極みの店|

「東麻布 不風流」特集。大切な接待・会食に使いたい、期待の日本料理店

東麻布の落ち着いた一角で出会う、四季折々の贅沢な和食が人気の「東麻布 不風流」。スタイリッシュな設えが美しい空間に様々な席を用意し、幅広いシチュエーションで利用できる使い勝手の良さでも定評のある一軒です。

ビジネスでの接待や、友人や恋人との会食などで人気の日本料理店で、“滋味百珍”をテーマにした、季節の滋味溢れる新感覚の和食を選りすぐりのワインと一緒に楽しみませんか?

東麻布のシックな隠れ家空間

外苑東通りから入った静かなエリアに風流な庭を備え、別天地へ誘なわれるような門構えが印象的に映る「東麻布 不風流」。

趣ある土壁や赤松のカウンターに目を奪われる店内では、都会的な洗練が訪れるゲストを心地よく迎えてくれます。

大人のデートに人気のカウンター席の他、2名から利用できる各種個室があり、ソファ席やお座敷、掘りごたつなど、席のバリエーションも豊か。様々な用途に応えてくれる頼もしさは、会食や大切な接待などにも重宝しそうです。

確かな和食の技術に洗練も纏う料理人

店主は山梨県出身の渡邊清司氏。料理人であった父の影響で自身も早くから料理人を志し、18歳の時に上京して料理人修業を開始しました。割烹や料亭、ホテルなど、数々の一流店で技術を習得。25年間に渡って研鑽を重ねた、熟練の料理人です。

2016年1月にオープンした「東麻布 不風流」では和食の伝統を重んじる一方、モダンな空間との調和も見事な、独創的で洗練された料理を披露し評判を呼んでいます。

名物は『さばサンド』と贅沢な『すき焼き』

“心と体に優しいもの”を念頭に、季節の上質な食材を使用している同店。豊洲や下関からは、水揚げされたばかりのこの上なく新鮮な活魚を仕入れ、貴重な伝統野菜なども選りすぐりの農家から入手。日本の四季に根ざした旬の食材や、古来からの味を伝える素材を積極的に用いる他、世界各地から上質な食材を吟味しています。

そんな「東麻布 不風流」でぜひいただきたいのが、名物の『さばサンド』。その時々に質の良い鯖を全国から選りすぐって仕立てており、絶妙な塩梅でしめた鯖の身がパンとの相性抜群と好評。新鮮な鯖だからこその美味しさが堪能できる逸品メニューです。
また『さばサンド』と並んで人気の『トリュフがけ和牛すき焼』は、その名の通り贅沢極まる同店自慢の一品。豪華食材が織りなす絶品の味わいを、風情ある器類の美しさと共に存分に堪能したいですね。

通年味わえる旬の蟹も必見

四季折々の味覚にこだわった上質な和食を身上とする同店では、旬の蟹にも力を入れています。毛蟹や松葉蟹、香箱蟹などを皮切りに、その時々で旬を迎える蟹を通年用意しています。

時期によっては蟹好き垂涎の『黄金蟹』も登場し、食通たちの注目の的。松葉蟹と紅ずわい蟹の間に生まれ、双方の特長をまさにいいとこ取りした黄金蟹は、その名が示す通り、黄色味がかった光沢のある甲羅が特徴の大変希少な蟹として知られています。

大人が集う東麻布の洗練された空間で、選りすぐりの季節の美味をいただく、この上なくラグジュアリーなひととき。大切な人を連れて美食に酔いしれたい日にも、成功に導きたい大事な接待の日にも、ぜひ訪れていただきたい心地よさ満点の一軒です。

「東麻布 不風流」の記事をもっと読む

「東麻布 不風流」の個室を取材。会食におすすめ!東麻布のモダンな和食店

懐石・会席料理

東麻布 不風流

東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 徒歩5分

12,000円〜14,999円

アクセス
住所 東京都港区東麻布2-33-5 第四松坂ビル1F

Mika Muroi

旅と食べ歩きと文章を書くことが好きで、プレミアム・グルメメディア「KIWAMINO」のライターに。フレグランスラボでの勤務経験から、香りやフレーバーにこだわりが。選りすぐりのレストランを、スマートな日本語に乗せてお届けします。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:DAZZLE
・好きなお店:嘉禅
・自分の会食で使うなら:麻布淺井
・得意ジャンル:イタリアン、ビストロ
・好きな食材:野菜全般、鴨、チーズ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする