名店リスト|

体の芯から温まる!個性派鍋料理が楽しめる東京のレストラン5選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

寒さが続く季節には、体を芯から温めてくれる鍋料理が食べたくなりませんか?
鍋の楽しみ方は様々ですが、今回は東京で個性あふれる鍋料理がいただけるお店を厳選して5軒ご紹介。冬ならではの定番料理を堪能してみてはいかがでしょう。

1.食通を唸らせる、滋養に富んだすっぽん鍋に舌鼓

澤いち (東京都/六本木駅 徒歩2分)/すっぽん

六本木通りに面した割烹料理店「澤いち」。和にこだわった店内は、白木のカウンター席のほか、ゆったりとした個室が用意され、都会の喧騒を感じさせない大人の空間となっています。メニューは基本、おまかせコース。北海道から九州まで、様々な漁港から直送した旬の厳選食材を、惜しみなく使った料理を提供してくれます。

なかでも「すっぽんコース」は山口県から仕入れたすっぽんを、すっぽん鍋をはじめ、刺身や唐揚げなどでとことん堪能できる全8品の贅沢なコース。食通が最後にたどり着く料理と言われるその味わい深さはもちろん、栄養価が高く、滋養強壮の妙薬とされるすっぽんのエキスがたっぷり詰まった鍋は、免疫力を高めてくれそうです。

割烹

澤いち

都営地下鉄大江戸線 六本木駅 徒歩2分

20,000円〜29,999円

2.日本の風情漂う空間でこだわりの天然とらふぐを堪能

吉星(東京都/人形町駅 A1出口より徒歩3分)/ふぐ

昭和30年創業の「吉星」は、人形町の路地裏に佇む2階建ての老舗割烹料理店。凛とした雰囲気の店内は1階に檜のカウンターとテーブル席、2階に小上がりの個室があり、幅広いシーンで利用可能。夏は鱧、冬はふぐといった厳選食材を用いた四季折々の献立で、日本の味が楽しめます。

豊後水道で揚がる厳選した天然とらふぐにこだわって調理されるふぐ料理は、冬だけの贅沢。「豊後水道天然ふぐコース」では「ふぐちり鍋」がいただけます。ふぐ本来の味を引き出せるよう、野菜も選び抜かれた京都春菊や千寿ねぎ、こだわりの豆腐を使用。橙を手絞りした自家製ポン酢と共に、〆の雑炊まで旨味を味わい尽くしましょう。

鱧しゃぶ、天然鮎、天然鰻

吉星

東京メトロ日比谷線 人形町駅 A1出口より徒歩3分

20,000円〜29,999円

3.熟練職人の手さばきと鰻料理に感動するひととき

人形町 やま田(東京都/人形町駅 A2出口より徒歩1分)/

江戸の面影を今も色濃く残す日本橋・人形町に暖簾を掲げる「人形町 やま田」は、こぢんまりとした入口から階段を下った地下にあります。店内は、圧巻の存在感を放つ約20メートルの檜のカウンターが特徴的。清々しい香りと共に熟練職人の見事な手さばきを間近で楽しみながら、色彩豊かな旬の食材を昇華させた日本料理が味わえます。

1人につき鰻2匹分をいただける「四万十川鰻堪能コース」は、四万十川の鰻をふんだんに使用。全8品のコースでは、蒲焼きや鰻重のほか、滋味あふれる「やま田のう鍋」が堪能できます。ふわふわとした柔らかい身の鰻はもちろんのこと、出汁が染みた具材やスープまで惜しみなく味わいたいですね。種類豊富なお酒も、料理の味わいを引き立てます。

割烹・小料理/肉/うなぎ/蟹/ふぐ

人形町 やま田

東京メトロ日比谷線 人形町駅 A2出口より徒歩1分

12,000円〜14,999円

4.江戸伝統野菜と共に新鮮なあさりの旨味を味わう

亀戸升本(東京都/亀戸駅 徒歩7分)/あさり

明治38年創業、東京・亀戸の蔵前橋通りに面した「亀戸升本」は、下町の粋を感じられる老舗日本料理店。お店の自慢は、江戸中期から明治にかけて亀戸で盛んに栽培され、今では“幻の大根”と言われる江戸伝統野菜の亀戸大根を使用した料理。

名物の「亀戸大根あさり鍋」は契約農家で栽培された亀戸大根を、たっぷりの新鮮なあさりと共に味わえる味噌仕立ての鍋です。あさりの旨味が染み込んだ大根や野菜に、思わず箸が進むことでしょう。具材を楽しんだ後は、汁を麦菜飯にかけていただく“ぶっかけ飯”で豪快に締めるのが升本流。下町で愛され続ける伝統の味を、和の空間で寛ぎながら存分に味わいましょう。

鍋・懐石・会席料理

亀戸升本

JR線 亀戸駅 徒歩7分

6,000円〜7,999円

5.銀座の隠れ家レストランで贅沢な牡蠣鍋を満喫

牡蠣料理 銀座 楸(東京都/銀座駅 A1出口より 徒歩3分)/牡蠣

「最高の牡蠣を存分に堪能してもらいたい」という思いから銀座で20年、牡蠣料理専門店としてお店を構える「牡蠣料理 銀座 楸」。わずか13席の店内は、赤を基調としたインテリアとなっており、上品なバーのようでありながら、アットホームな雰囲気が調和した隠れ家的な空間。和、仏、伊などジャンルにこだわらない、バラエティあふれる牡蠣料理が堪能できます。

全国から取り寄せた新鮮な活牡蠣を全9品のコース料理で楽しめる「土手鍋コース」は、冬季限定メニュー。メインの土手鍋は、八丁味噌とニンニクみりんごま油で火を入れて練り、牡蠣のほかに野菜やアンキモ、白子やチキンなどを煮込んで美味しく変身した贅沢な鍋。〆には卵入りリゾットとして、牡蠣の風味が香るスープを最後まで満喫しましょう。

牡蠣・創作料理

牡蠣料理 銀座 楸

東京メトロ銀座線・丸の内線 銀座駅 A1出口より 徒歩3分

6,000円〜7,999円

今回は、様々な食材の出汁が染みわたる鍋料理を満喫できる東京のレストランをご紹介しました。寒い日にこそ食べたくなる鍋料理。個性派食材を使った本格的な鍋料理をお店でゆったりと味わって、体を温めましょう。

Misa Kanbayashi

デザイナー職を経て、文字に関わる仕事が好きで「KIWAMINO」編集部へ。校正をメインに、さまざまな記事に触れています。じっくり味わうひとりごはんも、誰かと楽しむ食事も、とにかく美味しい食べ物を口にするひとときが自分にとっての日々の幸せ。記事を通して、魅力ある情報を皆様にお届けしていきます。
【MY CHOICE】
・気になるお店:4000 Chinese Restaurant/Alternative/CICADA/鮨よしかわ
・得意ジャンル:イタリアン/ビストロ
・好きな食材:魚介類/鶏肉/チーズ/卵

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする