食レポ|

「尾崎幸隆」実食レポ。尾崎牛と生本鮪の饗宴を楽しむ麻布十番の隠れ家

麻布十番の裏路地にひっそりと佇む和食店「尾崎幸隆」。尾崎牛と生本鮪の二枚看板を掲げており、素材の良さを存分に愉しめると話題のお店です。

趣のある黒塀の建物を地下に下り、入口に着くと店名の横に「愛」の文字。

地下に広がるのは、デザイナー森田恭通氏が手掛けたシンプルな和モダンの空間。安らげる雰囲気の中で寛ぎながら食事を楽しむ事ができます。

ドリンクのオーダーを終えると、食材が目の前に。個室も3室ありますが、ライブ感溢れるプレゼンテーションは、カウンター席の醍醐味です。

まずは、長崎産天然すっぽんのスープ。透き通っていて上品さもありながら奥深く、五臓六腑に染み渡ります。コラーゲンたっぷり。

蛍烏賊の茶碗蒸し。今年の蛍烏賊はぎゅっと旨味が凝縮されていて、例年より美味しく感じます。今年は、水揚げ自体が少ないみたいですね……。餡状になっているお出汁は、ほんのり酸味を感じられる独特の味わい。好みの味付けです。

尾崎牛たたきをバルサミコソースで。赤身の旨みはもちろん、厚みがあるので食感も楽しむことができます。

この日の鮪は山口県・仙崎のもの。突先(とっさき)という脳天〜後頭部あたりの希少部位をたたきにして、海苔巻きにして頂きます。

ねっとりとした鮪と赤酢のシャリが合うこと!香り高い海苔も合わさり、個人的にこの日のMVPはこちらでした。次回は確実にお代わりするでしょう。

蛤のお椀。かなり大粒の蛤が入っています。ご飯物の後のお出汁が利いたお椀っていいよね……と頷きながら味わっていました。緩急の付け方が素敵です。

山うどの刺身。なまこの卵巣である“生このこ”がたっぷり乗っています。シャキシャキした食感と独特の青い香りに春の訪れを感じます。

4日間熟成させた平目のお造り。内側に包まれた海苔が、ふわっと香ります。

目の前で捌かれた牡丹海老。プリプリです。 山うど・平目お造り・牡丹海老は、本来のコース料理外の提供。お料理を楽しんでいるお客様には、その日の状況によって上記のような追加のお料理サービスがあるかもしれません。

カニクリームコロッケ。まさか和食店でクリームコロッケが食べられるとは!蟹の身が8割くらいぎっちりと詰まっていました。

ここでお寿司の登場です。まずは明石の鯛。ネタもシャリも大きめですね。シャリは粒がしっかりしていて硬めです。

続いて赤身の漬け。鮪は先程の海苔巻きと同じ仙崎のものです。

大トロ。綺麗なカットにため息が漏れます。しっかり脂が乗っていて美味しいです。

トリュフがけ尾崎牛の炙り握り。厚めに切られていて食べ応えがあります。鮨と肉寿司、どちらもこれだけのクオリティで同時に食べられるお店があるなんて……。

赤身も大トロもとても美味しかったので、ここでコースとは別に中トロをリクエスト。赤身と大トロのちょうど間、綺麗なグラデーションになっている部位でした。旨みと脂のバランスが良く、非常に美味しい!追加してよかったです。

いよいよコースも終盤。満を持して尾崎牛の鉄板焼きの登場です。この日の部位は腕だそうで、写真でも分かる通り内側の水分が保たれていてパサつきとは無縁。赤身の旨みが強い部位だったので、シンプルに塩だけで頂くのがベストでした。

締めのご飯はトリュフ卵かけご飯。白ご飯2種から好みのものを選ぶことができます。まずは白ご飯のみでテイスティング。
向かって左の茶碗は、粘りが強くほんのりと甘い「ミルキークイーン」。右側は米1粒1粒の主張が強く香り高い、高知県産の「にこまる」。
私は左側のミルキークイーンを選びました。お新香と味噌汁でシンプルに食べるなら、にこまるを選ぶと思います。テイスティング用の2杯も、お味噌汁とお新香でしっかり完食しました。

たっぷりのトリュフに隠れて卵が見えませんが、卵かけご飯です。温泉卵のような仕上がりでご飯によく絡みます。トリュフの香りが薄い時期には、トリュフだけでなくトリュフオイルも使われています。

デザートはスイカと甘平と和風バジルの最中。今年初のスイカです。甘平はちょうどシーズンど真ん中で、せとかと1.2を争うくらい好きな柑橘です。和風バジルとは大葉のことだそうです。スッキリした味わいの最中なので、食後のリフレッシュメントにぴったり。

こだわり食材をふんだんに使ったボリュームのあるコースでした。個室もカウンターも埋まっているのが納得の、美味しさとコスパの良さでした。ご馳走様でした。

和食

尾崎幸隆

東京メトロ南北線 麻布十番駅 1番口 徒歩2分

15,000円〜19,999円

瀧口 杏耶

焼肉屋を経営する両親の影響で、幼少時から美味しいものに目がない若き美食ライター。肉質や火入れはもちろん、個々の素材や出汁を感じ取る「絶対食感」の持ち主。趣味はパフェやスイーツの食べ歩きで、最近はお寿司を勉強中。 普段は読者モデルやインフルエンサーとして活動中。

このライターの記事をもっと見る
instagram