東京のラグジュアリーホテルで味わう、ホテル自慢のカレーライス4選

普段食べているカレーライスより、ちょっと贅沢な味わいを試してみたくないですか?
こだわりと個性が溢れる一杯は、どれも1度は食べてみたくなる逸品揃い。今回は、都内のラグジュアリーホテルでいただける、自慢のカレーライスを4選紹介します。

1.元料理長渾身の、お肉がメインのカレーライス

ザ・ペニンシュラ東京(東京都/日比谷)

皇居外苑と日比谷公園に面し、豊かな緑に囲まれた「ザ・ペニンシュラ東京」。機能的かつデザイン性に溢れた佇まいは、洗練された東京にぴったりです。ホテル自慢の「国産ビーフカレーライス」は、「ザ・ロビー」の元料理長・榮岩雅幸氏が考案した渾身の逸品。“お肉がメインのカレーが少なく、いつか自分で作りたいと思っていた、そして日本の国民食とも言えるカレーをもっと世界に広めたい”という情熱から誕生しました。約6時間煮込んだ国産牛のすね肉を使用しており、カレールーはフォンドボーをベースにした、どこか”親しみのある洋食屋さん”を彷彿させるような味わいです。白いご飯と人参やポテト、マッシュルームなどと一緒に満喫ください。

商品情報
国産ビーフカレーライス 5,080円(税サ込)

提供レストラン

明るく開放的な空間に、生演奏が響く「ザ・ロビー」。空に広がる花火や蛍をイメージしたシャンデリアを望みながら、シェフ自慢のカレーライスを堪能してみては。

店名:ザ・ロビー
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-8-1ザ・ペニンシュラ東京 1階
営業時間:6:30~20:00(19:30 L.O.)

コンチネンタルダイニング

ザ・ロビー/ザ・ペニンシュラ東京

東京メトロ日比谷線・千代田線・都営三田線 日比谷駅 地下通路A7出口より徒歩0分。正面玄関よりご入館ください。

6,000円〜7,999円

2.「ホテルオークラ東京」創業時からの味を受け継ぐ「オークラ特製カレー」

The Okura Tokyo(東京都/虎ノ門)

2019年9月に「ホテルオークラ東京」から生まれ変わった「The Okura Tokyo」。緑豊かな庭園のある、ゆとりと品格溢れる空間です。ホテル自慢の「オークラ特製カレー」は、創業時より受け継がれる伝統のフォンドボーをベースにした、こだわりの味。ルーの具材は、フィレビーフやチキン、小海老、野菜の中から、好きな具材をその日の気分に合わせて選べます。人気のフィレビーフはブロックではなく、ステーキとしてそのまま食べても美味しい薄切りタイプ。具材が加わることで深みが増したフォンドボーと、程よい辛みが良いバランス感を作り出します。辛さは時代に合わせて変化しており、今は創業当時よりもスパイス感が少し強めになっているそう。開業以来受け継がれてきた伝統の味を、ぜひ試してみては。

商品情報
オークラ特製カレー(フィレビーフ、小海老または野菜) 2,900円(税サ込)より

提供レストラン

モダンな雰囲気の空間で、早朝から深夜まで好みのメニューを楽しめる「オールデイダイニング オーキッド」。ライブ感を味わえるオープンキッチンや、爽やかな風が心地良いテラス席なども用意。様々な時間帯、ニーズにもこたえてくれるレストランです。

店名:オールデイダイニング オーキッド
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-4
営業時間:7:00~22:00

洋食

オールデイダイニング オーキッド/The Okura Tokyo

東京メトロ日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅 出口A2より徒歩5分

10,000円〜11,999円

3.帝国ホテル流ダイナーで味わう、90年以上続く伝統の味

帝国ホテル 東京(東京都/日比谷)

1890年に日本の迎賓館としての役割を担って誕生し、世界各国の賓客を迎えてきた格式高い老舗ホテル「帝国ホテル 東京」。130年以上の歴史を持つホテルのメニューにカレーライスが登場したのは1931年頃。第8代料理長の石渡文治郎氏がヨーロッパ修行中に、“近代フランス料理の父”オーギュスト・エスコフィエから受け継いだそう。カレーソースは裏ごしせず、野菜のつぶつぶ感を残し、素材の旨味と食感を活かしているのが特徴です。色とりどりの野菜を添えた「野菜カレー」や、ゴロゴロとした牛肉がたっぷり入った「ビーフカレー」は、多くのゲストから長年愛されています。さらに初代会長である渋沢栄一にオマージュを込め、渋沢氏の出身地・深谷の名産品である“ねぎ”を使用した、料理長・杉本雄氏監修「渋沢カリー」にも注目。彩り鮮やかなグリーンが目にも綺麗で、食欲をそそります。

商品情報
野菜カレー 3,080円 /スモール 2,200円(税込・サ別)
ビーフカレー 3,080円 /スモール 2,200円(税込・サ別)
渋沢カリー 3,410円(税込・サ別)

提供レストラン

みゆき通りに面した東京流アメリカンダイナー「パークサイドダイナー」。大きな窓から光が差し込む明るい店内では、人気の伝統メニューに加え、ボリュームのあるハンバーガーやステーキなどのグリル料理も提供します。

店名:オールデイダイニング「パークサイドダイナー」
住所:〒100-8558 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館1階
営業時間:7:00~22:00(ラストオーダー21:30)※カレーライスの提供は11:00より

オールデイダイニング

パークサイドダイナー/帝国ホテル 東京

東京メトロ日比谷線・千代田線 日比谷駅 A13出口より徒歩3分

今回は、都内のラグジュアリーホテルの自慢のカレーライスを4選紹介いたしました。宿泊の際にはもちろん、気軽に立ち寄るのも良いですよね。ちょっとリッチなカレーライスに、舌鼓を打つのはいかがでしょう。

※こちらの記事は2024年05月17日更新時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

Mika.A

外食が何よりの楽しみな編集部メンバーです。
野菜へのこだわりは人一倍!好きが高じて
ベジタリアン・フルーツアドバイザーの資格を取得しました。

・好きなお店:CIRPAS/Sincére/Heritage by Kei Kobayashi
・好きなジャンル:フレンチ/鮨
・最近行ったフレンチ:ラルジャン/apothéose/渡辺料理店/フロリレージュ
・好きな美食宿:ホテルリッジ/sankara hotel&spa 屋久島

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする