会食リスト|

トリュフを楽しめる、会食・接待にオススメのレストラン 6選

冬の味覚と言えば、世界三大珍味のトリュフは外せません。最近は日本でもトリュフを扱うお店が増えてきました。今回は一休.comレストランに掲載されている、都内のお店の中でも、特にトリュフが食べられるオススメの6軒を厳選してご紹介します。

フランスで愛されている、トリュフ料理専門店の日本支店

テール・ド・トリュフ 東京(東京・外苑前)

https://restaurant.ikyu.com/103134/

フランスのニースに本店を構え、世界中の食通たちから好評を博しています。本店同様に、プロヴァンス風の優雅な空間でトリュフ尽くしのお料理を味わえます。デザートは勿論、飲み物もトリュフとの相性を考えたワインなどが用意されており、トリュフ好きにはたまりません。
会食・接待にも使える個室を3つ、ご用意しています。

トリュフ専門店

テール・ド・トリュフ 東京

東京メトロ銀座線 外苑前駅 1a出口 徒歩3分

15,000円〜19,999円

希少価値の高いトリュフを、パリ本店と同等のクオリティで

Artisan de la TRUFFE PARIS 東京ミッドタウン店(東京・六本木)

https://restaurant.ikyu.com/108152/

オーガニック食材にこだわり、トリュフを始めとする食材のほとんどを南フランスから直送。パリの本店同様に、トリュフを使ったお料理をコースでもアラカルトでも堪能することができます。店内ブティックで販売されている、トリュフを練りこんだタリアテッレなどのオリジナル商品も人気です。
プライベート空間でお食事を楽しめる、個室を1つ用意しています。

フランス料理

Artisan de la TRUFFE PARIS 東京ミッドタウン店

都営地下鉄大江戸線 六本木駅 8番出口より直結

8,000円〜9,999円

テーブルの上でスライスして完成、お気に入りのトリュフを楽しんで

Margotto e Baciare(東京・広尾)

https://restaurant.ikyu.com/106248/

名店で修業を重ねてきた加山シェフら、兄弟のお料理。食べる前の仕上げは、自分で選んだトリュフを思い思いにかけることで完成します。お料理だけでなく、ワインやシェリーにトリュフを浸して飲むのもまた一興です。食べ切れないトリュフは、キュートなパッケージでお持ち帰りもできます。
半個室スタイルですが、落ち着いてお食事をいただけるお席を3つ用意しています。

フランス料理・トリュフ

Margotto e Baciare

東京メトロ日比谷線 広尾駅 3番出口 徒歩8分

15,000円〜19,999円

冬の訪れとともにやってくる、極上の「トリュフ・ソワレ」

レストラン クレッセント(東京・御成門)

https://restaurant.ikyu.com/106678/

言わずと知れた日本を代表するグランメゾン「レストラン クレッセント」。トリュフをしっかり楽しめるお料理が用意されています。きめ細かなサービスとお酒に酔いながら、心ゆくまでトリュフの魅力を味わうことができます。
個室が6つと、会食・接待での利用時も安心です。

フランス料理

レストラン クレッセント

都営地下鉄三田線 御成門駅 A2番出口 徒歩3分

20,000円〜

トリュフとご飯が見事に調和した、和食の名店の大人気メニュー

麻布 かどわき(東京・麻布)

https://restaurant.ikyu.com/109656/

国内のみならず、海外からも多くの食通が訪れる「麻布 かどわき」。お料理はどれも絶品ですが、店主はトリュフの炊き込みご飯を最初に提供したことでも有名です。土鍋の蓋を開けた時のなんとも言えない食欲をそそる上品な香り、一度で虜になる魅力があります。
個室は大小合わせて3つご用意しています。

割烹・小料理

麻布 かどわき

東京メトロ南北線 麻布十番駅 4番出口 徒歩5分

20,000円〜

フランス三ツ星レストラン直伝、伝統と洗練のトリュフ料理

レ セゾン/帝国ホテル 東京(東京・有楽町)

https://restaurant.ikyu.com/100385/

「帝国ホテル 東京」のメインダイニング「レ セゾン」。フランスの名シェフであるジェラール・ボワイエ氏から伝授された黒トリュフのパイ包み焼きは冬季のみの提供で、多くのグルマンが毎年楽しみにしています。贅沢な空間で至高のトリュフ体験ができます。
プライベートな時間を過ごせる個室は4つ。国内屈指のホスピタリティとともに、トリュフ料理をお楽しみください。

フランス料理

レ セゾン/帝国ホテル 東京

JR線 有楽町駅 徒歩5分

20,000円〜

トリュフを使ったお料理は、日本人にもすっかり身近な存在になってきていると思いますが、それぞれ独特の進化や斬新な発想があり、まだまだ知らない美味しさがあるのではないでしょうか。今回ご紹介したお店の中から、新しい美味しさを皆様に発見していただけましたら幸いです。

橋本 恭一

美味しいお酒とお料理を求め続ける 都内屈指の胃袋&肝臓フル回転系ライター。 和洋中ジャンル問わず、王道の古典料理から イノベーティブ系のお料理にどんなお酒が合うかを ひたすらに追い求めており、食前食後などのバーの 楽しみ方も皆様にお伝えしてまいります。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:Buca del Tappo/サエキ飯店/赤坂 らいもん/鮨 みうら
・好きなお店:日本料理 晴山/ラ クレリエール/私厨房 勇
・自分の会食で使うなら:くろ﨑/リストランテ ペガソ/Panacee
・得意ジャンル:フレンチ/イタリアン/バー
・好きな食材:サルミソース/真鱈の白子/生トリ貝

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする