食レポ|

「旬房/グランド ハイアット 東京」実食レポ。旬の食材を活かす職人技を堪能

六本木にある「グランド ハイアット 東京」の6階に位置する「旬房」は、四季折々の新鮮素材を選りすぐった、真の日本の味覚が楽しめる日本料理店。

一歩店内へ足を踏み入れると、そこに広がるのは凛とした空気が流れる空間。内装には、香川県産の庵治石や木目の質感など自然の素材を活かし、細部まで趣向を凝らしています。

料理人の技を眺めながら食事ができるカウンターも忘れずに。海外からのゲストにも人気が高い特等席です。

そんな空間で楽しむ料理、今回ご紹介するのは一休でしか体験できないスペシャルなコースです。 旬房オリジナルラベルの日本酒を、まるまる1本提供してくれるという贅沢な内容。これは見逃せません。早速、乾杯を。

コースは、メインに飛騨牛の炭火焼きか、大人気の飛騨牛すき煮のどちらかを選べる全6品。乾杯と共にスタートする1品目は、本日の旬菜盛り合わせです。若牛蒡の煮浸し、蛍烏賊の酢味噌和えなど、まさに春を感じるラインナップ。どれも、日本酒との相性が抜群。

続いては、御造里を3種類盛り合わせで頂きます。
脂の乗った本鮪、弾力のある食感が美味しい天然の鯛、そしてねっとり感たっぷりのアオリイカ。

カリカリに揚げた小魚が、味と食感のいいアクセントになっているサラダ。トマトやブロッコリーなど、たくさんの種類の野菜が食べられるのも嬉しいですね。

メインの飛騨牛は、炭火焼きかすき煮から選ぶことができますが、人気なのは肉と野菜の旨みが一体となったすき煮。

一般的なすき焼きは鉄鍋を使いますが、こちらでは「宝楽」という陶器を使って熱々の状態で提供されます。A5ランクの飛騨牛はきめ細やかな肉質でとっても柔らかく、美味しい…。タレの味がしっかりと染みた焼き豆腐や、旬の筍などお肉以外の食材も絶品です。
甘辛のタレで仕上げた飛騨牛とごはんを、一緒に口に運べばまさに至福。日本人で良かった!と感じる瞬間です。

そのまま食べても良し、もちろん卵黄をたっぷり絡ませて食べても美味しい。
(※生卵は別料金となります)

甘くてみずみずしいあまおうとメロンは、お肉の脂をすっきりと流してくれます。

旬の素材そのものの味を引き出す、シンプルですが手の込んだ本格的な日本料理を創り上げる料理長の技とこだわりを、素晴らしい空間で体感することができる、特別なディナープラン。
ビジネスでもプライベートでも、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

時間を気にせず、ゆったりと贅沢に過ごしてみてはいかがでしょうか?

日本料理

旬房/グランド ハイアット 東京

東京メトロ日比谷線 六本木駅 1番出口より徒歩3分

15,000円〜19,999円

ハツ

年間400軒のレストランを食べ飲み歩くグルメブロガー。美味しいものを食べて飲んで楽しむオンラインサロン「東京グルメサロン」主宰、約140人のメンバーで毎月20回以上のオフ会を開催中。 その他、さまざまなグルメメディアでグルメライターとして活動しながら、自身もインフルエンサーとしてグルメ情報をSNSで発信している。

このライターの記事をもっと見る
twitterlink