Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中 Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中

体の芯から温まる!個性派鍋料理が楽しめる京都の和食店6選

寒さが続く季節には、体を芯から温めてくれる鍋料理が食べたくなりませんか?
鍋の楽しみ方は様々ですが、今回は京都で個性あふれる鍋料理を振る舞う和食店を6軒ご紹介します。冬ならではの定番料理を、ぜひお店で堪能してみてはいかがでしょう。

1.四季折々の京料理と共にいただく「やま岸」自慢の“だし鍋”

二条 やま岸(京都府/二条駅)

予約困難で知られる京都の名店「富小路 やま岸」の姉妹店として誕生した「二条 やま岸」は、二条駅から徒歩3分程の場所に佇んでいます。築およそ140年の古民家を改修した店内は、和の風情を感じられる上品な空間。こちらでは、旬の厳選食材で彩る“鍋物”をメインに据えた“鍋懐石”が楽しめます。

全10品程の料理で構成される懐石形式のコースは、月替わりで提供。メインとなる“だし鍋”は、火入れから取り分けまで料理長もしくは女将が目の前で丁寧に仕上げてくれるので、一番美味しい状態でいただけます。冬には「カニのしゃぶしゃぶ」や「のどぐろみぞれ鍋」も登場。こだわり抜かれた「やま岸」自慢のだし鍋と、温かなおもてなしを堪能しましょう。

会席料理

二条 やま岸

JR線 二条駅 徒歩3分

20,000円〜29,999円

2.和のオーベルジュで、季節の食材と「柚子鍋」を味わう

柚子屋旅館・一心居(京都府/祇園四条駅)

祇園・八坂神社の隣に佇む、和のオーベルジュ「柚子屋旅館」の1階にあるごはん処「柚子屋旅館・一心居」。こちらは、宿泊者だけでなく一般のゲストも利用可能です。館内に入ると凛とした空気が漂い、入り口では柚子の爽やかな香りが迎えてくれます。

お店で振る舞われるのは、京野菜や全国から厳選した柚子を中心に、各地の旬・名残のものを取り入れた懐石料理。なかでもお店自慢のメニューが、四季折々の素材と柚子を贅沢に使用した「柚子鍋」です。ほんのりと柚子の酸味を感じる出汁が効いた鯛や鱧、甘鯛といった季節ごとの食材のほか、〆の香り高い柚子雑炊も絶品。また、新鮮な魚介類や山の幸を活かした鮮やかな京料理も注目です。

京料理

柚子屋旅館・一心居

京阪本線 祇園四条駅 徒歩10分

15,000円〜19,999円

3.しゃぶしゃぶ発祥の店で守り継がれてきたオリジナルの逸品

十二段家 本店(京都府/祇園四条駅)

祇園四条駅から徒歩約5分。花見小路を少し脇に入ると目に留まる昔ながらの日本家屋が、日本のしゃぶしゃぶ発祥の店として知られる「十二段家 本店」です。築およそ150年の店内は、お茶屋さんを改装したシックな造り。各座敷には版画家の数々の作品が飾られ、和の趣を感じさせます。

昭和24年に、2代目と親交のあった鳥取の医師・吉田璋也らの助言を受けて考案された「牛肉の水炊き」は「しゃぶしゃぶ」として、誰もが知る日本の代表的な料理に。炭火を用いた銅製のしゃぶしゃぶ鍋に、厳選された京都牛のサーロインをサッとくぐらせて自家製のゴマだれでいただくのが、創業以来のオリジナルスタイル。守り継がれてきた芳醇な旨味を、じっくりと味わってみては。

すき焼き/しゃぶしゃぶ

十二段家 本店

京阪線 祇園四条駅 徒歩5分

15,000円〜19,999円

4.明治創業のすき焼きの老舗が守り続けてきた伝統の味

三嶋亭(京都府/三条駅)

初代が長崎で学んだ牛鍋を携えて、明治6年に創業したすき焼きの老舗「三嶋亭」。日本のすき焼き店の草分け的存在として約150年の歴史を誇り、国内外の食通の間でも知られる有名店です。行灯に瓦屋根、京都らしい古風な数寄屋造りの店構えが老舗の風格を漂わせます。

取り扱うのは、全国各地の上質な黒毛和牛から選び抜かれた牛肉を、独自の方法で熟成させた熟成黒毛和牛。ふくよかで奥深い味わいを「三嶋亭」独自の調理方法と、肉の旨味を際立てる秘伝の割下で召し上がれ。また、京都の美味しい水で育まれた京野菜が彩りを添えています。すき焼きのほか、水だきやオイル焼などの多彩な料理も人気です。

すき焼き・しゃぶしゃぶ

三嶋亭

京阪線 三条駅 徒歩8分

15,000円〜19,999円

5.すっぽん一筋の名店で堪能する、老舗の味

すっぽん料理 大市(京都府/二条駅)

江戸中期に創業以来約340年、18代にわたってすっぽん一筋で営業を続けてきた老舗「すっぽん料理 大市」。これまで政界・財界・文化人らが度々訪れ、志賀直哉や川端康成などの文学作品にも登場している国内外に名の通った名店です。献立は、昼夜共に鍋と雑炊が中心のすっぽんコースのみ。

使用するすっぽんは、専用の養鼈場にて独自の方法で飼育されたもの。「〇鍋(まるなべ)コース」は、先付の「すっぽんの肉のしぐれ煮」に始まり、一口サイズ程に切った骨付のすっぽん肉が入った「○鍋」が土鍋で提供されます。「熱々の状態で楽しんでほしい」との想いから「○鍋」は2度に分けてお目見え。餅と鶏卵でとじた〆の雑炊に至るまで、すっぽんのエキスと旨味がたっぷり詰まっています。

すっぽん

すっぽん料理 大市

JR線 京都駅 駅から京都市バス206系統で30分

6.和牛懐石の名店が手掛ける肉鍋専門店のインパクト抜群な逸品

KANEGURA(京都府/四条駅)

四条駅から徒歩7分程の場所に位置し、コンクリート造りの外観に赤い提灯が目を引く「KANEGURA」。独創的な和牛懐石で注目される名店「にくの匠 三芳」がプロデュースした肉鍋専門店です。信頼のある精肉業者から仕入れる近江牛や神戸牛などといった日本屈指の和牛を、気楽に楽しめます。

お店の名物は「KANEGURA肉鍋」。もやしと玉ねぎを赤い山脈のように牛肉が覆った見た目からインパクト抜群です。味わい方は、そのまま3分強火に掛けて蒸し焼きにし、甘じょっぱい特製ダレをかけてお肉の色の変化を見ながら、さらに1分程加熱。全体をかき混ぜて頬張る、というシンプルなスタイルながら、美味しさは格別です。ぐつぐつと煮込まれる音や香りに食欲をそそられ、思わず箸が進んでしまうことでしょう。

KANEGURA

烏丸線 四条駅 徒歩7分

今回は、様々な鍋料理を満喫できる京都の和食店をご紹介しました。寒い日にこそ食べたくなる鍋料理。個性派食材を使った本格的な鍋を味わって、体を芯から温めましょう。

※こちらの記事は2024年01月11日作成時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

Misa Kanbayashi

デザイナー職を経て、文字に関わる仕事が好きで「KIWAMINO」編集部へ。校正をメインに、さまざまな記事に触れています。じっくり味わうひとりごはんも、誰かと楽しむ食事も、とにかく美味しい食べ物を口にするひとときが自分にとっての日々の幸せ。記事を通して、魅力ある情報を皆様にお届けしていきます。

【MY CHOICE】
・気になるお店:ジャルダン ポール・ボキューズ/オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ/季音/RISTORANTE IL NODO
・好きなジャンル:フレンチ/イタリアン
・好きな食材:魚介類/羊肉/チーズ/卵

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする