Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中 Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中

食通なら押さえておきたい、2023年にオープンした話題の和食店 東京編

新しい飲食店が続々と登場し、目が離せない東京のグルメシーン。その中でも今回は、2023年にオープンし、話題を集めている東京の和食店をご紹介します。食通なら見逃せない、個性豊かで魅力溢れる和食店を厳選しました。

1.すっぽんと滋味溢れる料理が魅力の和食店

志龍(東京都/麻布十番駅)

麻布十番駅から徒歩約1分のビル6階に、2023年5月にオープンした完全予約制の「志龍」。すっぽんの名門こと「服部中村養鼈場」から毎日仕入れるすっぽんを始め、和牛やカニを中心とした滋味溢れる和食の数々を提供する日本料理店です。洗練された雰囲気の店内は、L字型のカウンター7席のみ。

お店で人気No.1の「すっぽんコース」に登場する丸鍋のすっぽんスープは、訪れたらぜひいただきたい一品。贅沢にも一人あたり約3匹分のすっぽんを使用した超濃厚スープです。黄金色に輝く白湯スープを口にしたら、その味わい深さに思わず感嘆の声が漏れることでしょう。料理に合わせてセレクトされた、日本酒やワインと共にぜひ堪能してみては。

日本料理

志龍

都営大江戸線 麻布十番駅 1出口徒歩1分

20,000円〜29,999円

2.国産にこだわった四季折々の食材でもてなす創作和食

和食しんくろ(東京都/五反田駅)

2023年3月、五反田駅から歩いて3分程のビル2階にオープンした「和食しんくろ」。旬の素材を活かし、四季の味わいを楽しめる料理を振る舞ってくれる和食店です。店内には、ライブ感溢れるモダンなカウンター席のほか、接待や会食などにおすすめしたい4~8名まで利用可能な完全個室のご用意も。

店主の永山慎氏は、海鮮居酒屋などの飲食店に約12年勤め、独立した気鋭の職人。“日本のモノに特化した和食店”として、和をテーマに食材や器、お酒もすべて国産にこだわっているのだそう。店主自ら全国から集めた四季折々の食材を使用し、全8品のコース料理を提供しています。季節を感じる和食と、きめ細やかなおもてなしで寛ぎのひとときを過ごしましょう。

日本料理

和食しんくろ

JR線 五反田駅 徒歩3分

12,000円〜14,999円

3.本格焼鳥と繊細な日本料理を堪能できる充実のコース

神楽坂 門や(東京都/飯田橋駅)

飯田橋駅から徒歩約3分、神楽坂の路地裏に佇む「神楽坂 門や」は、銀座の人気店「焼鳥 月や」の姉妹店として2023年6月にオープンしました。凛とした大人の空間でいただけるのは“日本文化の「焼鳥」と世界に誇る伝統「日本料理」の融合”をテーマにしたこだわりの串と日本料理。

焼鳥のメインに使用するのは、伊達鶏の雌。繊細な日本料理との相性を考慮した伊達鶏の中でもフルーツのような独特の旨味が特徴です。熟練の焼き師が様々な部位を、ゲストの来店時間に合わせたベストな焼き加減で提供してくれます。焼鳥の合間には、素材の味を最大限に引き出した日本料理をいただくという、充実したコーススタイルも魅力。幅広く揃った世界中のシャンパーニュやワインとのマリアージュも、ぜひ楽しんでみては。

焼き鳥

神楽坂 門や

東京メトロ線 飯田橋駅 徒歩3分

10,000円〜11,999円

4.カウンター割烹ならではの臨場感を味わえる和空間

紀尾井町南かわ(東京都/麹町駅)

2023年7月にオープンした完全予約制の「紀尾井町南かわ」。麴町駅から徒歩1分程の、ビジネスマンが行き交う通り沿いに位置する日本料理店です。ビル4階の扉を開けると木の温もり漂う和空間が広がり、炭火の香りや包丁の音などが五感をくすぐります。座席は、店主の妙技と会話を楽しめるカウンター席に加え、4名まで利用可能な個室を完備。

地元九州の割烹料理店や、和食の名店「麻布 幸村」で長年の修業を積んできた店主が供するのは、四季の恵み豊かな日本料理。春は山椒、夏は甘鯛や鱧、秋は松茸に冬はカニなど。全国各地から集めた選りすぐりの食材が、季節に合わせたおまかせコースを彩ります。穏やかな雰囲気の中でリラックスして食事ができるでしょう。

日本料理

紀尾井町南かわ

東京メトロ有楽町線 麹町駅 1番出口より徒歩1分

20,000円〜29,999円

5.名店出身の店主が織りなす、季節感ある日本料理

東麻布 いち川(東京都/赤羽橋駅)

赤羽橋駅から徒歩約1分、麻布十番駅からも程近い場所に、2023年9月にオープンした「東麻布 いち川」。古民家を改装した店内は木目のカウンター席を始め、木の温もりが活かされた設えで、アットホームな雰囲気を醸し出しています。こちらでいただけるのは、季節ごとの厳選食材で仕立てた華やかな日本料理の数々。

店主の市川達也氏は、愛知県の焼鳥店で店長を務め、日本料理の技術を学ぶために上京を決意。その後、築地の仲卸業者を経て、恵比寿にあるミシュランガイド掲載店「紀風」でオープニングスタッフとして活躍した経歴の持ち主です。築地や修業先で培った目利き力と確かな技が織りなす季節感あるコースを通して、日本料理の真髄を味わえることでしょう。

日本料理

東麻布 いち川

都営大江戸線 赤羽橋駅 徒歩1分

20,000円〜29,999円

今回は、2023年に東京にオープンした話題の和食店をご紹介しました。
気になるお店はありましたか?次々と登場する新たな注目店やグルメシーンの話題は、ぜひ「KIWAMINO」でチェックしてみてくださいね。

※こちらの記事は2024年01月28日作成時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

Misa Kanbayashi

デザイナー職を経て、文字に関わる仕事が好きで「KIWAMINO」編集部へ。校正をメインに、さまざまな記事に触れています。じっくり味わうひとりごはんも、誰かと楽しむ食事も、とにかく美味しい食べ物を口にするひとときが自分にとっての日々の幸せ。記事を通して、魅力ある情報を皆様にお届けしていきます。

【MY CHOICE】
・気になるお店:ジャルダン ポール・ボキューズ/オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ/季音/RISTORANTE IL NODO
・好きなジャンル:フレンチ/イタリアン
・好きな食材:魚介類/羊肉/チーズ/卵

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする