Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中 Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中

一度は行きたい!素材にこだわる焼鳥の名店 名古屋編

名古屋の名産と言えば、なんといっても日本三大地鶏のひとつ「名古屋コーチン」。弾力があり、よく締まっていて歯ごたえも十分、焼鳥にぴったりの肉質です。そんな名古屋コーチンをはじめ、愛知には「岡崎おうはん」「奥三河どり」「錦爽どり」「三河赤鶏」などのブランド鶏も多数あり「名古屋はレベルの高い焼鳥屋さんが多い」と言われています。今回は、ブランドはもちろん、素材の扱いにもこだわりを見せる焼鳥の名店3軒を紹介します。

1.大分冠地鶏を中心に、季節の串と「ひきたし」の料理を

ひきざんたしざん(愛知県/池下駅)

池下駅から徒歩約4分の路地裏にひっそりと佇む「ひきざんたしざん」。店内は、小上がりのテーブル席が1卓と全10席のL字カウンター。繊細な火入れにより、素材の輪郭を際立たせた焼鳥でファンを魅了しています。「鶏の味をしっかり味わってほしい」と、タレや一味、七味も置かないというこだわりの強さ。

季節ごとの魅力を映した贅沢な串は、大分冠地鶏を中心に各地の地鶏と四季折々の食材を組み合わせ「ひきたし」の技で提供されます。旬の素材を使った一品料理の数々も楽しみながら、フレンドリーな大将との会話もはずみ、肩肘を張らずに過ごせる和みの焼鳥店です。

焼鳥

ひきざんたしざん

名古屋市営地下鉄東山線 池下駅 徒歩4分

8,000円〜9,999円

2.旨味あふれる地元のブランド鶏を、厳選したお酒と

炭火やきとり とりこころ 池下店(愛知県/池下駅)

池下駅近くにある「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019 特別版」ビブグルマン獲得の「炭火やきとり とりこころ 池下店」。純系名古屋コーチンと、朝締めした奥三河若鳥を使用し、国産ならではの旨味あふれる焼鳥でファンの心を掴んでいます。焼手の技術と情熱で焼き上げる絶品串は、また格別な味わい。純米酒・焼酎・ワイン・クラフトビールなどの店主が厳選した銘柄と合わせて、できたてアツアツを楽しめます。

「とりこころ農園」の減農薬野菜を使い、焼鳥だけでなく、尾長鴨・小鴨・キジ・夏鹿 友釣り鮎といった、旬のジビエや三河一色産鰻の白焼も満喫。締めのラーメンもクセになる味で、なにが出てくるかわからないワクワクに満ちた一軒です。

焼鳥

炭火やきとり とりこころ 池下店

名古屋市営地下鉄東山線 池下駅 307m

6,000円〜7,999円

3.名古屋コーチン丸鶏を、部位により風味を変える熟練の技

焼き鳥 茂 東桜(愛知県/栄駅)

栄駅から3分ほど歩くと見えてくる、シンプルな和の外観が「焼き鳥 茂 東桜」。店内に足を踏み入れると、石壁で囲まれた重厚な空気が流れています。座席は、ライブ感が伝わる開放的なカウンター席とプライベートな個室を用意。いずれも、前菜から締めのご飯まで、鶏料理を知り尽くした店主こだわりのコースが楽しめます。

厳しい目で吟味した名古屋コーチンは、養鶏場から指定した丸鶏を熟成してさばき、紀州備長炭の直火で焼き上げて旨味を封じ込めます。各部位や素材によって風味を変える熟練の火入れで、抜群の味わいに。フレッシュな状態から、繊細な調理で旨味を存分に引き出します。締めのご飯は、特製の鶏スープをかけたお茶漬け風もおすすめです。

焼鳥

焼き鳥 茂 東桜

名古屋市営地下鉄東山線・名城線 栄駅 栄出口徒歩3分

6,000円〜7,999円

行列必至、予約困難と言われる名店が多数ある名古屋の焼鳥屋。朝締めにした鶏を丸ごと熟成させたり、部位により調理法や調味料を変えたり、火入れの技術はもちろん、店ごとに独創的な工夫を凝らしています。名古屋に行ったら、それぞれの店のこだわりを存分に味わってみてください。

※こちらの記事は2024年06月14日更新時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

Miki D'Angelo Yamashita

コロンビア大学・パリ政治学院修士。新聞社を経てフリージャーナリスト。専門は別だが、趣味が高じて食担当記者に。延べ3000人料理人インタビュー、約30カ国で食関連を取材。料理本も多数編集。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:未在 / 晴山 / レヴォ /茶禅華
・好きなお店:ギ・サヴォワ / Restaurant KEI / 祇園さゝ木 / 宮坂
・自分の会食で使うなら:ル・ブルキニオン / ラルジャン / 乃木坂しん / 蕎麦おさめ
・注目しているお店:お料理ふじ居 / 日本料理 研野 / ELEZO ESPRIT
・得意ジャンル: スイーツ
・好きな食材:麺類

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする