名店リスト|

一度は訪れたい、フランス料理の名店 大阪編

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

古くから多彩な食文化が息づく大阪。味にもコスパにもシビアな人々に育くまれてきた“食い倒れ”の街ならではの、上質なグルメを楽しみませんか。今回は、そんな大阪にあるフランス料理の名店を5軒ご紹介します。

1.緻密な計算から生まれる、まるで美術品のような一皿

HAJIME(肥後橋駅 7番出口より徒歩3分)

日本を代表するイノベーティブフュージョンの名店「HAJIME」。オーナーシェフを務める米田肇氏は、大学で電子工学を修め、電子部品メーカーでエンジニアとして活躍した後に料理人に転身した、珍しい経歴の持ち主です。

そんなシェフならではの料理は“究極に完成度を高める”という信念の元、0.1度単位で温度を調整するこだわり様。
なかでも「Chikyu 地球」は、お店のテーマでもある“地球との対話”を象徴する料理の一つ。青い釉薬で海を表した直径60センチの有田焼のお皿に、陸を表現したという100種類の野菜が並びます。
シェフの美意識から生まれる壮大な世界観に浸りつつ、緻密な計算によって生まれる美食を召し上がれ。

イノベーティブフュージョン

HAJIME

地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅 7番出口より徒歩3分

50,000円〜

2.その日しかいただけない、料理哲学に沿った唯一無二の料理

La Becasse(淀屋橋駅 11番出口から徒歩5分)

大阪のガストロノミーを代表する「La Becasse」は、厳しい審査をクリアした世界中の高級ホテルや一流レストランが加盟する「ルレ・エ・シャトー」の一員。
オーナーシェフ・渋谷圭紀氏は、「ポール・ボキューズ」や「ホテル クリヨン」「ムーラン・ドゥ・ムージャン」など、名だたるフランスの名店で修業をした実力者です。

シェフの料理哲学でもある“ユニークかつ完成形を作らない唯一無二の一皿”を体現するメニューに決まった品書きはなく、その日一番美味しいと見込んだ素材を仕入れ、即興で調理します。
その他に「鮎のリエット」や「オマールエビのサラダ」「仔羊のピカタ」などのスペシャリテも必食の一品。厳選されたワインとのマリアージュを味わいましょう。

フランス料理

La Becasse

大阪市営御堂筋線 淀屋橋駅 11番出口から徒歩5分

20,000円〜29,999円

3.伝統と革新が生み出す料理と美酒に酔いしれるひとときを

プレスキル(淀屋橋駅 10番出口直結)

“不易流行(ふえき りゅうこう)”をコンセプトに、古典的な調理法を守りながら新しいエッセンスも取り入れた料理を提供する「プレスキル」。
日本最古のワイナリー「まるき葡萄酒」を有しており、甲州ワインやフランスワインとのマリアージュが楽しめる、ワイン好きには堪らないレストランです。

腕を振るうのは「料理界のダ・ヴィンチ」の異名をもつ、アラン・シャペルの愛弟子としても知られる佐々木康二氏。
師の教えや伝統をベースに、佐々木シェフならではの繊細なセンスを反映した料理は、オリジナリティー溢れるものばかりです。
上質な空間の中で、ここだけの一皿とワインに酔いしれるひとときを過ごしてみませんか。

フランス料理

プレスキル

地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 10番出口直結

15,000円〜19,999円

4.新鮮な食材の味を活かした本格フランス料理を優雅な空間で楽しむ

レスプリ・ドゥ・クゥー・ドゥ・フランス(北浜駅 徒歩1分)

「レスプリ・ドゥ・クゥー・ドゥ・フランス」は、フランス料理の重鎮「シェ・イノ」の井上旭シェフの弟弟子でもある坂口俊郎氏が手掛ける本格フランス料理店。
北浜駅に直結する好アクセスな場所にあり、高い天井高の店内は開放感抜群。クラシックのBGMが、より気分を高めてくれます。

全国各地から仕入れた新鮮な魚介や上質な肉、旬の野菜をふんだんに使用し、ライトなフランス料理へと昇華。伝統的な技法とシェフの感性で織りなす素材本来の美味しさを活かした料理の数々は、舌で味わい、目で見て楽しめるものばかりです。
都会の喧騒から一線を画す優雅な空間で、美味しい時間に浸りましょう。

フランス料理

レスプリ・ドゥ・クゥー・ドゥ・フランス

地下鉄堺筋線 北浜駅 徒歩1分

12,000円〜14,999円

5.クラシカルな雰囲気の中で伝統と革新のフランス料理に舌鼓を

ル ポンド シエル(天満橋駅 14番出口より徒歩5分)

13年連続で星を獲得し続けている、本格フランス料理のレストラン「ル ポンド シエル」があるのは、北浜に佇む1926年に建設された歴史的建造物。石造りの上品な外観と、クラシカルな雰囲気が漂う店内は、訪れる人々を非日常のひとときへと誘ってくれます。

“大阪と共に在る”をコンセプトとして据え、2010年に名門「ギィ・ラソゼ」と提携。フランス料理の伝統的な技法を用いながら、四季折々の日本の食材を使用した、軽やかな味わいのコース料理がいただけます。
天井まで続くワインセラーには、ブルゴーニュ産を筆頭に約200種類、700本ものこだわりのワインを常備。美食とのコラボレーションが口福の時間を生み出します。

フランス料理

ル ポンド シエル

京阪電車・地下鉄谷町線 天満橋駅 14番出口より徒歩5分

15,000円〜19,999円

どのお店も美しい一皿と共に上質な時間を過ごすことができるレストランばかり。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

Minaho Ito

一休.comの宿泊営業から編集部へ。子供を預けて、つかの間の贅沢をレストランで過ごすのが楽しみ。見た目が美しい料理が好きで、イノベーティブ料理やフレンチ・イタリアンがお気に入り。
自分へのご褒美にスイーツ店巡りをすることも多く、行きたいお店リストは常に更新中。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:ラペ (La paix)
・好きなお店:NARISAWA/Crear Bacchus/オテル・ドゥ・ミクニ/ガストロノミー ジョエル・ロブション
・得意料理:イノベーティブ料理/フレンチ/イタリアン
・好きな食材:赤身肉/チーズ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする