美味しい羊料理を楽しめる東京のレストラン3選

ジンギスカンやしゃぶしゃぶ・ラムチョップなどで知られる羊料理。ラムやマトンといった羊肉は、鉄分やビタミンB群が豊富に含まれている上、高たんぱく・低脂肪・低カロリーで栄養満点!牛・豚・鶏に比べると馴染みのない印象がありますが、独特な香りが特徴で、昔から世界中で親しまれている食材です。今回は、そんな羊料理が自慢の東京のレストランをご紹介いたします。

1.希少な国内産羊肉が味わえる全国有数の店で、絶品ジンギスカンを堪能

羊SUNRISE(東京都/麻布十番駅)

麻布十番駅から歩いて2分程のビル3階に店を構える「羊SUNRISE」。国内消費量1パーセント以下という希少な国内産を始め、良質な羊肉が味わえる一軒です。カウンターメインの落ち着いた店内では、スタッフが絶妙な火入れで焼き上げるジンギスカンを楽しめます。

北海道や東北からオーストラリアまで、オーナーが各産地の牧場を巡って厳選した羊肉は“無冷凍”で仕入れているため、鮮度の良さが自慢。その鮮度を極限まで活かすため、オーダーごとに職人が手切りしてベストな状態で提供してくれます。ラム・ホゲット・マトンなど、羊肉本来の旨味と柔らかな舌触りを堪能しましょう。「硬い・臭い」というイメージを持たれる羊肉の概念を覆すような、新しいジンギスカンとの出会いにきっと感動するはずです。

ジンギスカン

羊SUNRISE

都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 4番出口より徒歩2分

2.備長炭で焼いた高級ラムチョップやワインをリーズナブルに満喫

ウルトラチョップ プリュ(東京都/麻布十番駅)

麻布十番駅から2分程歩いたビルの地下に佇む「ウルトラチョップ プリュ」。備長炭で1本1本丁寧に焼き上げるニュージーランド産の高級ラムチョップや、美味しいワインをリーズナブルにいただけるワインバルです。温かみのある照明が灯る店内は、お一人様からグループまで気軽に立ち寄れるアットホームな雰囲気です。

料理のおすすめはもちろん、柔らかくジューシーなラムチョップ。ニュージーランドの栄養価の高い牧草を食べて、ストレスなく育ったラムを使用しています。味付けは、クリスマス島のミネラル豊富な塩と胡椒でいただく人気No.1の「レギュラー」のほか、柚子胡椒やトリュフマスタードなどからお好みで。「トリュフ風味のマッシュポテト」も、ラムチョップの付け合わせにバッチリです。

ラムチョップ&ワイン

ウルトラチョップ プリュ

東京メトロ南北線 麻布十番駅 徒歩約2分

6,000円〜7,999円

3.希少価値の高い国産羊肉を使用したスペシャルコースを味わい尽くす

串羊 西麻布店(東京都/乃木坂駅)

西麻布にある羊肉料理専門店「串羊 西麻布店」は、麻布十番のジンギスカン店「羊SUNRISE」の姉妹店。リラックスできる上質な空間で、ゆったりとしたひとときを過ごせます。希少価値の高い国産の羊肉をメインで使用した料理は“羊肉をめぐる冒険”をテーマにしたコース構成。羊肉を存分に楽しんで堪能できるよう、料理の7技法をすべて使った、計8品のコースが基本となっています。

こだわりの羊肉は、国内消費量1パーセント以下の希少な国内産や厳選したオーストラリア産、世界最高峰とも呼ばれるフランス産などを“無冷凍”で仕入れているため、鮮度抜群!毎月シェフとコース内容が替わる店では、毎回新しい“冒険”に出かけられ、たくさんの“美味しい発見”ができます。羊肉の可能性を追求した渾身の料理を味わえば、羊の真の美味しさに出会えるでしょう。

羊肉専門店

串羊 西麻布店

東京メトロ千代田線 乃木坂駅 徒歩8分

12,000円〜14,999円

今回は、美味しい羊料理を楽しめる東京のレストランをご紹介しました。
部位や食感・調理法も様々で多彩な魅力を持つ羊肉を味わいに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

Misa Kanbayashi

デザイナー職を経て、文字に関わる仕事が好きで「KIWAMINO」編集部へ。校正をメインに、さまざまな記事に触れています。じっくり味わうひとりごはんも、誰かと楽しむ食事も、とにかく美味しい食べ物を口にするひとときが自分にとっての日々の幸せ。記事を通して、魅力ある情報を皆様にお届けしていきます。

【MY CHOICE】
・気になるお店:ジャルダン ポール・ボキューズ/オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ/季音/RISTORANTE IL NODO
・好きなジャンル:フレンチ/イタリアン
・好きな食材:魚介類/羊肉/チーズ/卵

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする