極みの店|

「赤坂璃宮本店」の個室を取材。赤坂エリアのビジネス会食・接待で人気の高級中国料理店

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

赤坂Bizタワー・アトリウム棟の2階に位置する「赤坂璃宮本店」(赤坂璃宮 赤坂本店)。東京・赤坂エリアを代表する老舗高級中国料理店には、4つの個室があり、平日はビジネス会食・接待、休日にはご家族の集まりでよく利用されています。平日はお昼も営業しているため、社内の役員が集うランチミーティングの場としても支持を集めています。今回も編集部が写真を沢山撮ってきましたので、個室を中心に「赤坂璃宮本店」をご紹介します。

赤坂Bizタワーの地下3階駐車場からお店のフロアまで、直通エレベーターが利用可能

店内は上下2フロアとなっており、4つの個室は上のフロアに位置しています。
個室のある上のフロアへの階段は、入り口のすぐそばにあるためテーブル席のお客様と視線を合わせずに、お部屋へと至ることができます。

赤坂Bizタワーの地下3階の駐車場から、「赤坂璃宮本店」入り口のフロアにつながるエレベーターがあるため、プライベート感を重視するエグゼクティブのゲストを招いてのお食事にも安心して利用できます。詳細については、予約時に直接お問い合わせください。

上のフロアには個室以外に、宴会での利用が多いテーブル席もご用意。

全スパンで利用する場合は、最大80人を収容することができます。パーティションで分割する場合には、それぞれ25人から40人向けとなります。

最大8人まで対応する、大きな窓のある完全個室「白蘭」

個室の中で大きな窓のあるお部屋「白蘭」の様子。最大8人まで対応する個室は、窓が広く開放的な印象でした。カーテンは閉めることもでき、シーンに合わせて空間の雰囲気を演出できます。夜は赤坂の夜景を楽しめます。

天井も高く、カーテンを閉めても窮屈さは感じません。

今回は5人用のセッティングをお願いしましたが、席幅にも余裕があるため、リラックスした雰囲気の中での商談や会話が可能です。

席の後ろのスペースも十分広いことが分かります。
なお、A型ベビーカーを置ける余裕もあるため、ご家族での集いにも安心して利用できます。「赤坂璃宮本店」ではお子様向けのメニューもあり、不明な点がある場合は、事前に電話での相談をオススメします。

最大で7人まで対応する「桂花」と「牡丹」のお部屋

最大7人で利用できる完全個室「桂花」の様子。落ち着いた、大人の雰囲気を感じる空間となっていました。

「桂花」と天井高と広さを持つ、お隣の「牡丹」のお部屋。2つの完全個室ともに窓はありませんが、天井が高いため窮屈さは感じませんでした。

また、円卓となっていますが、席幅の広さや、席の後ろのスペースにも余裕があります。
また、「桂花」と「牡丹」はつなげて最大16人での利用も可能です。
なお、パーティションはかなり分厚く、天井まで続くタイプとなっているため音漏れはほとんど気になりません。

最大で12人まで対応する「珠蘭」のお部屋

同じつくりですが、最大12人まで対応する「珠蘭」のお部屋もあります。天井高は「桂花」と「牡丹」と同じです。

本場の広東料理を、豊富なコースからチョイスする楽しみ

本格的な広東料理をいただける「赤坂璃宮本店」。ランチやディナー、それぞれの時間帯で豊富なコースを用意しているため、接待・会食の予算に応じて最適なものをチョイスすることが可能です。

お料理のコースやお酒についてご希望がある場合は、都度お店の方に相談することをオススメします。日々、接待・会食に携わるスタッフから最適なアドバイスを得ることが可能です。
ビールの銘柄についても、ご希望がある場合にはできる限り対応してくださるそうです。

千代田線赤坂駅b3出口よりビル直結というアクセスの良さと、赤坂Bizタワーの2階という会食・接待シーンでの利用に最適な立地は、ビジネス・プライベート問わず安心して利用可能なサービスを兼ね備える「赤坂璃宮本店」。大切なゲストをもてなす際や、ご家族でのお祝い事がある際には、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

「赤坂璃宮本店(赤坂璃宮 赤坂本店)」の記事をもっと読む

「赤坂璃宮本店」グルメレポ。会食・接待にも最適な、名店でいただく本格広東料理

広東料理

赤坂璃宮本店

千代田線 赤坂駅 徒歩1分

12,000円〜14,999円

アクセス
住所: 東京都港区赤坂5-3-1赤坂BizタワーAtrium 2F

謝 谷楓

「一休.comレストラン」のプレミアム・美食メディア「KIWAMINO」担当エディター。ユーザーの悩み解決につながる情報を届けられるよう、マーケットイン視点の企画・編集を心掛けています。

前職は、観光業界の専門新聞記者。トラベル×テック領域に関心を寄せ、ベンチャーやオンライン旅行会社の取材に注力していました。一休入社後は「一休コンシェルジュ」を経て、2019年4月から「KIWAMINO」の担当に。立ち上げを経て、編集・運営に従事しています。
【MY CHOICE】
・最近行ったお店:六雁
・好きなお店:すぎた
・自分の会食で使うなら:茶禅華
・得意ジャンル:日本料理
・好きな食材:雲丹/赤貝

このライターの記事をもっと見る
instagram link

この記事をシェアする