名店リスト|

一度は訪れたい、神戸の一軒家レストラン5選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

港町である神戸は、様々な国の文化と交ざり合う事によって、独特の発展を遂げてきました。日本にいながらどこか別の国に旅行に来ているような気持ちになる、スタイリッシュな建物も多く、それらを活かした魅力的な設えのレストランには、多くのゲストが足を運んでいます。今回は神戸近郊にある、おすすめの一軒家レストランを5軒、ご紹介いたします。

1.神戸市指定の伝統的建造物で味わう、地産地消のフレンチレストラン

ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野(兵庫県/三宮駅)

「ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野」は、フランスより移住してきたグラシアニ家の邸宅でした。明治の半ばから大正にかけて、神戸港の居留地で貿易を生業とする商人たちを中心とした外国人が、西洋式の邸宅を建て、移住。北野の街にしっくりと馴染む木造2階建ての白亜の洋館は、この令和の時代にも、モダンでスタイリッシュな佇まいを優雅に守り続けています。

階段を上がり、入口手前まで行くと、右手に広がるのが開放感あふれるオープンテラス席。柔らかい木漏れ日とそよ風を感じながら、日常を忘れて過ごしたいと思う心地良さがあります。

店内は洗練された美しさのメインダイニングのほか、個室もあり、会食や接待などにもぴったりです。また、ウェディングプランの用意もあり、映画のワンシーンのような特別な時間が過ごせると好評です。料理は地元兵庫県の食材を中心に、伝統の調理技法を重んじながらも、クリエイティビティが随所に散りばめられており、文句の付けどころがありません。

フランス料理

ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野

JR、阪急、阪神、市営地下鉄線 三宮駅 徒歩15分

20,000円〜29,999円

2.イングリッシュガーデンが美しい、芦屋で堪能する至福のリストランテ

リストランテ ベリーニ(兵庫県/芦屋川駅)

日本でまだイタリア料理が珍しかった、昭和の後期である1987年。「リストランテ ベリーニ」は、芦屋川を臨む閑静な住宅街の一画に開業しました。お店を囲むイングリッシュガーデンには四季の花が咲き乱れ、丁寧に手入れされた敷地を歩いているだけでも、心が癒されるような気持ちに。

本館は白を基調とした爽やかな設えに、選りすぐりの調度品が飾られ、落ち着いた雰囲気に包まれています。2階には個室もあり、季節ごとに移ろっていく美しい景色を楽しむ事ができます。別館「Villa Bellini」は明るいピンクベージュカラーで統一されており、清楚でエレガントな内装。こちらも本館同様に2階建てとなっており、個室は4名まで利用可能な広さになっています。

一軒家を貸切にして行う、ウェディングやパーティー対応も可能で、多様なニーズにも柔軟に応えてくれます。国内外から厳選した食材を使用した料理は、旬の味を楽しめる仕立てになっており、リピート利用が多いというのも納得です。

イタリア料理

リストランテ ベリーニ

阪急神戸線 芦屋川駅 徒歩5分

10,000円〜11,999円

3.自然の息吹を愛で、絶品フランス料理とのマリアージュに酔いしれる

北野ガーデン レストラン ピパ・ブルー(兵庫県/三ノ宮駅)

「北野ガーデン レストラン ピパ・ブルー」は、北野坂に約1,200坪の広大な敷地を持つ、一軒家フレンチレストラン。庭には大きなヒマラヤスギ、ハナミズキ、サルスベリなどの様々な木々があり、ちょっとした森林浴気分が味わえます。

四季折々の景観の変化は、テーブル席からよく見渡す事ができ、細部にまで行き届いた庭の手入れは見事。太陽の光を浴びた春の木々のまぶしさ、風が運んでくれる初夏の薫り、そこはかとない愁いを感じさせる雨の風情など、約800坪の庭が持つ多様な表情は、食事のひとときをより豊かなものに彩ってくれます。

ディナータイムにはライトアップされ、昼間とはまた別の魅力が顔を覗かせます。総料理長・中村実氏の料理は「色彩・香り・味」で表現するクラシックなフランス料理を、独自の感性が活かされた仕立てで提供。フランス産ワインを中心とした、約300種類ほどの銘柄の中から、ゲストの好みに合わせて提案されるワインとのマリアージュも、好評を博しています。

フランス料理

北野ガーデン レストラン ピパ・ブルー

JR・阪神・阪急各線 三ノ宮駅 徒歩15分

10,000円〜11,999円

4.神戸を一望できる高台に佇む、創業60余年の大人の社交場

レストラン 北野 クラブ(兵庫県/新神戸駅)

1957年に開業した「レストラン 北野 クラブ」は、大人の社交場として華々しくオープン。国内はもとより、海外のセレブリティも訪れる、神戸の代表的な老舗レストランの一つです。開業当初は珍しかったジャズミュージックを聴きながら、ダンスを楽しめるサロンとして話題になり、提供される本格的な料理も評判に。三宮駅、新神戸駅までリムジンの無料送迎サービスがあり、お店に到着する前からおもてなしは始まっています。

神戸を一望できる高台という絶好のロケーションに車を進めると、「ダンデライオン(タンポポの綿毛)」をイメージした外灯と、洒脱な一軒家が見えてきます。日常を忘れて別の世界にやってきたかのような、心地良い高揚感を覚える事でしょう。

契約農家から仕入れる、良質の有機野菜がふんだんに盛り込まれたフランス料理は、高い評価を集めています。また、きめ細やかなサービスが受けられるウェディングやパーティープランも、根強い人気を誇っています。

フランス料理

レストラン 北野 クラブ

新幹線・地下鉄西神・山手線 新神戸駅 徒歩約5分。

15,000円〜19,999円

5.一意専心の精神をもって表現する「SETTAN CUISINE」の世界

SETTAN(兵庫県/岡場駅)

六甲山の北、周囲を山々と棚田に囲まれたロケーションにお店を構える一軒家レストラン「SETTAN」。「これからは“癒しの時代”」と語るのは、オーナーシェフの吉田繁雄氏。飾らない自然と対峙して、ありのままの心を見つめる、美しい時間を過ごせる場所で、フランス料理のオーベルジュを開きたい。そんな吉田氏の思いを実現できる場所として選んだのは、摂津の海と丹波の山々に囲まれたこの地でした。

提供される料理は、食材そのものの持ち味を存分に引き出し、活かしきる仕立てになっています。自然から授かるインスピレーションを大切に、素材一つ一つの本質を見極める。フランス料理の技法で、摂津丹波のテロワールを「SETTAN CUISINE」という形で表現する吉田氏のコース料理からは「ゲストの心に記憶される逸品を届けたい」という強い思いを感じます。

豊かな自然に抱きしめられながら、五感が目覚めるような、唯一無二の食体験。時間を掛けても訪れるべきだという事は、その高い評価の数々が雄弁に物語っています。

フランス料理

SETTAN

線 駅

10,000円〜11,999円

いかがでしたでしょうか。一軒家だからこそ、表現できるレストランの世界というものがある事を、よく分かっていただけたのではないでしょうか。心に残る体験になるように、お店を支えるスタッフが力を結集して、ゲストをおもてなしする。何度訪れても、美味しい幸せで満たされる事でしょう。今回ご紹介したお店の中から、お気に入りの一軒家レストランを見つけていただけたら、幸いです。

橋本 恭一

美味しいお酒とお料理を求め続ける 都内屈指の胃袋&肝臓フル回転系ライター。 和洋中ジャンル問わず、王道の古典料理から イノベーティブ系のお料理にどんなお酒が合うかを ひたすらに追い求めており、食前食後などのバーの 楽しみ方も皆様にお伝えしてまいります。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:ナスキロ/サエキ飯店/赤坂 らいもん/鮨 みうら
・好きなお店:レストラン キエチュード/ラ クレリエール/私厨房 勇/トラットリア ダディーニ
・自分の会食で使うなら:くろ﨑/Les Chanterelles/日本料理 晴山/の弥七
・得意ジャンル:フレンチ/イタリアン/バー
・好きな食材:サルミソース/真鱈の白子/生トリ貝

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする