極みの店|

日本の四季を感じるフレンチ「Plaiga TOKYO(プレーガトウキョウ)」が2020年6月にオープン!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

大手町駅すぐ、皇居の緑豊かな自然を感じる「日本生命丸の内ガーデンタワー」に、ファインダイニング「Plaiga TOKYO(プレーガトウキョウ)」がオープンしました。

新鮮な旬の日本食材とフランスの技でおもてなしする「Plaiga TOKYO」。その名前の由来は、「Pleasure」のフランス語「Plaisir(プレジール)」と日本語の「雅」を組み合わせたものだそう。

エントランスから階段で2階へ。開放的なガラス張りの窓からは、歴史ある皇居外苑の和田倉濠を一望できる景観が広がります。全6テーブルのみのダイニングスペースは、コンテンポラリーでモダンなインテリアが揃い、ラグジュアリーな雰囲気。席と席の間には十分な広さが保たれ、壁や間仕切りなどが効果的に配置されています。

接待や記念日、デートなど、様々な用途でご利用いただけるような空間設計になっており、今の時代らしいプライバシーへの配慮が窺えます。

お店で腕を振るう古賀哲司シェフは、「ブリーズ オブ トウキョウ」、「エディション・コウジ シモムラ」を経て、麻布十番に「オルタシア」をオープン。その後、「ハインツベック」を始めとするメニュー開発に携わり、「Plaiga TOKYO」のエグゼクティブシェフに就任しました。

古賀シェフが大事にされているのは、旬の食材の魅力を最大限に引き出すこと。特に鯛、筍、鮎、雲丹、鱧、毛蟹、和牛、マツタケ、伊勢海老、牡蠣など、日本の食材を贅沢に組み合わせている点にあります。
日本の四季を味わう旬の「はしり」「さかり」「なごり」を、クラシックなフレンチの技法を用い、大胆かつ自由なプレゼンテーションで表現されています。

例えば、ある日のメニュー「礼文島蝦夷バフン雲丹 米 紫蘇」。お米をムースに仕立て、礼文島の蝦夷バフン雲丹と海苔のチップス、アクセントに散らした紫蘇は、寿司と同じ素材を用いた新しい解釈です。
また、鮎はカダイフ巻きにして蓼・昆布出汁、モロヘイヤ・ケッパー、スイカ・ポルト酒のソースと共にいただくなど、従来の流れや構成にとらわれない発想で、凝縮した旨味を堪能できます。

〆のことを考えず、このお店で完結してもらえるように、フレンチとしては珍しくメインの後にお食事が出てくるところも独特です。例えば、徳島県産の濃密卵でスフレ状に仕立てられたピラフの中には、毛蟹やズワイガニがたっぷり。
和のエッセンスをふんだんに取り入れたお料理は、普段あまりフレンチを食べ慣れないご高齢の方にも喜ばれるような構成になっており、贅沢な充足感が得られます。

2,000本以上を保管するウォークインセラーが完備されている「Plaiga TOKYO」では、フランス、イタリアを中心に各国のワインが充実しています。ソムリエが選び抜いた希少なワインやヴィンテージを選ぶのはもちろん、ペアリングでお料理に合わせていただくことも可能。細かなご要望にも応じていただけるので、ご相談してみることをおすすめします。

皇居のお濠を望み、ゆったりとした時間と共に優雅なひとときが過ごせる「Plaiga TOKYO」。
メニューは約2か月前後の更新ですが、食材の旬の時期でメニュー構成は変わります。一番美味しい瞬間を引き出す料理は、訪れるたびに感動を与えてくれることでしょう。

フランス料理

Plaiga TOKYO(プレーガ トウキョウ)

東京メトロ千代田線 大手町駅 「D6」出口直結 3分

20,000円〜

Airi Ishikawa

一休コンシェルジュ メディア事業部長。高級旅館のお取り寄せが最近のマイブーム。インタビューを中心に、地産地消や、生産者に近い距離で食材と向き合う極みのシェフがいる店をご紹介します。
【MY CHOICE】
・最近行ったお店:座屋 / 東麻布 天本 / のぐち 継 / エスペランス
・好きなお店:ベージュ・アラン・デュカス / ブラマソーレ / 美伶
・自分の会食で使うなら:六雁 / 中国飯店 富麗華 / 鮨 みうら
・得意ジャンル:フレンチ / バー
・好きな食材: 鯖寿司にはまり中

このライターの記事をもっと見る
link

この記事をシェアする