会食リスト|

一度は行きたい憧れのお店 一休「至高のレストラン」フレンチ編

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

今回、プレミアム美食メディア「KIWAMINO」でご紹介するのは、一度は行きたいフレンチの名店です。一休.comレストランのなかでも特に予約困難な名店・人気店を厳選してご紹介している「至高のレストラン」から、フレンチにフォーカスしました。
お店選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本らしさを大切にした遊び心溢れる逸品

ラぺ

日本橋に佇む「ラぺ」は、“日本から発信するガストロノミー”をテーマとし、2018年度版『ミシュランガイド東京』にて1つ星として紹介されたフレンチの名店です。
オーナーシェフを務める松本一平氏は、数々の人気店やベルギーの1つ星レストランで修業を積んできた腕利きの料理人。
全国から届く四季折々の旬食材を、繊細で華やかな一皿に仕上げます。

コースの終盤に提供される「フォアグラのゴーフレット」は、このお店のスペシャリテ。パリパリとした食感が楽しい自家製ゴーフレットに、燻製したフォアグラのテリーヌとフルーツのチャツネをサンドした一品は、ぜひいただいてみたいもの。モダンと古典を融合したフレンチに遊び心溢れる演出が、五感で味わえると評判です。

フランス料理

ラペ

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅 A1出口 徒歩3分

15,000円〜19,999円

浅草らしい風情と日本らしさを味わうフレンチ

restaurant Nabeno-Ism

隅田川のほとりに立つ「restaurant Nabeno-Ism」は、「シャトー・レストラン ジョエル・ロブション」で長年エグゼクティブシェフを務めた、渡辺雄一郎氏が率いるフレンチレストラン。2年連続『ミシュランガイド東京』で2つ星に輝き、『ゴ・エ・ミヨ2020』にも掲載されるなど、有名ガイドブックからも高い評価を受け続ける名店です。

東京スカイツリー(R)を眺めるロケーションと共にいただけるのは、日本の四季とフランス料理のエスプリを融合した料理。
「雷おこし」や「最中」、「両国江戸蕎麦ほそ川のそば粉」をはじめとする浅草・駒形ならではの地元食材を使用したメニューは、きっと心に残り続けることでしょう。

フランス料理

restaurant Nabeno-Ism

東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩5分

素材の旨味を存分に引き出したスペシャリテ

レフェルヴェソンス

お皿やテーブルの上、お客様とスタッフ、ダイニング全体が一体となる“一座建立”の心を大切にする、西麻布のフレンチレストラン「レフェルヴェソンス」。
2020年度版『ミシュランガイド東京』で2つ星、『ゴ・エ・ミヨ2020』でも4トック(17.5点)と、有名ガイドブックでも高い評価を受け、多くの美食家を虜にしてやみません。

ランチ・ディナー共に、コースは1つのみ。生江史伸氏が生み出す見た目も美しいイノベーティブな料理は、調理法にもこだわり抜いた、ここだけの味です。
中でも「定点」と名付けられた一皿は、丸ごと火入れしたカブを使ったスペシャリテ。カブを軸に四季の移ろいを表現した、どの季節に伺ってもいただけるメニューです。素材の旨味を存分に味わえる、真の贅沢を堪能して。

フランス料理

レフェルヴェソンス

東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅 12分

20,000円〜

驚きに満ちた独創的なフレンチを食す

sincere

2015年に惜しまれつつ閉店した「レストラン バカール」でシェフを務めた石井真介氏が手掛けるフレンチレストラン「Sincere」。
ライブキッチンが目を引く店内は、厨房とゲストが一体になって楽しむことができ、名店ながらも肩ひじを張らずに過ごせる空間です。

このお店の醍醐味は、シェフが織りなす物語のようなコース料理。代名詞ともいえる「たい焼き」をはじめ、フランス料理の伝統的な調理方法をベースにした、遊び心溢れるプレゼンテーションは、一皿一皿に驚きが詰まっています。
まるでエンターテインメントショーを見ているかのような料理は訪れる人々を魅了し、2019年度版『ミシュランガイド東京』で1つ星にも輝きました。

フランス料理

sincere

東京メトロ副都心線 北参道駅 3番出口 徒歩3分

15,000円〜19,999円

新感覚!カウンターでいただく本格フレンチ

銀座大石

「銀座大石」は、四ツ谷の名店「北島亭」をスーシェフとして支えてきた大石義一氏がオーナーシェフを務めるフレンチレストランです。2019年9月に開業したお店の店内は、フランス料理をいただくには珍しいカウンター席のみ。調理の様子を眺めながらシェフとお話をする時間もまた、「銀座大石」での楽しみの一つです。

全15品のおまかせコースは、長年培われた正統派フランス料理の味わいを大切にしながら、素材そのものの美味しさを堪能できるよう、和食の要素も取り入れたメニューの構成。皿数は多いですが、変幻自在の美味しさにペロリと食べられてしまうそう。
シェフとの会話と共に楽しむ、新感覚のフレンチを体感してみませんか。

フランス料理

銀座大石

東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 徒歩5分

想像する時間も楽しむ、和食材を活かしたメニュー

フロリレージュ

外苑前に佇む「フロリレージュ」は、六本木の1つ星「ル・ブルギニオン」や御殿山の3つ星「カンテサンス」にて、スーシェフを務めた川手寛康氏によるモダンフレンチレストラン。
オープンキッチンを囲むようにカウンター席が備わり、友禅で染めた木の壁や廃材を利用した床など、黒を基調とした店内はシックな雰囲気が漂います。

日本の風土を感じさせる山菜や緑茶、すっぽんなどの和食材をシェフならではのフレンチにアレンジした逸品は、感性が掻き立てられると評判を呼び、『ミシュランガイド東京』にて2つ星にも輝きました。
「投影」「再生」「分かち合う」と名付けられたメニューに想像を膨らませながら、ワクワクするひとときを体感しませんか。

フランス料理

フロリレージュ

東京メトロ銀座線 外苑前駅 3番出口 徒歩5分

人生で一度は訪れたい、日本を代表するフレンチ

レストラン カンテサンス

品川・御殿山にある「レストランカンテサンス」は、『ミシュランガイド東京』が2007年に発刊されて以降3つ星として紹介され続ける快挙を成し遂げ、『アジアのベストレストラン50』にも選ばれる、日本を代表する名店です。
予約の取れないレストランと名高いこのお店で腕を振るうのは、岸田周三氏。
白紙になったメニューには、“すべておまかせください”という意思が反映されているそう。

提供される料理は、「プロデュイ(素材)」「キュイソン(火入れ)」「アセゾネ(味付け)」を徹底。特に低温長時間ローストといった独特の火入れ方法は新鮮で、多くの食通からも注目を集めます。極上の美食体験を味わうために、一度は訪れてみたい唯一無二のレストランです。

フレンチ

レストラン カンテサンス

京急本線 北品川駅 徒歩5分

20,000円〜

今回は、一休.comレストランが提案する「至高のレストラン」の中でも、「フレンチ」の名店をご紹介しました。どのレストランも、一休.comユーザーの方に満足していただける個性と魅力に溢れています。ぜひ、大切な方とのお食事や自分へのご褒美に予約して訪れてみては。

Minaho Ito

一休.comの宿泊営業から編集部へ。子供を預けて、つかの間の贅沢をレストランで過ごすのが楽しみ。見た目が美しい料理が好きで、イノベーティブ料理やフレンチ・イタリアンがお気に入り。
自分へのご褒美にスイーツ店巡りをすることも多く、行きたいお店リストは常に更新中。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:リストランテASO
・好きなお店:NARISAWA/Crear Bacchus/オテル・ドゥ・ミクニ/ガストロノミー ジョエル・ロブション
・得意料理:イノベーティブ料理/フレンチ/イタリアン
・好きな食材:赤身肉/チーズ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする