金沢で日本庭園を眺めながら優雅にランチを楽しめる日本料理店5選

日本三名園として有名な兼六園など、美しい日本庭園が点在する金沢。そんな庭園を眺めながらのランチは金沢ならではの贅沢です。今回は、ていねいに手入れをされた木々の緑あふれる食事処で、ゆったり非日常のひとときを過ごしてみたい、そんな5店を紹介します。

1.静寂に包まれた空間で味わう200年の歴史と滋味豊かな会席料理

かなざわ玉泉邸(石川県/金沢駅)

築200年以上の武家屋敷を趣あるガーデンレストランにアレンジした「かなざわ玉泉邸」。金沢駅から車で10分ほどのところにあり、周囲の静寂に包まれた空間に心安らぎます。

窓から見える「玉泉園」の歴史は古く、江戸初期から約100年を費やし完成した武家庭園。約720坪の広大な敷地に広がる上下二段式の池泉回遊式庭園は、季節によって表情を変え訪れた人を魅了します。

ランチでは、先付からはじまり御造り、焼物、炊合、最後に菓子と約9品の本格的なコース料理を味わえます。加賀野菜や地元の新鮮な魚介など、北陸ならではの旬素材を使用した料理の数々。滋味豊かな四季折々の料理が並ぶ会席料理を「玉泉園」の景観美のなか、思う存分堪能してはいかがでしょうか。

懐石・会席料理

かなざわ玉泉邸

JR線 金沢駅 車10分/バス15分

10,000円〜11,999円

2.広大な敷地に四季折々の美景を眺めつついただく名物御膳

山乃尾(石川県/金沢駅)

明治23年開業の老舗料理旅館「山乃尾」。金沢城の東側にある卯辰山の中腹に位置し、緑に囲まれた赴きある佇まいはどこか神秘的な雰囲気も感じられます。打ち水された玄関、路地を抜けると一棟一棟が独立した離れとなっており、贅沢な空間で食事ができます。

2,000坪という敷地にある、ていねいに手入れをされた庭園は、春と夏には木々や苔の緑を、秋には色づく紅葉を眺めることができ、冬には雪化粧した銀箔世界が広がります。その自然が織りなす美しい景色に思わずうっとりすることでしょう。そんな雅な空間をランチで気軽に楽しめる御膳は【治部煮御膳】、【のどぐろ御膳】、【うなぎ御膳】から選べ、それぞれ甘味を含めた2~3品と共に味わえます。プライベートな個室で、庭園を眺めつつその瞬間の美しさを五感で感じてみては。

懐石・会席料理、郷土料理

山乃尾

線 駅 JR線・新幹線金沢駅よりタクシーで約15分

20,000円〜29,999円

3.趣ある石庭を囲みながら、地産地消にこだわった加賀料理を堪能

かなざわ石亭(石川県/金沢駅)

金沢の風情を感じる歴史ある町屋造りの「かなざわ石亭」。「金沢21世紀美術館」からほど近い場所でありながら、店内は騒音を感じさせない静かな佇まいです。店名は石庭を囲むように建てられたことが由来となっており、晴れた日には木々の間から木漏れ日が落ち、何とも趣ある庭園が魅力。

地産地消を大切に厳選する食材は、金沢名産の加賀野菜や冷涼な日本海で育った魚介など新鮮なものばかり。ランチでは四季を満喫できる会席料理の他、御膳やしゃぶしゃぶをいただけるコースなどさまざま。なかでも、しゃぶしゃぶは看板料理の1つで、その日ごとに質の良い国産の牛肉を選びぬき使用しています。とろけるように柔らかく甘味のある上質な脂を含んだお肉は、自家製のポン酢や秘伝のゴマダレで味わいましょう。

日本料理

かなざわ石亭

JR線 金沢駅 車で10分

12,000円〜14,999円

4.歴史を感じる日本庭園と、彩り豊かな加賀料理で感じる金沢の魅力

金城樓(石川県/金沢駅)

歴史的な街並みや美しい自然が残る浅の川界隈に佇む「金城樓」。創業130年以上の歴史が醸し出す荘厳な設えと趣が、訪れる人を魅了します。料亭内には、プライベートな時間を過ごせる2名個室から、大部屋まで合計8室の異なる部屋を完備しています。

前田家のころからほとんど変わらぬ姿の庭園内には、庭師の技によって整えられた樹齢数100年を超える槙の樹や、豊臣秀吉が愛でたという太閤七石の1つである「不二石」などが鎮座。四季折々の雅な庭園風景にわびさびの精神を感じることでしょう。食事では伝統的な加賀料理を堪能できます。旬を把握し能登の珍味や日本海の幸を一番良い方法で調理した料理が登場。ランチのなかでも「【季節の会席料理】約9品」がおすすめです。彩り豊かに盛り付けた見目麗しい料理と、庭園風景に非日常を感じずにはいられません。

懐石・会席料理

金城樓

JR線 金沢駅 車で10分

15,000円〜19,999円

5.建物の6階で優美な日本庭園と、多種多様な和食を堪能できる特別な空間

日本料理 弁慶/ホテル日航金沢(石川県/金沢駅)

金沢駅から徒歩約3分とアクセスが良いく、店内は和の情緒が漂う「日本料理 弁慶/ホテル日航金沢」。数寄屋造りの建物と日本庭園が広がる空間は、ここがホテルの6階であることを忘れてしまうほどゆったりとしています。

店内は個室や茶室をはじめ、カウンター席、大窓から中庭の風景を眺めつつ会話を楽しめるテーブル席とシチュエーションに合わせたお席があるのも魅力。季節や天気によってうつろう日本庭園は、日々その瞬間にしかないわびさびの美しさを映し出しているようです。食事は “金沢らしさ”を大切にした料理を提供。ランチでも味わえる金沢の旬の味を盛り込んだ会席料理では、基本と伝統に立ち返りつつ加賀料理を取り入れた同店ならではの一皿が続きます。他にも、職人の技が光る寿司コースや天ぷら、ステーキ御膳など、そのラインアップの多さに思わず心躍ることでしょう。

懐石・会席料理

日本料理 弁慶/ホテル日航金沢

JR北陸新幹線・北陸本線 金沢駅 徒歩3分

12,000円〜14,999円

いずれも金沢を代表する日本料理店は、緑あふれる庭が美しい名店ばかり。一度は体験してみたい雅な空間でのランチ、ぜひ、新緑の時期に訪れてみてはいかがでしょうか。

※こちらの記事は2024年07月10日作成時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

Sonoka Watage

スイーツ専門メディアから「KIWAMINO」編集部へ。美味しいだけじゃない食文化の面白さや、作り手の思いを発信していきます。
好きなワインはピノノワール。お気に入りはカウンターで食べるデセールコース。
【MY CHOICE】
好きなお店:ADI /FARO
好きなジャンル:スイーツ/イタリアン

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする