Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中 Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中

一度は訪れたい、和食の名店 大分編

四季の移り変わりと共に味わいたいのが、和食。日本の情緒ある季節の変化が美しく盛り込まれた和食は、目にも舌にも美味しい日本ならではの魅力をしみじみと感じられます。今回は、一度は訪れたい、大分県内にある和食の名店を5軒ご紹介。和の心と技を活かした旬の逸品を楽しんでみませんか?

1.豪華絢爛な八寸が評判!九州の食材が織り成す珠玉の日本料理

日本料理 別府 廣門(大分県/別府)

別府ICから車ですぐの場所にある「日本料理 別府 廣門」は、ミシュラン星付き料理店で活躍していた廣門泰三氏が営む一軒。蕎麦店やふぐ料理店でも研鑽を積んだ店主が、月替わりのおまかせコースを提供します。欅の一本木を用いた7席のみのカウンターは、目の前で料理が出来上がる様子を眺められる特等席と言えるでしょう。

店で使用する食材にも深くこだわり、生産者のもとへ店主自ら足を運んで厳選。大分や九州といった地元食材をメインに仕入れます。コースのなかでも特に評判なのが、スペシャリテとも謳われる豪華絢爛な八寸。日本の伝統行事や四季の移ろいを表現するなど、アート作品さながらの出来栄えは感動もの。締めに登場する店主手打ちの蕎麦も格別の味わいです。

懐石・会席料理

日本料理 別府 廣門

線 駅 別府ICよりお車で30秒

20,000円〜29,999円

2.臼杵の味覚を活かしたふぐ料理を、上品な和の空間で堪能

料亭 山田屋 臼杵本店(大分県/臼杵駅)

国内有数の好漁場・豊後水道の新鮮なふぐをはじめとする魚介類を使った料理を楽しめる「料亭 山田屋 臼杵本店」。東京・丸の内や西麻布にも支店を持つ老舗日本料理店です。少人数向けの個室のほか、64畳もの広さを持つ大広間も完備しており、様々なシーンで利用可能。風情ある日本庭園に面した個室で、非日常感のあるひとときを過ごせます。

大分県・臼杵は、昔から「ふぐを食すなら臼杵」と言われるほど、ふぐ料理が評判の地域。「料亭 山田屋 臼杵本店」も、臼杵の味覚を味わえるふぐ料理のコースが自慢です。前菜から始まり、ふぐ刺し・から揚げ・ふぐちりといった定番の品や締めの雑炊で、素材の旨味を余すことなく堪能できます。高級魚の代名詞でもあるふぐを、上質な空間で心ゆくまで味わってみては。

ふぐ

料亭 山田屋 臼杵本店

JR線 臼杵駅 徒歩6分

15,000円〜19,999円

3.海の幸からジビエまで、地元の旬を盛り込んだ“九州割烹”に舌鼓

味あら井(大分県/中津駅)

中津駅から歩いて10分ほどの住宅街に佇む「味あら井」は、地元の上質な食材を使った“九州割烹”を楽しめる一つ星の日本料理店。店主・荒井寛義氏の思いが込められた料理を目当てに、国内だけでなく海外から訪れる方も多いのだそう。遠方から来店するゲストには大分の食材を、逆に地元在住のゲストには県外から取り寄せた食材を使用するなど、料理への細かな配慮や工夫を惜しみません。

漁港が近いため、特に良質な海の幸を仕入れられるのが店の強み。中津の名物でもある鱧はもちろん、漁業権を持っている店主が自ら獲った鰻を振る舞うことも。天然ふぐや鴨肉・猪肉といったジビエにも力を入れています。店内には、カウンター席と掘りごたつの個室を完備。落ち着きある和の空間で、美味しい料理と銘酒をゆっくりと召し上がれ。

割烹・小料理

味あら井

日豊本線 中津駅 徒歩10分程度

15,000円〜19,999円

4.明治34年創業、老舗の歴史と伝統を感じながら味わう絶品の鱧料理

日本料理 筑紫亭(大分県/中津駅)

明治34年(1901年)創業、100年以上の歴史を持つ老舗「日本料理 筑紫亭」。大広間や個室のお座敷があり、掛け軸や生け花といった季節の設えが床を彩ります。敷地北辺を画す塀や敷地内の南側にある離れは国の登録有形文化財に登録されており、その格式と風情を感じられるのも店の大きな魅力。建物が積み重ねてきた長い歴史と共に、旬の食材を用いた懐石料理をいただけます。

「日本料理 筑紫亭」と言えば、さっぱりとした脂とまろやかな旨味の鱧料理が自慢。なかでも鱧のしゃぶしゃぶは、弾力のあるぷりぷりとした食感が特徴で、特製のタレで味わえるのもこの店ならでは。カツオや昆布の出汁をベースに地元特産の柑橘類のエキスを加えたタレで、中津産の鱧をじっくりと味わって。

日本料理

日本料理 筑紫亭

JR線 中津駅 徒歩8分(500m)

20,000円〜29,999円

5.大分を代表するブランド食材を、地元産の美酒と合わせて

たつのや(大分県/別府駅)

「たつのや」は、昭和24年(1949年)に創業した寿司と割烹料理の店。別府駅から徒歩5分ほどとアクセスしやすい立地ながら、街の喧騒からは一線を画す寛ぎの空間が広がります。客席は1階にカウンターとテーブル席、縁側からお庭の見える懐古調のお座敷をご用意。2階には大・中・小のお座敷があり、宴会はもちろん、接待やご家族での利用にもおすすめです。

初代より受け継ぐ「和の調和」の心を大切にしているこちらの店。地元産にこだわって吟味した食材を使い、料理で四季を表現します。大分を代表するブランド食材「関アジ」や「関サバ」などを盛り込んだ「大分満喫コース」をはじめ、アラカルト料理も豊富です。「西の関 美吟」などの日本酒と合わせれば、より一層大分の魅力を感じられることでしょう。

懐石・会席料理

たつのや

JR線 別府駅 東口 徒歩5分

12,000円〜14,999円

日本の四季の美しさを感じられる和食は、店の数だけ多彩な表現があり、それぞれ魅力的なものばかり。美味しさと共に心まで豊かな気分になれそうですね。
食を通して、季節の巡りや旬の恵みを感じ取れる逸品を味わいに、大分の和食店をぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

※こちらの記事は2023年06月04日作成時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

Yuri

校正の仕事に興味を持ち、スクールを経て一休コンシェルジュ編集部へ。好き嫌いはほぼなし。食べることが大好きで、どんなものでも美味しく・楽しくいただきます。編集部メンバーとのお店巡りが最近のマイブーム。もう少しお酒が強くなりたいと思う今日この頃です。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:さ行/デンクシフロリ/BLESS/レストラン プルニエ/ラフィナージュ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする