会食リスト|

赤坂エリアで会食にオススメのレストラン5選

こんにちは! グルメブロガーのハツです。今回は、オフィス街の赤坂エリアで接待の時に知っていると重宝する料理店をご紹介。 和食から鍋、フレンチまで幅広いジャンルをピックアップしましたので、用途に合わせて選んでくださいね。

日本料理の伝統を繋ぐ現代和食

花のれん 花楽(東京・赤坂)

飲食店が多く立ち並ぶ赤坂通り沿いに、高級感漂う暖簾を見つけます。ここが「花楽」。店内は陶芸家の故・辻清明氏が手掛け、柱や壁などからも古民家風の雰囲気が漂います。1階には圧巻の一枚板カウンターにテーブル席を備え、地下には畳の個室も完備。海外からのゲストとの会食にもおすすめです。

料理長の中村英利氏が手掛けるのは、素材の持ち味を最大限に活かす和食。旬の食材を使った、四季折々の料理が楽しめます。金沢の老舗酒蔵「福光屋」の日本酒と共に味わってください。

懐石・会席料理

花のれん 花楽

東京メトロ千代田線 赤坂駅 7番出口 徒歩3分

12,000円〜14,999円

全行程をシェフ自ら行うこだわりのガストロノミー

FURUYA augastronome(東京・赤坂)

赤坂駅から徒歩2分。通りを1本入った静かな場所に佇む、フレンチレストラン「FURUYA augastronome」。
シンプルな外観ですが、店内に入ると木のぬくもりを感じる居心地のいい空間が広がります。


こちらで腕を振るうのは、ヨーロッパの3つ星レストランでの修業経験を持つシェフ、古屋賢介氏。「Dandy French」をコンセプトに、シェフのこれまでの経験から作られた絶品のフレンチが味わえます。特に、料理に使われるソースは一切作り置きをせずに、必ず一皿一皿で出来立てをご用意。美しく仕上げた料理を、ソースまで美味しく味わってください。

フランス料理

FURUYA augastronome

京京メトロ千代田線 赤坂駅 1出口より徒歩2分

10,000円〜11,999円

熟成黒毛和牛のしゃぶしゃぶが絶品

味鉄赤坂店(東京・赤坂)

赤坂駅からすぐ、赤坂サカス目の前にひっそりと佇む隠れ家的レストラン「味鉄赤坂店」。神戸の本店は、創業70年という老舗です。地下にある入口をくぐると、落ち着いた雰囲気の中、地下とは思えないような広々とした店内。

こちらでいただけるのは、魔法の鉄板と言われるお鍋で楽しむ、しゃぶしゃぶ。半すり鉢状の形をした特製のお鍋にたっぷりのもやしを入れ、お出汁を追加します。そこで、美しいサシが入った黒毛和牛をしゃぶしゃぶすれば、まさに極上の味が完成。14名まで入れるプライベート感たっぷりの半個室は、接待にもぴったりです。

神戸黒毛和牛専門店

味鉄赤坂店

東京メトロ千代田線 赤坂駅 徒歩1分

8,000円〜9,999円

上質な空間でヨーロピアンスタイルの鉄板焼き

YAKIYAKIさんの家 AKASAKA(東京・赤坂)

赤坂駅から3分のアクセスにもかかわらず、シックで落ち着いた雰囲気のある「YAKIYAKIさんの家 AKASAKA」。ゆったりとくつろげる個室で、新しいスタイルの鉄板焼きを楽しむことができます。

ライブ感たっぷりのカウンター越しに腕を振るうのは、シェフの大迫秀樹氏。ヨーロピアン料理の要素を取り入れた、今までに食べたことがないような斬新な鉄板焼きの数々を堪能することができます。目でも舌でも満足できる、大人の鉄板焼きを上質な空間で楽しんでください。

TEPPAN & EUROPEAN GRILL

YAKIYAKIさんの家 AKASAKA

東京メトロ千代田線 赤坂駅 7番出口より徒歩3分

6,000円〜7,999円

こだわりの豚肉と黄金出汁でいただく大人の豚しゃぶ

豚しゃぶ 金豚(東京・赤坂)

赤坂の一角、ビル最上階に位置するのが「豚しゃぶ 金豚」。店内はブラウンを基調としたスタイリッシュな雰囲気が漂い、半個室や個室も完備されているのでプライベートな会食や接待にも重宝します。

厳選した豚肉と、こだわりのお出汁を使ったしゃぶしゃぶは必食。全国より選りすぐった豚肉を黄金出汁にくぐらせ、塩や自家製ポン酢、ごまだれでいただきます。〆に黒トリュフの雑炊を堪能すれば、まさに大人のしゃぶしゃぶの完成です。

しゃぶしゃぶ

豚しゃぶ 金豚

東京メトロ千代田線 赤坂駅 1番出口より徒歩3分

6,000円〜7,999円

私が、自信を持っておすすめできる会食向きのお店5選。お店探しの手助けになりましたら幸いです。

ハツ

年間400軒のレストランを食べ飲み歩くグルメブロガー。美味しいものを食べて飲んで楽しむオンラインサロン「東京グルメサロン」主宰、約140人のメンバーで毎月20回以上のオフ会を開催中。 その他、さまざまなグルメメディアでグルメライターとして活動しながら、自身もインフルエンサーとしてグルメ情報をSNSで発信している。

このライターの記事をもっと見る
twitterlink