食レポ|

「メゾン ポール・ボキューズ」実食レポ。守り続けるフランス伝統の味を心ゆくまで堪能

現代フランス料理を築き上げた、世紀の料理人ポール・ボキューズ氏。
1965年に3つ星を獲得して以来、50年以上その最高評価を守り続けています。17世紀から受け継がれる正統なるフランス料理を後世に伝えるため、2007年、「ポール・ボキューズ」の日本のメゾンとして、代官山に「メゾン ポール・ボキューズ」が誕生しました。本店と同様に、素晴らしい料理や感動の体験を提供するレストランです。

代官山駅から徒歩6分。駅前の喧騒を離れた場所に、豊かな緑に囲まれた階段を見つけます。
ここを降りるとレストランの入り口へつながるのです。

店内へ一歩入ると、まるで劇場に来たような心躍る空間が広がります。メインのダイニングフロアに加え、バースペースや個室も完備。シャンデリアやステンドグラスなどをあしらった内装、完成された味、香りに食感までフランス料理の本流を五感で体感できるんです。

料理のコンセプトは、「Bonne Cuisine(おいしい料理)」。素材や火加減、味付けなど、フランス料理の技法を使って、素材の持ち味を最大限に活かした料理が楽しめます。腕を振るうのは、入砂俊重シェフ。都内やフランスのレストラン、ひらまつ系列のグランメゾンで研鑽を積み、2015年に料理長に就任。 フランスの食材と日本の食材を組み合わせながら、グルメ通を唸らせる料理の数々を提供しています。

食前酒に合わせて、3種のチーズを使ったシュー。シャンパンと同じ製法で作られた、ブルゴーニュの良質なスパークリングワインと共にいただきます。

スモークサーモンのタルタルはトマトのスープと赤パプリカのパウダーで色鮮やかに盛り付け。
華やかな白ワインとの相性も抜群です。

パンに合わせるのは、エシレバター。上品な甘味と塩味がシンプルなパンにもよく合います。

続いては、フランス料理らしい美しい盛り合わせの登場です。

エストラゴン風味に仕上げた牛頬肉のジュレはモザイク仕立てで。

大ぶりのフォアグラはサクサクのパンの上に乗せ、とうもろこしのピューレと一緒にいただきます。バルサミコを煮詰めた甘酸っぱいソースを添えて。

的鯛のポッシェとコート・ノルマンディー産のムール貝には、
アロマティック野菜とサフランの香るスープをかけて仕上げます。

目の前でスープをかけてくれるパフォーマンスもワクワクしますね。

メインのお肉料理には、鴨胸肉を。甘味と酸味のあるオレンジ風味のソースは、鴨の旨味をさらにアップしてくれます。添えてある小蕪のローストにもソースを絡めていただきましょう。

フランス各地のシャトーやドメーヌから直接輸入する蔵出しワインの中から、料理に合うワインをソムリエがセレクト。至福のマリアージュを味わってください。

最後のデザートは、ワゴンで登場です。ここから好きなものを好きなだけ選べるなんて、スイーツ好きにはたまりませんね。

ケーキやタルト、焼き菓子、フルーツまで贅沢なデザートワゴンです。名物のクレーム・ブリュレは必食。サクサクのカラメルをコーヒーと共に楽しんでくださいね。
王道のフレンチを贅沢に楽しめる極上のレストラン。
大切な人や家族のお祝いに、デートにも重宝します。訪れるすべての人が幸せに包まれる、贅沢なひとときを楽しんでください。

「メゾン ポール・ボキューズ」の記事をもっと読む

「メゾン ポール・ボキューズ」特集。リヨンの名店の味を代官山で楽しむ

「メゾン ポール・ボキューズ」を取材。代官山に佇むフレンチの名店を彩る豪華な設えに注目

フランス料理

メゾン ポール・ボキューズ

東急東横線 代官山駅 徒歩7分

12,000円〜14,999円

アクセス
住所 東京都渋谷区猿楽町17-16 代官山フォーラムB1F

ハツ

年間400軒のレストランを食べ飲み歩くグルメブロガー。美味しいものを食べて飲んで楽しむオンラインサロン「東京グルメサロン」主宰、約140人のメンバーで毎月20回以上のオフ会を開催中。 その他、さまざまなグルメメディアでグルメライターとして活動しながら、自身もインフルエンサーとしてグルメ情報をSNSで発信している。

このライターの記事をもっと見る
twitterlink

この記事をシェアする