

白木のカウンターが美しい、西麻布の名店「山崎」。大人の隠れ家然とした純和風の店内に一歩足を踏み入れると、美しい白木のカウンターがお出迎え。最大4人まで対応する完全個室もあり、会食でもご利用いただけます。

2018年にオープンし、「ミシュランガイド東京2019」で早くも一つ星に輝いた「山崎」。店主の山崎志朗氏が提供するスペシャリテ「炭火焼のスッポン」やお椀に舌鼓をすれば、その実力に首肯せざるを得ません。山崎氏はソムリエの資格も有し、至高のマリアージュの提案にも余念がありません。

懐石・会席料理

山崎

東京メトロ千代田線 乃木坂駅 徒歩6分

20,000円〜

圧巻の設えの中で、四季折々の食材を楽しむ贅沢を

くろぎ

湯島の名店「くろぎ」が、大門に移転したのは2017年。一層お客様に喜んでいただけるくつろぎの空間とおもてなしを実現するため、席数を敢えて減らしたことでも有名です。黒塀に囲まれた数寄屋造りの外観や、和を感じさせるカウンター席と個室は圧巻です。

故・西健一郎氏が率いた「京味」で研鑽を積んだ、店主・黒木純氏が提供するのは「おまかせコース」のみ。昼夜問わず同じ食材、仕立てとなっています。大分のウニやハモやアユ、松茸など、日本全国から取りそろえた季節の素材の美味しさをいただけます。

懐石・会席料理

くろぎ

都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅 A6出口より徒歩2分

どのレストランも、グルメなエグゼクティブや一休.comユーザーの方に満足していただける個性と魅力に溢れています。ぜひ、大切な会食・接待でご利用ください。

謝 谷楓

「一休.comレストラン」のプレミアム・美食メディア「KIWAMINO」担当エディター。ユーザーの悩み解決につながる情報を届けられるよう、マーケットイン視点の企画・編集を心掛けています。

前職は、観光業界の専門新聞記者。トラベル×テック領域に関心を寄せ、ベンチャーやオンライン旅行会社の取材に注力していました。一休入社後は「一休コンシェルジュ」を経て、2019年4月から「KIWAMINO」の担当に。立ち上げを経て、編集・運営に従事しています。
【MY CHOICE】
・最近行ったお店:六雁
・好きなお店:すぎた
・自分の会食で使うなら:茶禅華
・得意ジャンル:日本料理
・好きな食材:雲丹/赤貝

このライターの記事をもっと見る
link

この記事をシェアする