極みの店|

名店紹介「Restaurant TOYO Tokyo」パリで話題のカウンターフレンチを日比谷で味わう

2018年の開業以来、人気を集める「東京ミッドタウン日比谷」。バリエーション豊富な飲食店も話題を集め、人気のスポットとしてすっかり定着しています。そんな中から今回は、パリで人気の日本人オーナーシェフによるレストランが、東京に初出店したことでも話題の「Restaurant TOYO Tokyo」をご紹介します。

パリ6区に構えるレストラン「Restaurant TOYO」は、2009年のオープン以来、和食の要素を取り入れた少量多皿のカウンタースタイルのフレンチが評判を呼び、現在では予約困難な人気店。新鮮な旬の食材の持ち味を活かし、日本の懐石料理をフレンチのスタイルと融合させた独自の料理が楽しめます。

オーナーシェフの中山豊光氏は、かつて神戸を代表するフレンチレストランであった「ジャン・ムーラン」(現在は閉店)を始め、渡仏後も数々の店で研鑽を重ね、世界的デザイナーである高田賢三氏の専属料理人も務めました。そんなパリの人気店が日本初出店。パリの人々を魅了する同店独自の世界観が、東京にいながらにして楽しめるようになりました。店のエントランスには中山氏を描いた高田賢三氏による絵が飾られ、訪れる人々の目を引きます。

洗練された店内にはカウンター席がゆったりと配され、窓の外には緑、そして個室も完備。懐石料理とフレンチが繊細に融合した料理を、ゲストと料理人が間近に向き合うカウンターで、一皿一皿細やかな配慮と共に提供します。

「Restaurant TOYO Tokyo」でシェフを務めるのは、熊本県出身の大森雄哉氏。日本のフランス料理界の重鎮である上柿元勝氏に師事した後、大阪の有名フレンチレストラン「エプバンタイユ」などで活躍。2010年に渡仏し「Restaurant TOYO」にて中山豊光氏に師事する中、2018年3月「Restaurant TOYO Tokyo」オープンを機に同店のシェフに就任しました。

茶道の“侘び寂び”の精神も心得たシェフが、東京の豊かな食材や空気感もプラスしながら、パリで築かれた世界観を体現しています。

そんな中でも、ランチの選べるメインの一つとして登場する『ブイヤベースカレー』は、パリ本店でも人気の中山氏のスペシャリテ。

旬の食材が本来持つ旨みを活かし、季節の移ろいをも表現するべく、調理は最低限に。本店同様、無駄な要素を極力そぎ落とすミニマリズムが貫かれた「Restaurant TOYO Tokyo」の料理。シェフ自ら市場へ赴いて厳選するその日その日の食材で、毎日のコースの内容を決定します。

また、東京店では豊富なフランス産ワインに加えて日本産ワインや日本酒なども用意されており、より魅力あるペアリングに出会えます。

パリで話題の店の世界観を東京でも味わえる「Restaurant TOYO Tokyo」。ちょっと特別な日に訪れたい、プレミアムなレストランです。

お店の衛生対策について

■新型コロナウイルス感染症対策について
・消毒液の設置
・ソーシャルディスタンス保持のため、ゆとりある座席配置
・スタッフの検温、マスクの着用、消毒の徹底
・食品検査、店内清掃の徹底(社内 外か らのキッチン・ホールの衛生管理・定期的な検査を行っております。)
ご安心してご飲食いただけるよう、努めてまいります。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

フランス料理

Restaurant TOYO Tokyo

東京メトロ千代田線・日比谷線 日比谷駅 直結

15,000円〜19,999円

アクセス
住所: 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F 31300

Mika Muroi

旅と食べ歩きと文章を書くことが好きで、プレミアム・グルメメディア「KIWAMINO」のライターに。フレグランスラボでの勤務経験から、香りやフレーバーにこだわりが。選りすぐりのレストランを、スマートな日本語に乗せてお届けします。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:DAZZLE
・好きなお店:嘉禅
・自分の会食で使うなら:麻布淺井
・得意ジャンル:イタリアン、ビストロ
・好きな食材:野菜全般、鴨、チーズ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする