極みの店|

新店紹介「串揚げPyon 長谷川稔Lab」。白金台でワンランク上の串揚げを愉しむ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

東京・白金台、名店ひしめくプラチナ通り沿いに位置する「串揚げPyon 長谷川稔Lab」。イノベーティブの雄「長谷川 稔」グループの新店として、2020年9月にオープンしました。厳選された素材を、シェフの邉修和(ピョン ノブカズ)氏が上質な串揚げに仕上げてくれるこちらのお店。大阪のソウルフードという串揚げ・串カツが持つイメージを良い意味で覆す珠玉の串は、早くも多くの美食家から注目されています。今回は編集部が実際にお店を訪れ、「串揚げPyon 長谷川稔Lab」の魅力にせまります!

白金台・プラチナ通り、上質な店内でワンランク上の串揚げを愉しんで

「串揚げPyon 長谷川稔Lab」が位置するのは、プラチナ通り沿い。お店のすぐ近くまで車を着けることもできるため、タクシーでの来店もスムーズです。なお、白金台駅からは歩いて10分ほどの距離となります。

お店に入ると、ウェイティングスペースとワインセラーがお出迎え。ウェイティングスペースは広めに作られているので、お連れ様より少し早く到着した際にもお使いいただけます。寒い冬や夏の暑い日にも安心です。

落ち着いた色合いで、間接照明が灯るシックな店内。こちらのカウンター席が、「串揚げPyon 長谷川稔Lab」となります。
なお、店名にある「長谷川稔Lab」が示すように、この空間はイノベーティブ・フュージョンの名店として知られる「長谷川 稔」が、様々なテーマにチャレンジするために立ち上げた創造の場・研究室という位置づけ。こちらのお店「串揚げPyon 長谷川稔Lab」以外にも、イノベーティブ・フュージョンのレストラン「broc 長谷川稔Lab」が併設されています。

お店の中に進むと、ブラックに染まったスタイリッシュなカウンターがお出迎え。

この設えを見るだけで、期待感が高まります。大阪のソウルフードを、「長谷川 稔」グループはどう解釈するのか、気になって仕方ありません。

串揚げ・串カツ一筋、邉修和シェフによる珠玉の串を堪能

今回の取材では、シェフの邉修和氏にお話を伺うこともできました。
大阪出身の邉氏は、高校時代のアルバイトがきっかけとなり串揚げの奥深さに魅了されたとのこと。高校は大阪でも有名な進学校だったのですが、串揚げを極めるために大学には進学をせず、技術を磨いていきました。

その後、ミナミや北新地の各店で腕を振るう中で、「長谷川 稔」グループと出会い上京。ご自身の名を冠した「串揚げPyon 長谷川稔Lab」のオープンに漕ぎつけました。「いわゆる名店で修業を重ねたというのではなく、独学で学んだ部分が本当に多いんですよ」と丁寧に語ってくれた邉氏。謙虚な人柄にも好感を抱きました。

こちらがお店で提供している串の数々。当日は取材ということで少なめに用意していただきました。普段は、この倍以上の串を並べてプレゼンテーションしているそうです。

フルオープンのカウンター席なので、揚げている様子を間近に見られることも、お店の特徴の一つ。

揚げたての串についた余分な油を取る“油切”は、迫力満点。

今回は特別に、カウンターの内側からも撮影させていただきました。

こちらは、コラボ串を集めたもの。「長谷川 稔」グループで活躍する名シェフらオススメの食材やアイデアを実現した串となります。人気シェフ自慢のアイデアが詰まった串の数々。月やシーズンごとに変わるそうです。

続いては、厳選した食材を用いた串の数々。定番のものを揚げてもらいました。なお、コースでは通常18本を提供しているということで、ボリューム面でも満足感が高いのではないでしょうか。

ひと際目立つのが、活け天然車エビを揚げたこちらの一品。目の前に運ばれると、迫力が一層増します。

人気なのが、子持ち昆布の串。サクッとした衣とプチプチとした食感がたまりません。

こちらは、クリームとトマトを一緒に揚げた串。イタリアン風に仕上げている点も、イノベーティブ・フュージョンを標榜する「長谷川 稔」グループならではの工夫です。
なお、ワインペアリングも行っているため、串にマッチした一杯とのマリアージュも堪能できます。

一通り串を揚げた後に、邉氏が「ちょっと見せたいものがあるんですよ」と調理場から持ってきてくれたのは立派な太刀魚。こちらは、捌いた後に衣をつけてじっくり揚げるのだそう。

今回は、「長谷川 稔」グループの新店「串揚げPyon 長谷川稔Lab」をご紹介しました。大阪のソウルフードという串揚げ・串カツが持つイメージを良い意味で覆す、珠玉の串を愉しみにぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

串揚げ

串揚げPyon 長谷川稔Lab

都営地下鉄三田線 白金台駅 徒歩10分

謝 谷楓

「一休.comレストラン」のプレミアム・美食メディア「KIWAMINO」担当エディター。ユーザーの悩み解決につながる情報を届けられるよう、マーケットイン視点の企画・編集を心掛けています。

前職は、観光業界の専門新聞記者。トラベル×テック領域に関心を寄せ、ベンチャーやオンライン旅行会社の取材に注力していました。一休入社後は「一休コンシェルジュ」を経て、2019年4月から「KIWAMINO」の担当に。立ち上げを経て、編集・運営に従事しています。
【MY CHOICE】
・最近行ったお店:和田倉、SENSE
・好きなお店:六雁
・自分の会食で使うなら:茶禅華
・得意ジャンル:日本料理
・好きな食材:雲丹/赤貝

このライターの記事をもっと見る
link

この記事をシェアする