名店リスト|

日本料理の進化系「ネオ和食」で話題の東京のレストラン5選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

日本料理と言えば、伝統的な食材と技法に則って調理が行われるイメージがありますが、先人の偉大な足跡を踏襲しながらも、新しい料理を打ち出す「ネオ和食(進化型和食)」の人気が近年大きな高まりを見せ、老若男女問わず幅広い層が足を運んでいます。今回は東京都内にある、独創的な進化が止まらないネオ和食の名店を5軒、ご紹介いたします。

1.日本料理の枠を超える、新感覚の和洋折衷コース

NK(Nanpeidai chef’s table featuring Kakuland)(東京都/神楽坂駅)

日本料理の名店として名高い「石かわ」グループが、一風変わったお店を神楽坂にオープンしたというのは、2020年の大きなニュースとしてまだ記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。「NK(Nanpeidai chef’s table featuring Kakuland)」は、和食の料理人である角谷建人氏と、洋食のシェフとして名を馳せていた高橋七洋氏がタッグを組んで開業したお店です。

石畳が続く路地の奥、穏やかに街へ溶け込んでいる店構えの扉を開けると、木の温もりを感じるシックな内装が目に入ります。オープンキッチンの中央には焼き台が用意されており、臨場感あふれる調理を五感で楽しむ事ができます。

フレンチの定番メニューである、キャビアとサワークリームの組み合わせから着想を得た「薪の香りをつけたイクラと酢橘のクリーム」や、アフリカのミックススパイスであるラッセルハヌートを隠し味に用いた「甘鯛の松笠焼き」など、独創的な美味しさがたまりません。

イノベーティブ

NK(Nanpeidai chef’s table featuring Kakuland)

東京メトロ東西線 神楽坂駅 徒歩3分

2.日本全国を食べ歩いた店主がもてなす、唯一無二のおまかせ料理

美会(東京都/乃木坂駅)

世界のセレブリティのコーディネートや飲食店のコンサルティング、ライター活動などを通じて活躍していたビア氏。日本の食の多様性や技術力に魅せられ、全国各地を食べ歩き、ついに自身の料理を表現する場所として2020年6月に「美会」をオープンさせました。

繊細な日本料理と、ビア氏の出身であるタイ王国のスパイスとの取り合わせが、ユニークな美味しさを生み出す絶妙な塩梅となり、多くのゲストから高い評価を得ています。食材は、京野菜や日本全国から厳選された新鮮な魚介類、上質な和牛など、こだわりの素材がずらりと揃うのは、生産者や卸問屋と深いつながりを築き上げてきたビア氏だからこそ。

店では、和食をベースにタイのエッセンスを加えた、新しいフュージョンスタイルの料理が楽しめます。ヴィンテージワインや流通量の少ない希少な日本酒もいただけます。

和食(その他)

美会

千代田線線 乃木坂駅 徒歩4分

20,000円〜29,999円

3.余韻と奥行を大切に、豊かな四季に包まれる幸せ

日本料理 四四A2(東京都/広尾駅)

広尾の閑静な住宅街の中、シンプルで洗練された佇まいがどこかホッとする「日本料理 四四A2」。店内は穏やかで温かみのある調光、緩やかな曲線の椅子は座り心地が良く、癒されます。店主・福島良篤氏は、料亭や割烹の名店などで修業を重ね、満を持して独立しました。

春夏秋冬それぞれの季節に出会う事ができる、山海の幸の美味しさを最大限に引き出すという、日本料理の伝統を踏襲しつつも、常に固定概念にとらわれないメニューを供していく。その確かな技術に裏付けされた福島氏の料理は、インパクト重視の一品などではなく、多くのゲストの心と胃袋をつかむ、感嘆と美味しさに満ちた逸品に仕立てられています。

女将である奥様は、バーテンドレスの経験もあり、ゲストの気持ちに寄り添うような語り口と、的確なお酒の提案が魅力。料理とお酒を何倍にも楽しませてもらえる、見事なコンビネーションです。

日本料理

日本料理 四四A2

東京メトロ日比谷線 広尾駅 2番出口より徒歩10分

4.大人の贅沢を彩る「Neo Japanese Dinner」に舌鼓

Kuma3(東京都/銀座駅)

日本料理店の常識を覆す、モダンかつラグジュアリーな空間として2012年、銀座の地に華々しくオープンした「Kuma3」。エレベーターを降りると、そこに広がるのは無数の薔薇のプリザーブドフラワー。席は職人の手さばきを目の前に過ごせるカウンター席のほか、用途に合わせて複数の個室も完備。デートにも会食にも、多様なニーズに応えてくれる、美しく華麗な設えが好評を博しています。

選び抜かれた旬の食材を使い、伝統的な日本料理・会席料理の手法で調理された品々に、ひと手間、斬新な創意工夫を盛り込む。このバランスの取り方が、料理長である添野充広氏が提唱する新しい料理の形「Neo Japanese Dinner」であり、グルマンの注目を集めています。

お酒も幅広く揃っていますが、特にソムリエが厳選したヴィンテージワインや、日本酒利酒師が全国各地から取り寄せた、選りすぐりの日本酒とのマリアージュは好評で、お酒好きには見逃せません。

会席料理

Kuma3

東京メトロ日比谷線 銀座駅 B6口徒歩1分

20,000円〜29,999円

5.日本の伝統を大切に、西洋の文化に学ぶ和魂洋才の隠れ家

麻布 淺井(東京都/六本木駅)

六本木からほど近く、都会の喧騒から離れた西麻布の裏路地にひっそりとお店を構える「麻布 淺井」。窓を全面的に取った店内は、昼間には心地の良い太陽の光が差し込む爽やかな雰囲気。夜は店内の照明を落とし、お洒落なペンダントライトがテーブルを照らす大人の雰囲気が漂い、昼と夜で表情を変えるスタイリッシュな空間になっています。

大理石を敷いたベージュとウッド調のナチュラルな設えは、気疲れせずリラックスして食事を堪能できます。食材の仕入れは旬を大切にし、ゲストに自信をもって提供できる素材のみを入荷。

オーナーシェフである浅井太一氏は、日本料理にイタリアンやフレンチのエッセンスを採り入れ、様々な技法を駆使した独創的な美味しさを提供する料理人として、多くのゲストを虜にしています。英語対応もOK、ベジタリアンメニューも予約時の相談で対応可能で、海外のゲストにも喜ばれています。

日本料理

麻布 淺井

東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩10分

15,000円〜19,999円

いかがでしたでしょうか。一口にネオ和食と言っても、多様な表現の違いが生まれます。それぞれ表現の仕方が違っても、より美味しい料理でゲストに幸せな時間を過ごしてほしい。この気持ちは料理人共通の思いで、私たちが繰り返しお店に足を運ぶ、大きな原動力になっているのでしょう。本日の食事も、皆様にとって幸せな時間となりますように。

橋本 恭一

美味しいお酒とお料理を求め続ける 都内屈指の胃袋&肝臓フル回転系ライター。 和洋中ジャンル問わず、王道の古典料理から イノベーティブ系のお料理にどんなお酒が合うかを ひたすらに追い求めており、食前食後などのバーの 楽しみ方も皆様にお伝えしてまいります。
【MY CHOICE】
・さいきん行ったお店:ナスキロ/サエキ飯店/赤坂 らいもん/鮨 みうら
・好きなお店:レストラン キエチュード/ラ クレリエール/私厨房 勇/トラットリア ダディーニ
・自分の会食で使うなら:くろ﨑/Les Chanterelles/日本料理 晴山/の弥七
・得意ジャンル:フレンチ/イタリアン/バー
・好きな食材:サルミソース/真鱈の白子/生トリ貝

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする