会食リスト|

注目の「イノベーティブ中華」で革新の一皿を体感!都内で話題の中国料理店特集

プレミアム美食メディア「KIWAMINO」では今回、日本で独自の進化を遂げる中国料理の名店を厳選してご紹介。イノベーティブな料理が自慢の人気店から、ワインや紹興酒とのマリアージュを楽しめるヌーベルシノワの名店まで、編集部オススメの7軒をまとめました。気に入ったお店があれば、記事のブックマークをお忘れなく!

人気シェフが手掛ける中華×スパニッシュ料理に舌鼓

TexturA(東京・有楽町)

丸の内仲通り沿い、JR有楽町駅にほど近い「TexturA」。築地「東京チャイニーズ 一凛」や、鎌倉の人気店「イチリンハナレ」の齋藤宏文シェフが手がける“中華×スパニッシュ”のお店として、2019年のオープン以来一休.comユーザーにも人気のお店です。

設えや照明にこだわったラグジュアリーな店内には、予約なしでアラカルトメニューをいただける「カジュアルダイニングエリア」と、コース料理を楽しむ「ハイエンドレストランエリア」をご用意。「よだれ鶏」をはじめとする齋藤シェフのスペシャリテを、洗練された空間で楽しめます。

中国料理・スペイン料理

TexturA

JR線 有楽町駅 徒歩1分

8,000円〜9,999円

新進気鋭のシェフが提案するイノベーティブ中華の数々

虎峰(東京・六本木)

一家言を持つグルメから支持を集める、六本木三丁目のイノベーティブ中華「虎峰」。カウンタースタイルで、少量多皿のお料理をいただくこちらのお店を率いるのは山本雅シェフ。恵比寿の名店「マサズ・キッチン」などでの修業を経て「虎峰」をオープンした実力派です。

少量多皿ということで、お料理毎にペアリングのご提案をいただけるのもこちらのお店ならではの魅力。紹興酒やワイン、シャンパン、日本酒まで。一皿ごとに専任のソムリエと相談して、ピッタリのグラスをチョイスできる贅沢な時間をお過ごしいただけます。
また、ティーペアリングにも対応しているので、お酒が苦手という方もご安心ください。

中国料理

虎峰

都営地下鉄大江戸線 六本木駅 5番出口より徒歩3分

15,000円〜19,999円

スタイリッシュな空間で楽しむ和と洋を取り入れた中国料理

Renge equriosity(東京・銀座)

名店ひしめく銀座エリアで、店主・西岡英俊氏のオリジナリティーあふれる感性が光る上海料理をいただける名店「Renge equriosity」。スタイリッシュかつ温もり感のある店内には、カウンター席や半個室席をご用意。様々なシーンで活躍する高級中国料理店です。

和と洋のエッセンスが融合したお料理を提供するこちらのお店。イタリアンやスパニッシュにも造詣が深い西岡氏の卓越したセンスは、グルメならばぜひ一度味わってみたいもの。上海蟹など、シーズンごとの旬をいただけるので、季節が移り変わる度にリピートする方も多いそうです。

中国料理

Renge equriosity

東京メトロ銀座線・丸ノ内・日比谷線 銀座駅 B6番出口 徒歩5分

15,000円〜19,999円

大人の街銀座で、「隠れ家」をお探しの方にピッタリな一軒

中華たかせ(東京・銀座)

大人の街銀座で、隠れ家的レストランをお探しの方にオススメしたい「中華たかせ」。広東料理一筋30年の高瀬健一氏が繰り出すコース料理は、いずれも素材にこだわったものばかり。「マンダリン オリエンタル 東京」の名店「センス」初代料理長の卓越した技術が魅了します。

旬の魚介類を用いた広東料理は、中華ながら素材本来の美味しさを味わえるものばかり。ゆっくりと寛いで味わってほしいという思いから、コース料理は2時間30分ほどとあえて時間をかけて提供。ワインなど厳選されたアルコール類とのペアリングも、心ゆくまで堪能できます。

中国料理

中華たかせ

JR線 新橋駅 徒歩6分

20,000円〜

テレビでもお馴染み五十嵐美幸シェフの味を銀座でも

Chinese Dining 美虎 銀座(東京・銀座)

テレビでもお馴染みのシェフ・五十嵐美幸氏が銀座にオープンした「Chinese Dining 美虎 銀座」。野菜をふんだんに用いた四季を感じられる中国料理は、美味しさだけでなく健康にも配慮しています。人気の女性シェフの感性が光る一皿を楽しめます。

お料理と一緒に楽しみたいのが、厳選されたワイン。赤と白がそれぞれ常時10種類と豊富なほか、熱心なファンの多い「ケンゾーエステイト」のプレミアムワイン「あさつゆ」などもご用意。カウンターやテーブル席、個室もあるため、シーンを問わず利用できます。

中国料理

Chinese Dining 美虎 銀座

東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線 銀座駅 徒歩1分

6,000円〜7,999円

ヌーベルシノワの名店で季節を感じる中国料理を

中国料理 礼華 四君子草(東京・日比谷)

日本のヌーベルシノワを代表する名店の一つ「中国料理 礼華 四君子草」。高級中国料理店「礼華」ブランドのフラッグシップ店として知られています。日比谷公園を一望するパノラマビューや木目が美しいカウンターテーブルなど、上質な空間・設えにも人気が集まっています。

薬膳への造詣が深い料理長・新山重治氏が提案するのは、日本の四季を感じるお野菜をふんだんに取り入れた繊細な中国料理。北京ダックやアワビ、フカヒレといった定番から、滋養に良いヘルシーでボタニカルな料理まで、豊富なコースから好みにマッチしたものを選択することができます。

上海料理/ヌーベルシノア

中国料理 礼華 四君子草

都営地下鉄三田線 日比谷駅 徒歩1分

12,000円〜14,999円

斎藤シェフの名を高めた元祖「よだれ鶏」を築地で堪能

東京チャイニーズ 一凛(東京・築地)

新富町駅から徒歩3分、中央区役所の裏手にひっそりと佇む中華料理店「東京チャイニーズ 一凛」。飾らない上質な店内は落ち着いた雰囲気で、ライブ感のあるカウンターキッチンではシェフとの会話も楽しめます。

「赤坂四川飯店」で研鑽を積んだ、店主・齋藤宏文氏が繰り出すスペシャリテ「よだれ鶏」や麻婆豆腐、揚げ春巻きなど、独自の解釈と工夫によって生まれる料理は多くの美食家から支持を集めています。紹興酒が豊富なので、お料理とお酒のマリアージュを楽しみたい方にもオススメの一軒です。

四川料理

東京チャイニーズ 一凛

東京メトロ有楽町線 新富町駅 徒歩3分

8,000円〜9,999円

オリジナリティーあふれる中国料理の名店を厳選してご紹介しました。ぜひ、お気に入りの一軒を見つけてみてはいかがでしょうか。

謝 谷楓

「一休.comレストラン」のプレミアム・美食メディア「KIWAMINO」担当エディター。ユーザーの悩み解決につながる情報を届けられるよう、マーケットイン視点の企画・編集を心掛けています。

前職は、観光業界の専門新聞記者。トラベル×テック領域に関心を寄せ、ベンチャーやオンライン旅行会社の取材に注力していました。一休入社後は「一休コンシェルジュ」を経て、2019年4月から「KIWAMINO」の担当に。立ち上げを経て、編集・運営に従事しています。
【MY CHOICE】
・最近行ったお店:六雁
・好きなお店:すぎた
・自分の会食で使うなら:茶禅華
・得意ジャンル:日本料理
・好きな食材:雲丹/赤貝

このライターの記事をもっと見る
instagram link

この記事をシェアする