2023年版「アジアのベストレストラン50」受賞レストランをご紹介

食通なら一度は耳にしたことがある「ASIA’S 50 BEST RESTAURANTS(アジアのベストレストラン50)」。「食のアカデミー賞」とも例えられ、ランキングの内容が食のトレンドに影響を与えるとも言われています。10周年となる今回は、第1回開催と同じシンガポールでの実施となりました。2022年は映えある1位を日本の「傅」が受賞し、「Best Female Chef(アジアの最優秀女性シェフ賞」)」には「été」の庄司夏子氏が選ばれました。2023年の最新ランキングは、2023年3月28日に発表されたばかり!2023年は日本からはどのようなレストランがランクインしたのでしょうか。最新ランキングをご紹介します。

1.「アジアのベストレストラン50」とは

イギリスのメディア会社「William Reed Business Media」が発行しているグルメ雑誌「レストラン」で2002年から始まったレストランランキング「世界のベストレストラン50」のアジア版として2013年に新設されました。メディアやシェフ、フーディーなどの専門家が、過去18ヶ月以内で実際に訪れたレストランの中から、1名につき居住国のお店に最大6票、海外のお店に最大2票を投票し、ランキング形式で発表。個人的に利害関係のあるお店は対象外です。レストランのランキングの他に「アジアの最優秀女性シェフ賞」「アイコン賞」「アジアのベスト・パティシエ賞」などの個別賞もあり、毎年話題を集めています。

2.2023年版「アジアのベストレストラン50」が発表!

世界的なウォーターブランド「S.Pellegrino & Acqua Panna」主催で、2023年3月28日に2023年版「アジアのベストレストラン50」の授賞式がシンガポールにて行われました。
バンコク、マカオ、東京のアジア3都市で、シェフやレストラン関係者、業界VIP、メディア関係者を集めたイベントも同時開催。日本からは10軒のレストランが受賞を果たしました。

3.東京のフランス料理「Sézanne」が2位を獲得!受賞した日本のレストランとは

今回2位にランクインし「The Best Restaurant in Japan 2023」を受賞したのは「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」にある「Sézanne」のイギリス人シェフ・ダニエル・カルヴァート氏。ロンドン・ニューヨーク、パリの名立たる名店で研鑽を積んだカルヴァート氏は、2020年には香港の「Belon」を4位に導きました。その後東京に拠点を移し、2022年は「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」にある「Sézanne」にて17位を獲得。今回は順位を大きく上げ、2位に輝き「The Best Restaurant in Japan 2023」のトロフィーを手にしました。ダイナミックかつ緻密で繊細な技術で織りなされるカルヴァート氏のクラシックフランス料理は、美食家たちを魅了してやみません。

前回1位の、東京にある懐石料理「傳」は4位にランクイン。2007年にオープンした「傳」は、オーナーシェフ・長谷川在佑氏の遊び心が溢れるレストランです。長谷川氏の個性的なアプローチを反映した懐石料理の数々は、独創的なプレゼンテーションと伝統料理の掛け合わせが、訪れる多くのゲストを喜ばせています。

その他、東京のレストランは7位に「Florilege(フロリレージュ)」、10位に「NARISAWA 」、12位「茶禅華」、20位「Ode(オード)、44位「L’Effervescence(レフェルヴェソンス)」がそれぞれ受賞しました。

大阪より8位に「La Cime(ラシーム)」、14位に和歌山にある「Villa Aida (ヴィラ アイーダ)」、32位に京都の「cenci(チェンチ)」がランクインするなど地方の有名店にも注目が集まりました。

<入賞した日本のレストラン一覧>
2位   Sézanne(東京)https://www.fourseasons.com/jp/tokyo/dining/restaurants/sezanne/
4位  傳(東京) https://www.jimbochoden.com/
7位  Florilege(東京) https://www.aoyama-florilege.jp/
8位  La Cime(大阪) http://www.la-cime.com/
10位 NARISAWA(東京) https://www.narisawa-yoshihiro.com/
12位 茶禅華(東京) https://sazenka.com/
14位 Villa Aida(和歌山) http://villa-aida.jp/index.html
20位 Ode(東京) https://restaurant-ode.com/
32位 cenci(京都) https://cenci-kyoto.com/
44位 L’Effervescence(東京) https://www.leffervescence.jp/

4.レストランだけではない!いくつかの個人賞カテゴリーでも表彰

7位にランクインした東京・青山にある「Florilege」の川手寛康氏は「Inedit Damm Chefs’ Choice Award 2023」も合わせて受賞。アジアのベストレストラン50のリストに名を連ねるシェフたちの投票による本賞は、川手シェフがアジアの料理シーンに果たした貢献を称えるものです。「Florilege」の成功に続き、2018年には台湾に姉妹店の「Logy」をオープン。東京では、2020年に「傳」の長谷川在祐氏とのコラボレーションによるレストラン「デンクシフロリ」を手掛けるなど、ここ15年に渡る東京のダイニングシーンの発展に重要な役割を果たしてきたことが評価されました。

44位を受賞した東京・表参道に位置する「L’Effervescence(レフェルヴェソンス)」の生江史伸氏は、「Icon Award(アイコン賞)」に輝きました。生江氏は2018年にアジアで初となる「Sustainable Restaurant Award(サステイナブル・レストラン賞)」を受賞し、持続可能性を意識したシェフの比類なきコミットメントが強調されました。その後、2020年から2021年にかけて29位に順位を上げ、「Highest Climber Award(ハイエスト・クライマー賞)」を獲得しています。今回の受賞は、生江氏の持続可能性を意識したシェフとしての功績と、アジア全体へのロールモデルとしての影響力が評価されました。

以上2023年版「アジアのベストレストラン50」のランキング速報でした。
2024年版はどのようなレストランがランクインするのか、楽しみですね。

Mika.A

外食が何よりの楽しみな編集部メンバーです。
野菜へのこだわりは人一倍!好きが高じて
ベジタリアン・フルーツアドバイザーの資格を取得しました。

・好きなお店:さ行/ボッテガ/鮨かなやま/銀座レカン/シンシア
・好きなジャンル:鮨・肉・フレンチ(正統派クラシック派)
・最近行ったフレンチ:シンシア/レストラン西洋銀座/マダム・トキ/シェ・イノ
・好きな食材:野菜全般/鴨/トリュフ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする