極みの店|

「日本料理 太月」表参道の日本料理店で、多彩な旬のおいしさを味わう

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

かつての野球少年が父親の店の名を継ぎ、瞬く間に一つ星を獲得した話題の日本料理店「日本料理 太月(たげつ)」。
雰囲気の良いカウンター席はもちろん、フォーマルな接待・会食にもオススメしたい個室があるため、シーンを問わずご利用いただけます。年末年始のお店選びで困っている役員や秘書の皆さんは、ぜひ「日本料理 太月」を検討してみてはいかがでしょうか。上質な設えと丁寧な接客のもとで、素材の旬の美味しさを心行くまで堪能できる、グルメなゲストにも喜ばれる日本料理店です。

接待・会食にもピッタリ! 上質な設えが自慢のカウンター席と個室をご用意

すっきりとモダンな外観のエントランスに迎えられる店内は、きりりとした清廉な空気が満ちる中にも軽やかな印象で、気構えずに食事が楽しめる雰囲気。
店主や女将との会話も楽しめるカウンター席や、掘りごたつ席とテーブル席から成る2タイプの個室が3室用意されており、友人同士の少し贅沢なランチから会食、接待や家族のお祝いの席など、幅広い用途に利用されています。

また、場所柄海外のゲストの接待にも利用されることが多く、丁寧な出汁と旬の上質な食材が活きたシンプルかつ正統派の日本料理は、国内外問わず好評を得ています。取引先の役員などとの、フォーマルな接待・会食にも使える上質な設えが嬉しい限りです。

店主の望月英雄氏は神奈川県秦野の出身。
実家が「太月」という名の飲食店を経営する環境の下、野球一筋の子供時代を過ごした“元・野球少年”なのだとか。
料理の道は自身の怪我がきっかけで野球を諦めた後に志し、高校卒業を待って修行を重ねた先は「龍雲庵」(新宿)や「玄冶店 濱田家」(人形町)、「割烹 喜作」(麻布十番)といった有名店揃い。
その後2013年8月に、父の店の名を受け継いだ自身の店「日本料理 太月」をオープンし、2015年には早くも一つ星を獲得する快挙で注目を集めています。

旬の素材を堪能できる、本格派の日本料理と、丁寧な接客でおもてなし

旬を取り入れ、日本料理の伝統を大事にしているという「太月」。
工夫を凝らし、多彩に仕立てたメニューをコースで提供しています。

夏は鮎。

秋は天然のきのこ、冬は蟹やふぐといった四季折々の旬の食材を選りすぐった全国の産地から取り寄せており、店主の卓越した技術と感性が素材それぞれの魅力を余すことなく引き出しているのが特徴です。

また厳選した昆布や鰹節を用いて、日々丁寧に引く出汁には並々ならぬこだわりと自信を持っており、日本料理の基本を大切にする真摯な姿勢が伺えます。

各店の技量が最も表れると言っても過言ではない『椀もの』は日本料理の花形であり、茶懐石においてはメインディッシュとなるもの。「太月」の自慢の出汁と季節の食材が一つの椀の中で奏でる世界観を、じっくりと味わいたいですね。

そして上等な旬の味覚を一層味わい深く堪能するお供には、ぜひ美味しいお酒をいただきたいもの。こちらでは丹沢の水と足柄の米が織りなす、故郷・神奈川のしっかりとした飲み口の地酒やワインなどを幅広く取り揃え、口福のひと時を彩っています。

丁寧な接客にも定評があり、ちょっと贅沢したい日の一人ランチも、そして特別な日の食事も、一つ星獲得店ならではのホスピタリティを享受しながら存分に楽しむことが出来ます。若き実力派の店主による多彩な四季の日本料理を、清々しい空間でゆったりと満喫してみてはいかがでしょうか。

日本料理

日本料理 太月

東京メトロ銀座線 表参道駅 徒歩5分

20,000円〜

アクセス
住所 東京都港区北青山3-13-1 北青山関根ビル B1F

Mika Muroi

旅と食べ歩きと文章を書くことが好きで、プレミアム・グルメメディア「KIWAMINO」のライターに。フレグランスラボでの勤務経験から、香りやフレーバーにこだわりが。選りすぐりのレストランを、スマートな日本語に乗せてお届けします。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:DAZZLE
・好きなお店:嘉禅
・自分の会食で使うなら:麻布淺井
・得意ジャンル:イタリアン、ビストロ
・好きな食材:野菜全般、鴨、チーズ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする