極みの店|

【名店グルメ】中目黒「3110NZ by LDH kitchen」で味わう、現代アートとお鮨の新しいコラボレーション

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

「3110NZ by LDH kitchen」は、名店「鮨 さいとう」と現代美術ギャラリー「NANZUKA」がコラボレーションを果たした新しいコンセプトの鮨屋。日中はアートギャラリー、夜はそのアート空間が鮨屋になるという前例のない新業態が注目を集めています。

お鮨と調和する唯一無二のギャラリー

中目黒駅より徒歩約5分にある「3110NZ by LDH kitchen」は、日中は現代美術ギャラリー「NANZUKA」によるギャラリーとして、そして夜はそのアート空間で「鮨 さいとう」プロデュースのお鮨を楽しめるという新しいスタイルのお店。店名の「3110」は「さいとう」を、「NZ」は「NANZUKA」を意味し、お店の起案者であり運営会社の「LDH Kitchen」からきています。

店舗の内外装デザインを手掛けたのは、ニューヨークを拠点とするアーティスト、ダニエル・アーシャム氏とアレックス・マストネン氏による建築デザインユニット「Snarkitecture(スナーキテクチャー)」。特徴的なのは、お店に入った瞬間まるで異空間に入ったような気持ちにさせてくれる床。店舗のロゴは空山基 (そらやま はじめ)氏によるもので、シンプルでスタイリッシュなロゴがカウンター越しに輝きます。

4〜6週間のペースで展示内容が入れ替わるというアート作品は、「NANZUKA」の本体である「NANZUKA UNDERGROUND」と連動していることが多いが、場合によってこちらのギャラリー単体の展示も。ギャラリーは無料で開放されているので、アート作品を見に立ち寄るだけでも素敵な時間が過ごせそう。

「鮨 さいとう」のエッセンスを引き継ぐ小林氏が握るこだわりのお鮨

お鮨を握るのは、「鮨 さいとう」で研鑽を積み、「香港鮨さいとう」のオープン時には料理長に抜擢され、開店初年度から2年連続でミシュラン二つ星を獲得した小林郁哉氏。師匠である齋藤氏の技をしっかりと継承し、少ない手数そして無駄のない所作で握ります。

シャリは佐賀県産のお米「さがびより」をこだわって使用。水分が程よく、お米の持っている旨味が非常に強いのが特徴で、必要最小限のお酢とお塩だけで完成します。齋藤氏のシャリより少し小さめな、シャープで無駄のない握りは、アート空間でいただくのに相応しい一貫。

絵の雰囲気や色、季節に合わせている器も見物。お料理と器が引き立てるアートな逸品からも目が離せません。

新進気鋭の現代アーティストによるアートに囲まれながらいただく「鮨 さいとう」のエッセンスを取り入れた小林氏のお鮨は、今までになくユニークで、より一層格別なものでしょう。「3110NZ by LDH kitchen」でしか味わえない食体験をどうぞお楽しみください。

寿司

3110NZ by LDH Kitchen

東急東横線、東京メトロ日比谷線 中目黒駅 徒歩5分

30,000円〜39,999円

Mika.A

趣味はグルメと旅行。年間200食以上食べ歩く、フーディーOLです。
・最近行った和食:銀座しのはら/銀座稲葉
・最近行ったフレンチ:ベージュ アラン・デュカス 東京、ラぺ、マダムトキ
・好きなフレンチレストラン:銀座レカン/ジョンティ・アッシュ/ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション
・好きなジャンル:フレンチ
・好きな食材:野菜全般/鴨/トリュフ

このライターの記事をもっと見る

この記事をシェアする