名店リスト|

町家で楽しむ京都のフレンチレストラン5選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

情緒たっぷりの街並みが随所に残る京都。せっかく美味しい料理をいただくのであれば、京都らしい雰囲気の中で楽しみませんか。
今回は、風情ある町家をお洒落に改装したフレンチレストランを厳選して5軒、ご紹介。和と洋の融合をぜひお楽しみください。

1.京都モダンフレンチ先駆けのお店で味わう唯一無二のご馳走

Restaurant MOTOI(京都府/烏丸御池駅)

情緒溢れる京都・俵屋町、数々の名店が軒を連ねるこの地にひっそりと佇む「Restaurant MOTOI」は、大正時代の呉服商の邸宅をリノベーションしたモダンフレンチレストラン。伝統美とスタイリッシュなデザインが見事に融合した空間は、正座した時と同じくらいの目線で中庭を眺められるように床を下げるなど、細部にまでこだわりを感じます。

オーナーシェフを務める前田元氏は、中華の料理人として約10年間研鑽を積んだ後に渡仏、フレンチに転身した面白い経歴の持ち主。中華のエッセンスを取り入れたフレンチのコースは、前田氏ならではの一皿ばかりが並びます。可能な限り、自らの手で食材を調達するなど、食材と真摯に向き合っているからこそ生み出される、唯一無二のご馳走をいただきましょう。

フランス料理

Restaurant MOTOI

京都市営地下鉄烏丸線 烏丸御池駅 徒歩10分

20,000円〜29,999円

2.本場パリで世界中のVIPを魅了した料理を京町家でいただく

山地陽介(京都府/祇園四条駅)

シェフ自らのフルネームを店名に掲げる「山地陽介」。祇園の中心部に位置し、街並みに馴染む料亭のような佇まいは、これから始まる美味しいひとときへの期待を高めます。
“日常を洗練させて極上の癒しの空間を作りたい”という想いが詰まった店内は、明るくナチュラルな雰囲気。和を感じさせる中庭とのコントラストも心地よい時間を演出します。

腕を振るうシェフ・山地陽介氏は、フランスのトップガストロノミー「ポール・ボキューズ」や「アラン・デュカス」、「ジョエル・ロブション」などの名店で研鑽を積んだ実力者。京都の食材が秘める可能性を昇華した一皿は、驚きと感動に満ち溢れています。京町家で寛ぎながら、世界最先端の美食を味わってみませんか。

イノベーティブフュージョン

山地陽介

京阪電気鉄道線 祇園四条駅 徒歩5分

15,000円〜19,999円

3.シンプルモダンな空間でいただく野菜を中心としたフレンチ

青いけ(京都府/丸太町駅)

丸太町駅から徒歩約5分。純和風の佇まいが目を引く「青いけ」は、数寄屋建築の中村外二工務店の代表、中村義明氏が内観・外観をプロデュースしたフレンチレストランです。店内には北欧家具や欅のパッチワークカウンターを配し“和洋折衷の融合美”を表現。シンプルモダンな空間で美味しい料理がいただけます。

「青いけ」で提供されるのは、京都にある100年以上もの歴史を紡ぐ数多くの農家から仕入れた、新鮮な野菜を中心とする料理の数々。
30~60品の野菜を使ってコースを組み立て、そこに魚介類や肉類のタンパク質を合わせて体に優しいフランス料理に仕上げます。
なかでもスペシャリテ「農園野菜のプレッセ菜園仕立て」は、ぜひ味わってみたい一品です。

フランス料理

青いけ

京都市営烏丸線線 丸太町(京都市営)駅 丸太町(京都市営)駅5出口から徒歩約2分

12,000円〜14,999円

4.古民家の雰囲気が残る店内で日本人に合うフレンチを食す

アーム・ドゥ・ギャルソン(京都府/神宮丸太町駅)

神宮丸太町駅から徒歩約5分、大通りから一本入った路地裏にひっそりと佇む「アーム・ドゥ・ギャルソン」は、築100年の町屋の雰囲気をそのまま残した趣あるレストランです。
店内は幻想的な照明でライトアップされた中庭や階段を始め、うすあかりの差し方を計算して組まれ、絶妙な雰囲気を演出。情緒を感じながら、寛ぎのひとときを過ごせます。

シェフを務める石崎耕蔵氏が生み出すのは「おばんざい」との組み合わせや、味噌を始めとした和の食材をフレンチの技法で調理する「仏和心(ふつわしん)」という料理。
新鮮な食材を用いて、調理法や味付け、塩や醤油、酢の一滴からこだわった一皿をコースでいただきます。
日本人の舌に合わせたフレンチ料理を情緒溢れる空間でいただく……京都らしい贅沢な時間を過ごしてみませんか。

フランス料理

アーム・ドゥ・ギャルソン

JR嵯峨野線線 二条駅駅 西口より徒歩10分

12,000円〜14,999円

5.心安らぐおもてなしと繊細な味わいに癒されるひととき

La famille Morinaga(京都府/烏丸駅)

「La famille Morinaga」は、築90年余の京町家を改装した小さなレストランです。歳月を経て、味わいを増すと言われる無垢のミモザを用いた床面は、これからの未来と古き良き昔との架け橋のよう。色彩を抑えてピンポイントに照明を絞った店内は、どこか落ち着く時間が流れます。

365日移り変わる自然の恵みの旨味を感じ取り、感性を働かせながら綿密に行う火入れによって生み出される料理は、繊細な味わいが特徴。
温度という僅かな計りを見事に操る妙技は、東京、パリ、そしてロアンヌやスイスなど、各地の名店で研鑽を積んだオーナーシェフ・森永正宏氏の真骨頂です。
家族で小ぢんまりと営むレストランだからこその、心温まるおもてなしと美食に心癒されることでしょう。

フランス料理

La famille Morinaga

阪急京都線 烏丸駅 烏丸駅26(阪急)出口から徒歩約7分

10,000円〜11,999円

美味しいお食事はもちろん、空間へのこだわりを感じるお店ばかりです。
せっかく古都・京都に足を運んだのなら、歴史を感じる古民家で美食を味わいませんか。

Minaho Ito

一休.comの宿泊営業から編集部へ。子供を預けて、つかの間の贅沢をレストランで過ごすのが楽しみ。見た目が美しい料理が好きで、イノベーティブ料理やフレンチ・イタリアンがお気に入り。
自分へのご褒美にスイーツ店巡りをすることも多く、行きたいお店リストは常に更新中。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:ラペ (La paix)
・好きなお店:NARISAWA/Crear Bacchus/オテル・ドゥ・ミクニ/ガストロノミー ジョエル・ロブション
・得意料理:イノベーティブ料理/フレンチ/イタリアン
・好きな食材:赤身肉/チーズ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする