代官山「リストランテASO」グルメレポ。クラシックな洋館で楽しむ贅沢なマリアージュ体験

※この記事は2020年3月の取材を基に制作しました。

代官山駅から徒歩5分。旧山手通りに面するレストラン『リストランテASO』。
昭和初期に建てられた洋館を改装したというクラシックな空間。中庭には四季折々の花が咲き誇り、穏やかで優雅な時間を過ごすことができます。

「食事を終えた時、幸せな気持ちに包まれるレストラン」を信条として、常に誠実に料理と向き合い続ける高階シェフ。自身が培ったすべての要素からロジカルに生み出されるレシピは、緻密なバランスで
仕立てられ、実にエレガント。思わず時間を忘れてしまいそう。

旬の食材を使った全6皿の特別コースには、一皿一皿、料理にぴったりのワインを選んでいただけますよ。
乾杯のシャンパーニュは、ひらまつのオリジナルブレンド。繊細な泡と上品な甘さが感じられます。

豚の生ハム“コッパ”とモッツァレラチーズ、そしてキンカンのコンポートを合わせた一皿。
バルサミコのソースをアクセントに、味わいます。

噛めば噛むほどに味わいが増す生ハムは、シャンパーニュとの相性も抜群です。

美しい透明の器で運ばれてきたのは、金目鯛のマリネ。
周りには色鮮やかな春の野菜が散りばめられ、中央の金目鯛の上にはカラスミとホワイトアスパラのジュレがかかっています。

そして、金目鯛の下にはアボカドが隠れており、合わせて口に運べば様々な食感のマリアージュが楽しめます。思わず、「美味しい」と声が出てしまった逸品。

続いては、カラスミと白子を使った手打ちタリオリーニ。バタークリームをベースとした濃厚なソースをパスタと白子にたっぷり絡め、さらにパウダー状のカラスミと一緒にいただきます。

鱈の身のフリットにはトマトとバジルで色合いも抜群。パスタソースと一緒にいただくと、また味の変化を感じられます。

メインの肉料理は、北海道産鴨肉のロースト。皮はパリッとお肉はしっとり仕上げられていて、お皿のバジルソースが程よいアクセントをプラス。

さらに濃厚なフォアグラにトリュフの香りが加わり、贅沢な一皿に。
古代米と雑穀の温製サラダのプチプチっとした食感が口の中で弾けます。

濃厚なフォアグラやしっかりした味付けのお肉には赤ワインを合わせて。

デザートには、春らしく苺のミルフィーユが登場。

サクサクのパイ生地の上に、苺とピスタチオが美しく盛り付けられ、食べるのがもったいないくらい。

食後のコーヒーと共に、選べるお菓子も嬉しいサプライズ。

好きなお菓子を好きなだけ選べる贅沢……。
お腹いっぱいのはずなのに、なぜかパクパク食べられてしまいます。

時間が止まってしまったかのようにゆったりとした空間は、都心にいることを忘れてしまいそう。
中庭を眺めながら食事が楽しめるテーブル中心のダイニングに加え、広さの異なる3つの個室も完備されているので、様々なシーンに重宝するでしょう。

※この記事は2020年3月2日(月)に取材した情報をもとに制作しました。

お店の衛生対策について

■独自の安全基準「Hiramatsu スタンダード」更新のお知らせ(2023年6月1日~)
新型コロナウイルス感染症が「5類感染症」に引き下げられたことにともない、従業員のマスク着用につきましても、個人の判断に委ねることといたします。
株式会社ひらまつでは、今後もお客様の「安心・安全」を最優先とし、ひらまつ独自の安全基準「Hiramatsuスタンダード」を遵守し、皆様をお迎えいたしますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
詳しくは下記URLよりご確認ください。
https://www.hiramatsu.co.jp/standard/

クラシックモダン/イタリアン

リストランテASO

東急東横線 代官山駅 徒歩5分

15,000円〜19,999円

アクセス
住所: 東京都渋谷区猿楽町29-3

ハツ

年間400軒のレストランを食べ飲み歩くグルメブロガー。美味しいものを食べて飲んで楽しむオンラインサロン「東京グルメサロン」主宰、約140人のメンバーで毎月20回以上のオフ会を開催中。 その他、さまざまなグルメメディアでグルメライターとして活動しながら、自身もインフルエンサーとしてグルメ情報をSNSで発信している。

このライターの記事をもっと見る
x link

この記事をシェアする