名店リスト|

フードライター森脇慶子がおすすめするフレンチレストラン4選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

ビストロからモダンフレンチまで、東京のフランス料理シーンは百花繚乱。
ベテランシェフが変わらぬ味を誇るかと思えば、若手シェフの台頭まで層の厚さもまた、東京フレンチならでは。
そんな中から、今、足を向けてみたい4軒をご紹介します。

1.時代の先端を駆け抜けたベテランシェフの味をシンプルに味わう

ヌキテパ(東京都/五反田駅)

五輪候補の体操選手からプロボクサー、そしてフレンチの料理人と異色の経歴を持つ田辺年男オーナーシェフ。
1988年、恵比寿に誕生した伝説のレストラン「あ・た・ごおる」では、いち早くソースのないフランス料理を提供。三崎の魚や有機野菜を使ったシンプルな皿の数々でグルマンの舌を唸らせました。1994年、五反田は島津山の瀟洒な一軒家レストランに変わっても、そのスタンスは変わらず。

蛤の旨味に満ちた汁を逃さぬようにと、殻ごと真っ黒に焼いたタドンのような“蛤の炭火焼”や、5〜6種類の旬の魚を内臓まで丸ごと使って作る“磯魚のスープ”など往年のスペシャリテは必食です。
御歳73歳。2017年には「現代の名工」にも選ばれ、ますます意気盛んな田辺シェフ。土や西瓜のコースなど、料理人の発想を超えた野生の勘から生まれる田辺料理は未だ健在です。

フランス料理

ヌキテパ

JR線 五反田駅 徒歩8分

10,000円〜11,999円

2.青木姉弟が奏でるパリのエスプリを楽しむカウンターフレンチ

レフ アオキ(LES FRÈRES AOKI)(東京都/東銀座駅)

2021年9月、東銀座にオープンしたカウンターフレンチの名店「レフ アオキ」。
店は新しくとも、青木誠オーナーシェフはフレンチ一筋35年の大ベテラン。本場パリでは、姉の三代子氏と共に13年間レストランを営んでいた経歴の持ち主です。
“青木兄弟”の意味を持つ店名を感じさせる、姉弟の意気のあった家庭的な雰囲気の中、パリ仕込みのテイストを楽しめます。

料理は「シェフおまかせのフルコース」など他のメニューもあり、昼夜共に数週間ごとに変わります。「フランス時代が長かったので、日本の食材はまだ手探り状態」と青木シェフ。とはいえ、蝦夷鹿は北海道「エレゾ」から、牛肉は滋賀の「サカエヤ」と目利きの確かさはさすが。
魚介は「銀座 鮨青木」の2代目店主、兄・利勝氏に豊洲の仲卸を紹介してもらうなど抜かりはありません。“地鶏のバロディーヌ”を始め、クラシックをベースに現代の嗜好を加味した皿の数々は、素材本来の味を感じさせる芯のある美味しさが身上です。

フランス料理

レフ アオキ(LES FRERES AOKI)

東京メトロ日比谷線 東銀座駅 218m

15,000円〜19,999円

3.シックな空間の中、エレガントな皿の饗宴に酔う銀座のモダンフレンチ

L’ARGENT(東京都/銀座駅)

銀座「タテル・ヨシノ」でクラシックを、パリの三つ星「アストランス」ではモダンフレンチを、そして、デンマークの二つ星「AOC」では全盛期の新北欧料理を学んだ、加藤順一シェフ。
ここでは、その豊富な経験から生まれたオリジナリティ溢れる料理で、銀座の食通達を魅了しています。

例えばフォアグラ。通常はプラムなどフルーツを合わせた甘めの味付けが多い中、加藤シェフは故郷・静岡の掛川茶を用いて新味を表現。煎茶のほろ苦さと風味がフォアグラのコクとマッチし、ともすればしつこくなりがちなその濃密さを軽やかに受け止めます。ロールケーキに見立てたヴィジュアルも美しく、グレーのトーンでまとめたシックな空間に見事にフィット。
銀座のランドマーク“和光の時計塔”を目の当たりにしながら、エレガントな口福のひとときをぜひ。

モダンフレンチ

L’ARGENT

東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 A4出口直結

20,000円〜29,999円

4.フレンチ方程式から生まれる美食の解を堪能する。口福のひととき

l’algorithme アルゴリズム(東京都/白金高輪駅)

美食のためのフレンチ方程式、そんな意味を持つフランス料理店「アルゴリズム」。
知る人ぞ知る美食スポット白金北里通りにひっそりと店を構えて5年、その安定感のある美味しさでグルマンらの胃袋をしっかりと捉えています。

哲学めいた店名やiPadに表記された謎解きのようなメニューに、一瞬、難解な皿の数々を連想させますがご安心を。
料理は独創的でありながらも、何を食べていただきたいかがわかる明快な美味しさが身上です。それも、全国から取り寄せる上質な素材とそれに対する深い洞察力、そして緻密な計算と技術力があればこそ。
クラシックからモダンフレンチまで様々なガストロノミックレストランで研鑽を積めばこその実力を、僅か8席のカウンターで気さくに楽しめるのも嬉しい限りです。

フランス料理

l’algorithme アルゴリズム

都営地下鉄三田線 白金高輪駅 徒歩11分

15,000円〜19,999円

8人で満席のこぢんまりとしたカウンターフレンチから瀟洒な一軒家レストランまで、その日のシチュエーションに合わせて自在に選べるのもグルメ都市東京の強み。
さて、今日は誰とどちらに?

森脇 慶子

学生時代からの食べ歩きが昂じて食の世界に携わり、早や40年余り。
フードライターという言葉もない頃からこの道一筋。美味しいものへの探求心は、変わりません。
食は歴史、食は人をテーマに続けていければ、というのが目下の願い。「東京最高のレストラン」のメンバーとしても20余年のキャリアです。

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする