Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中 Amazonギフト券が当たる KIWAMINO読者アンケート実施中

知る人ぞ知る、看板のない東京の隠れ家レストラン2選

“看板のないレストラン”それは、知る人ぞ知る特別な料理店。あえて表に名を出さず、ひっそりと佇むその姿は非日常をより感じさせ、冒険心がくすぐられます。そこで今回「KIWAMINO」では、東京都内にある看板のない料理店を厳選して2店舗、ご紹介します。

1.ミシュラン一つ星を獲得している肉割烹の人気店

常(東京/広尾駅 徒歩約12分)

西麻布の交差点、六本木通りから細い路地に入ったスタイリッシュなビルの2階に店を構える肉割烹「常」。看板はもちろん、暖簾もなく、入り口の扉のみが目印となっています。店内は日本屈指の左官職人・久住有生氏が手掛けた珪藻土の設えとなっており、心地よく凛とした雰囲気を感じさせてくれます。

店主の常安孝明氏は「赤坂 菊乃井」をはじめ、フランスの日本料理店などでも研鑽を積んだ人物。「ミシュランガイド東京2020」では一つ星。「ゴ・エ・ミヨ 2020」 (Gault&Millau)でも高評価を受け、多くの美食家を魅了しています。

注目は「肉割烹」と評されるほどの、ここだけでしか出会えない肉料理。名物は「黒毛和牛タン 塊焼き」。厚みのある牛タンながら、口へ運ぶとすぐに繊維がほどけ、甘みのある上質な脂が食通をも唸らせると人気の一品です。

もちろん、季節の旬を感じられるお椀やお造りもいただけます。訪れた際には、「黒毛和牛は世界に向けて誇れる日本の素晴らしい食材。だから楽しんでほしい」という店主の想いも感じてみてください。

割烹・小料理

東京メトロ日比谷線 広尾駅 駅から徒歩約12分

30,000円〜39,999円

2.マンションの一室とは思えない空間が広がる鮨処

きたむら(東京/乃木坂駅 徒歩8分)

鮨処「きたむら」は、西麻布一丁目の星条旗通り沿い、マンションの4階に佇んでいます。店内はマンションの一室とは思えない、ゆとりと温かみのある空間。カウンターの大きな窓からは、都心の夜景が望めます。

店主の北村淳氏は、東京の鮨店で握りや和食を学び、若干26歳で現在と同じ形態の鮨店の店長になった人物。2005年に独立し「きたむら」を開店し、2009年には「きたむら 別館」を開業。これまで多くのゲストを魅了し続けています。

「おまかせコース」は、一品料理と握りで構成。季節を感じられる一皿も含め、約30品目もの食材が使用されています。「北海道産の生雲丹」や「青森県産しじみ」など、メイン食材はもちろん、出汁に使用する節まで厳選された国産ものです。マグロには、相性抜群の赤酢のごはんでいただきます。

旬の食材を使用するため、メニューは席に座るまでのお楽しみ。店主が吟味した銘酒と共に、じっくりとおいしいお鮨を味わってください。

寿司

きたむら

東京メトロ千代田線 乃木坂駅 5番出口より徒歩8分

15,000円〜19,999円

まさに、知る人ぞ知る名店。お店へ到着するのも難しいかも知れませんが、それもまた一興です。大事な人へのサプライズなど、お食事以外でもわくわくできる魅力のある、看板のない料理店。ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょう。

※こちらの記事は2023年04月17日更新時点での情報になります。最新の情報は一休ガイドページをご確認ください。

吉田ふとし

人材業界系メディアの編集・制作を経て、現職。小学生の娘をもつ1児の父。アルコール(日本酒、焼酎、ウィスキー)を好むのは祖母譲り。読者のみなさまには、気づきのある多くの情報をお届けいたします。よろしくお願いいたします。

【MY CHOICE】
・最近行ったお店:ジランドール
・好きなお店:広東料理 センス
・自分の会食で使うなら:「赤坂浅田」
・得意ジャンル:和食 / バー
・好きな食材: ジビエ、白子

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする